北海道での休日の過ごし方。温泉や道の駅を楽しもう

北海道外の人間が北海道に移り住むと、休日の過ごし方が変わります。
私は独身のころは東京都に住んでいて、休日にはショッピングやカフェ巡り、カラオケや中華街散策といったふうに休日を過ごしていました。
それが、結婚して北海道に引っ越してからというもの、がらりと違った過ごし方をするようになりました。
子供と外で遊ぶ、日常レベルで美味しいものを食べる、道の駅や温泉巡りをする、車やバイクを楽しむ・・・。北海道には、いろんな休日の楽しみ方があります。
ここでは、北海道でおすすめの休日の過ごし方をご紹介します。

スポンサーリンク

基本的には「自然」「食べ物」「アウトドア」

北海道といえば、豊かな自然と美味しい食べ物、広い土地で自由に楽しめる屋外アクティビティといったイメージを連想するでしょうか。
おすすめの休日の過ごし方もまさにそのままで、趣味にもよりますが、基本的には自然派志向になります。

  • 自然を楽しむ(公園、温泉、海、森林浴、ドライブ)
  • 美味しいものを食べる(外食、バーベキュー、道の駅での地産地消、普通のスーパーでも。)
  • アウトドア(キャンプ、釣り、屋外スポーツなど)
  • ドライブ、ツーリング

順に、おすすめの過ごし方を紹介していきます。

自然を楽しむ

北海道にはどの地方にも豊かな自然があります。
都市部である札幌ですら、少しドライブすればすぐに自然を感じることができるほどです。

何を楽しむかは、季節と地方によって違って来ますが、基本的に言えるのはボールを投げて遊ぶような場所はやまほどあり、公園らしい公園を探さなくても自然がいっぱいだということです(笑)

公園や、お外で遊ぼう

子供のいるファミリーは、外でキャッチボールをしたり、サッカーボールを蹴ったり、お弁当を持っておでかけして、お日様の下でご飯を食べるといっただけでも楽しいものです。

公園ももちろんあちこちにありますが、「公園」っていう言葉でわざわざ区別する必要もないほど、自然がたくさんな地域が大半を占めるのが北海道です。

「公園」というものに希少価値を持つのは都会ゆえの感覚で、例えば東京などの都心であれば、公園を探すのも一苦労でした。大きな緑があるちょっとした広い公園なんて、お金払わないと入れない所もあるほどなんですよね。

北海道は、自然が多くて幸せなことだと思います。

もちろん、暖かい季節なら、バーベキューだってやりたい放題。
(余談ですが、北海道民の夫によると、庭先で焼肉やるところも多いみたいですよ。)

寒い季節なら、子供は全身スノースーツ(ジャンプスーツ)を着て、雪山を掘って遊びます。
北海道の子供は、冬でも外で遊ぶ強い子なんですね。

海にも入れる

さらに驚いたことに、夏にはそこらへんの海で適当に泳いでるファミリーが結構います。
海水浴場でもなんでもないんです。それどころか、日本海側なので岩場です。
でも普通に浮き輪とか投げて海遊びしてます。

道路脇の、なんでもないところでいきなり海に入って遊んでいるので、外から来た人間は驚きます(笑)

北海道の夏というと、そんなに暑くなくて、プールや海水浴なんて行くの??というイメージを持っていましたが、普通に楽しんでいるようです。
ただ、九州出身の私からすると、気温低めなのによく入るな〜と思っちゃいましたけどね。

豊富な温泉資源

個人的には自然といえば温泉!

上で紹介したような遊び方は北海道の冬では難しいけれど、温泉であればオールシーズンオッケーです。体が冷える冬、雪かきで腰が痛くなる冬には、温泉はまさに救世主。

北海道はどこにいっても、たくさんの温泉があります。
私は函館の近くの檜山地方に住んでいますが、町の人が毎日入りに来る大衆温泉から、山間に入ったところにある秘湯的な温泉、宿付きの温泉と、よりどりみどりです。

じゃらんなどには豊富に温泉紹介が載っていて、なかなか周りきれないほど。
旅行のイメージが強い温泉ですが、日常的にいくらでも入りに行けるというのは、本当に田舎ならではのメリットだと思います。

子供が小さいので今はなかなか行けませんが、もう少し子供が育ったら北海道の温泉めぐりをしたいところですね。


美味しいものを食べる

北海道といえば「食」でしょう。
イメージとしてはジンギスカン、肉、道産野菜、ウニ、エビ、カニ、ホタテなどの海産物、おいしいスイーツ、北海道牛乳・・要するにもう食べ物全部ですね。

