北海道に転勤して感じた5つのことと、札幌の絶対的カリスマ感

この記事を気に入ったらシェアしよう

北海道に転勤してきて、1年が過ぎました。

札幌近郊の江別の冬を経験して、春からは江差町へ。妊娠&出産は里帰りせず、函館の病院へ通う日々を過ごしました。

そんな私が感じたことを、まとめます。

スポンサーリンク

1. 冬は過酷すぎる(ただし道外比)

北海道の冬は、寒くて厳しい。
そういうイメージだと思います。

このブログでは、「大丈夫!それでも生きていけるよ!」という情報をいろんな角度からアピールしてきました。
それでも、来たばかりのころは私も「辛い・・寒い・・」と思ってました。

特に、最初にいた江別市が、そこそこに積雪のある場所だったからです。

吹雪の中を歩くと、悲劇のヒロインみたいな気分に

妻が一人で使える車がない、と言うのが一番の敗因だったかもしれませんが。
食料がなかったりして、歩きで外にでます。

私は転勤直後に妊娠したので、仕事もしておらず、そう言う点では「冬に引きこもれる」得な環境にあったと思います。

それでも、猛吹雪を避けながら(そこそこいけそうな時に)歩いて外に出ると、

(ビュオォオオオォォォォオ)
辛い・・!なんでこんな寒い思いをしなければならないんだ・・・!

という気持ちになってました。
それもこれも、慣れてないからだと思います(笑)。このギャップはしょうがない。

赤ちゃんに「強く生きて」と思う

赤ちゃんが生まれてからというもの、新生児の赤ちゃんを車に乗せるわずかな間に、吹雪かれることもありました。

おくるみやコートで包めるだけ包んではいるのですが、その僅かな間、赤ちゃんに吹き付ける雪を見ると

「なんてかわいそうなんだこの子は・・・!」

って思っちゃってました。
それもこれも、慣れだと思います。
北海道の子は、みんな強く生きていますし(笑)

1年経ったけど・・・ 慣れた?

道南に引っ越した私は、まだまだイージーモードなんだと思います。
道南の冬は、北海道の冬ではないと言われていますから。

それでも、雪のない地域(宮崎)で暮らしてきた私には、慣れたと言われればまだまだです。

妊娠期を経て道南に越してきたから、雪かきもロクにやっていませんしね。
数年かけて慣れていくものだと思っています。

2. 梅雨と夏が快適

冬の話題がまず出たところで、夏の話題も。

夏の北海道は快適、これには間違いありません。
でも、あれ?意外と快適なばかりでもない・・ という点もありました。

特に梅雨は超快適

北海道の梅雨は、ほぼないといって良いです。

道南のほうだと「蝦夷梅雨」といって、一応梅雨はあるよ、雨は降るよ・・というふうに言われていますが

こんなもんは梅雨じゃない。超快適。

雨といっても、土砂降りということはほとんどなく、シトシト降るかなと言う感じです。
水害起こるレベルでは降らないし、連日降りっぱなしで浴室がカビだらけということにも、なりません。

(九州出身との極端な比較もありますが・・・(笑))

夏は快適だけどクーラーなしはきつい

北海道の多くの地域では、夏は30度超えると「暑い!もう無理!」という感覚なんじゃないかな?

道外の人に言わせると「何いってんだ〜楽勝〜」って思うレベルだと思います。

でもね、クーラーないんですよ。北海道。
最近のアパートは最初から付いて居るところも増えてきた、というけれど。

一戸建ての借家にはありませんでした。(買いました)

なんと、飲食店にもありません。

クソ暑い蕎麦屋でクーラーなし!扇風機のみ!
そこそこ内装の良さそうな観光者向けレストランもクーラーなし!扇風機のみ!

「外で涼む」の「外」がない!

私は、妊娠8ヶ月で異常に体温の高くなっていた時期だったので、これはやばい・・・と思うレベルでした。夫同伴で図書館に逃げた。

北海道の妊娠・出産事情は少し特殊なので、こちらの記事で。

http://kitasumu.com/child/gynecology/

スポンサーリンク

3. 飯が美味しい

北海道に来たら、太りますよ。これマジで。

なんでも美味しいです。とにかく食材が豊富にあって、味も値段も良いですから。

スーパーうまいもの祭り

道南に住んで居るのでここら辺では豚が美味しいです。
他の北海道地域では、牛とか羊とか色々いるはずなので、お肉は全般的に豊富だと思います。

「道産豚肉」や「道産牛肉」と書いてあるものにハズレなし。

野菜は・・そうですね・・・種類によります。
夏野菜は、無かったり、高かったり。これは仕方ない。

美味しいじゃがいも、たまねぎ、アスパラガスあたりをたくさん食べましょう。

肉と野菜が美味しいから、おうちで焼肉が多くなりましたね。

北海道といえばジンギスカン。でも普通のラム焼肉も美味しい。
北海道民のソウルフード、ジンギスカン。食べ方や好みも地域性があるそうで、味付きジンギスカン、生ラム、ラムロール、いろんな羊肉が食べれます。 ...