食を楽しむとなると、いくらでもオススメすることがあって、絞りきれないほどです。

回転寿司がうまい

旅行者に人気の有名店に行くというよりは(それもいいですけど高いしね)、普通の回転寿司や、スーパーで売ってるものでも、十分に美味しいというところがすごい。

私は函館に住んでいるので、回転寿司では「函太郎」がおすすめです。観光客向けでもあり、函館海獲れの食材で作られたお寿司は、回転寿司とは思えないほどに絶品。

ただ、ファミリー向けにはちょっとした贅沢ですね。そこまでしなくとも、美味しいものはたくさん食べれるんです。

美味しい肉と野菜を焼く

スーパーで美味しい肉を買って、道の駅で美味しい野菜を買って、おうちで焼肉や料理を楽しむといったことも、楽しい休日の過ごし方になります。

特別なことをしなくても、食材はスーパーに売っているので、美味しいものが手に入るというのは素敵なことですね。

庭先にバーベキューが出せる環境であれば、ラム肉や貝やホタテを焼くだけでも、北海道らしい特別感があります。

地元スイーツがうまい

このブログでも、北海道のお土産スイーツをちょこちょこ買って紹介する予定ですが。
ルタオのドゥーブルフロマージュやロイズのチョコレートをはじめ、旅行者にも人気の美味しいお菓子がたくさんあります。

地元で暮らしていると、なかなか、わざわざ買うと言った機会もないんですけど、買おうと思えば買えちゃうんですよね。
期間限定のフロマージュなんかは、いつでも買える特権があるので、北海道の食文化を限定スイーツでも楽しむことができます。

牛乳、バター、小麦(道産小麦もあります)、この辺りを使ったお菓子(ほとんどだけど・・)は美味しいものばかりです。

[北海道のお土産]の記事を見る

函館であれば、ペイストリースナッフルズのチーズオムレットが美味しいです。
北海道はチーズ系のお菓子が多いですね。

道の駅や牧場で乳製品を楽しむ

北海道ではいい道の駅や牧場がたくさんあります。
道の駅では、美味しい牛乳や、ソフトクリーム、アイスクリームを売っているところも多くあります。

ドライブがてら、そう言ったものを買い食いして回るのも良いですね。

道南に住む私が好きな道の駅は、こんなところです。

  • 厚沢部道の駅「道の駅あっさぶ」

じゃがいもとアスパラで有名な厚沢部の道の駅。野菜の販売をしています。あと、コロッケとソフトクリームが美味しいです。

  • 黒松内道の駅「道の駅くろまつない」

焼きたてパンと焼きたてピザを楽しめる道の駅。

  • ニセコ道の駅「ニセコビュープラザ」

地元の農作物が集まっていて、大規模な八百屋になっています。また、ソーセージなどの食べ物も。

  • 八雲道の駅「丘の駅」

牧場の牛乳や乳製品があります。並んだレストランでは、元ケンタッキーの試験牧場だったらしい牧場の、美味しいフライドチキンが食べられます。

アウトドアを楽しむ

北海道には渓谷や山間を中心としたキャンプ場や、海水浴場沿いにテントを張れる場所など、アウトドアを楽しむ場所が多くあります。

リゾート施設は主に冬に動いているところが多いのですが、夏でも活発にアウトドアを楽しめる場所もあります。
夏にもやっているリゾート地では、ロッジでの宿泊、キャンプ、バーベキュー、川遊びといったアクティビティを楽しめます。

例えば、スキー・スノボで有名なニセコなどは、夏のアクティビティツアーを手配しているお店があり、必要なグッズショップも豊富に揃っていて、北海道の夏を十分に満喫できるようになっています。

ドライブする、ツーリングする

ここまで紹介したような北海道の休日を満喫するには、ドライブやツーリングがオススメです。

自然が多く、目に優しい北海道の景色は、ドライブするだけで癒されます。

道の駅を巡る→温泉に入る→美味しいものを食べる→美味しいお土産を買う

といったフルコースもたまにはおすすめ。

車やバイクが趣味の人は、それだけでも十分に楽しめます。

都会の暮らしが懐かしくなったら・・・札幌へいこう

さて、北海道の休日の過ごし方を紹介してきましたが、元々都心に住んでいたような方は、都会の豊富な品物に囲まれたショッピングやグルメレストランが懐かしく思うこともあるでしょう。

札幌には、東京にあるようなショップやレストランの支店がたくさんあって、札幌JRタワー、ステラプレイスでは買い物やグルメを楽しむことができます。

私は東京からまず札幌に来たんですけど、札幌の中心街であれば、遜色なくショッピングを楽しむことができました。

札幌って、思っていたよりすごい都会だな〜と思いました(笑)

ドームもあるのでスポーツやコンサートが楽しめるのも良いですね。

北海道の中では、札幌がある意味勝ち組であるという理由は、上記で紹介したような自然派アクティビティに手がとどく上に、東京に遜色ない暮らしができる点でしょう。
北海道に住んでいると、定期的に札幌に行きたくなります。

さて、北海道の生活の過ごし方について、全体を紹介してみました。
このブログでは、食べ物や温泉、道の駅などについて、行った先でぼちぼち紹介して行きたいと考えています。

スポンサーリンク

フォローする