飲食店にハズレなし

飲食店が美味しいのは、食材が良いからだと思います。
「道産食材」を売りにして居るところも、特に観光客向けだと豊富にありますし。

回転寿司のレベルが高いのも良いですね。

ただ、スーパーのものでも美味しいし、赤ちゃんもいるので、外食はあまりしなくなりましたけど。

季節の旬の魚介類などを追っていくと、ウニやアワビ、エビやカニ、ホタテ、鮭、筋子(イクラ)など、食べるものはたくさんあります。

食べ歩きできる人には、ネタには尽きないと思います。

4. ドライブが楽しい(と思うしかないレベル)

車に乗る時間がすごく長いので、ドライブを快適にしよう、と思うようになりました。

車の中に設置するテーブルをつけたりとかね。
コンビニのコーヒーとおやつを買って、片道1時間半をおでかけしています。

道の駅と温泉

北海道の道の駅は、田舎の町おこしも含んでいます。

地元の美味しい野菜や食べ物があつまり、お惣菜なんかを売って居るところも多いです。

また、温泉や足湯を併設しているところもあります。

ツーリングやドライブの多い北海道ですから、そう言う方の溜まり場になっているところもあり、いつも賑わっています。

その辺りは、以下の記事にも書いています。

北海道での休日の過ごし方。温泉や道の駅を楽しもう
北海道外の人間が北海道に移り住むと、休日の過ごし方が変わります。 私は独身のころは東京都に住んでいて、休日にはショッピングやカフェ巡り、カ...

5. 札幌羨ましい

札幌近辺から道南に引っ越した私ですが、強く思うことは「札幌羨ましい」。

これ、ある種、道内に住む人間の共通認識なんじゃないでしょうか。

全国で言うところの「東京羨ましい〜」現象が道内限定でも起こる

北海道には、道内を対象にした朝のニュース番組「イチオシモーニング(HTB)」というのがあります。
めざましテレビの道内版みたいなやつです。

そこで取り上げられる飲食店や新しくできたファッションのお店なんかは、基本的に札幌なんです。

「○月×日オープン!東京の○○○(シャレオツな店)がステラタウン(←札幌ど真ん中)に初出店〜!」

みたいなノリで、やってるんですよね。

これが、田舎の暮らししていると羨ましい(笑)

ニュースみてても、どうせ食べれないんでしょ〜〜いいよね札幌は〜〜って文句が出て来ます。

札幌ドームはコンサドーレサポの聖地

サッカー好きなので、遠い遠い札幌ドーム。なかなか行けません。

(やっと、この前いけました!)

札幌ドームに赤ちゃん連れでサッカー(コンサドーレ)見に行くときのポイントと体験談。
この記事は、赤ちゃん連れサッカー観戦の失敗談と、それを基にして、赤ちゃん連れのサッカー観戦のポイントを説明する記事です。 2017J1...

音楽のライブ好きな方も、同じように思うんじゃなかな〜。

函館なんてGLAYくらいしか来ませんよ!

高校生からGLAYファンなんですけどね。
赤煉瓦倉庫のオルゴール、全部GLAYの曲で固められても、ファンすら困惑ですわ。

いつか札幌に住みたいな〜。ニセコや美瑛もいいな〜。

道内転勤族だけど、そんなわけで、札幌にも住んでみたいなという思いもあります。

一方で、もっと素敵な北海道を体験したいなと言う思いもあります。

ニセコの素晴らしい羊蹄山の眺めや、ウィンタースポーツの楽しさ、外国のような雰囲気と飲食店。

美瑛の雄大な自然と、北海道の山の景観。

もっと素晴らしい北海道はたくさんあると知っています。
北海道だけで、大きな一つの「国」だなって思います。

色々いって紹介したいなーと思ったのも、ブログはじめたきっかけでもあります。

道南在住で子連れなので、ぼちぼちしかいけないけどね。

そんなわけで、転勤シーズンに思うことをまとめてみました。

北海道に転勤して感じた5つのことと、札幌の絶対的カリスマ感
この記事を気に入ったら
いいね
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク

この記事を気に入ったらシェアしよう