F1 2017 中国GP感想:マックス怒涛の15人抜き!結果は3位・・優勝は安定のハミルトン

この記事を気に入ったらシェアしよう

F1 2017シーズン第2戦、中国GP。

今回の中国グランプリはマックスファンには見所満載でしたね!
それだけでなく、ベッテルも後からの見せ場が多く、最終的に2位とはいえ、ニコニコのゴールとなりました。
全体的に良い試合と、大変評価が高かった中国GP。

今回も、ゆるい感想を書いています。
マックス・フェルスタッペン推し。
(なお、タイトルの15人抜きはピットインアウトは考慮してない、スタート位置からのざっくりした表現です。ご容赦。)

スポンサーリンク

雨続きの中国・上海インターナショナルサーキット

フリー走行から雨が問題となっていた上海インターナショナルサーキット。
医療搬送用のヘリが病院に降りれない可能性があるからと、フリー走行のスケジュールにも影響があったみたいですね・・。

ポールポジションはハミルトン。
次いで、ベッテル、ボッタス、ライコネン。メルセデスとフェラーリで埋められています。

アロンソは13位、神からのプレゼントと発言していたようですが、なんとも皮肉にも聞こえますな・・。

そしてマックスは予選19位、16番グリッドから!
見れなかったけど、Q1落ちしてしまったんですね。ここからの追い上げに期待。

水煙の立つスタート、全体的にはドライな路面

曇り空の中スタート。
スターティンググリッド周辺は、見えにくいけど水たまりが溜まっているようで、スタート早々後方から濃い水煙があがる。

マックスその他後方、どうなってんのか見えない(笑)

ポールのハミルトンから前線組は、そのままキープしている様子。

今回のレースは開始早々からバーチャルセーフティかーが連発していて、まともにレースできる時間帯はかなり少ないスタートとなりました。

インターミディエイト履いてきたみなさん、一斉にSSへのタイヤ交換大会。
一人だけ最初からSS履いてたのは、ストロールだったかな・・?
新人君は、早々にひっかけられて退場してしまいましたけどね。

3位で詰まってるリカルド、後方から追い上げるマックス

ウェットといえばウェット、ドライといえばドライな路面。
中途半端な状況のせいなのか、3位のリカルドが遅い。4位、5位のフェラーリ勢を引き連れてもたもた。

その間に、16番スタートだったマックスがガンガン追い上げて後方に迫る。
カメラがなかなか映してくれなくて歯がゆかったけど、雨の日のフェルスタッペンは本当に勢いに乗ってますね。一人だけ。(笑)

マックス大健闘の2位につける

カーブでインから刺すように突っ込んでくるので見てて面白い。

気づいたらあっという間に先頭集団をにらめる1桁順位まで上がっていました。

そしてピットイン・アウトの混乱の影響もあり、あっという間に2位にまで昇格。
ハミルトンとマックスの一騎打ちが見れるかと、本当にワクワクしていたのですが。

ハミルトンはそんなに甘くなかった・・。

マックス単独で追っているはずなのに、全然追いつけてない。むしろ広がる差。

カメラが3位〜5位のリカルドドライビングスクールばかり写している間は、ちっとも差は縮まりませんでしたよ。

前半は健闘していたアロンソだけど・・

日本が注目するアロンソ、今回は序盤は調子がよく(というか神ドラテクで?)、7位くらいの位置を走っていました。
バンドーンははるか後方だというのに・・・さすがです。

ベテランドライバーは、雨が降って周りが落ちていくのを待っていたようですが・・・そう上手くはいかなかったですね。

後半の直線コースで調子が落ちてしまい、メルセデスに圧倒的な速度差を見せつけられて抜かれ。
シャフトがどうというチームラジオを発して、今回も悲しみのリタイアになってしまいました・・。
まだまだマクラーレンは見捨てていないという発言をしていたアロンソだけど、いつまでこんな状況に身を置いているのかヒヤヒヤします。

スポンサーリンク

ベッテルとリカルドのガチンコ対決

今回の一番の見所?かもしれない、ベッテルがリカルドをオーバーテイクする際のガチンコ対決。

凄かったですね!
ホイールトゥホイール接触事故、タイヤの模様がかすれて取れるの初めて見ましたよ。
あれでどっちもスピンしないんだからすごい。

相手のスペースを残したギリギリの走行っていうのがウケていたようです。

そしてそのまま2位のフェルスタッペンにつけて追い上げるベッテル。

勝負は・・・マックスが勝手にコケて道をあけ、ベッテルがあっさり抜いてしまうという残念な結果;;
びびっちゃったかなぁ・・。
後ろが気になってコーナリングミスったようですね。

マックスとハミルトンとの対決は見れずじまいでした。

優勝は安定のハミルトン。表彰台は白・赤・青の3色!

ベッテルがなんとかハミルトンを捉えようとするも、最後まで不動の一位は変わりませんでした。

途中、後半から赤ちゃんがぐずってちゃんと見れてないとこ多かったですが(笑)
言及していることにムラが多いのはそのせいです。
(そういや、スカパーの見逃し配信やってないんですね・・・)

結果はハミルトン、ベッテル、マックスの順。
表彰台が白・赤・青と3チーム揃うのはなかなかアツイ。

インタビューでも、ハミルトンとベッテルが繰り替えし「異なるチームとのガチンコ争いは楽しい」と発言していたけど、本当にそうだと思います。

そして、ここまで話題にもでないけど、後方に落ちていってしまったボッタスさん・・・どんまい・・・(笑)

ロズベルグのことが少し懐かしいです。
そのぶん、表彰台枠が1つ空いて、今回はマックスが登ることができましたけどね!

次回のバーレーン戦は縦つづけの週末。
アロンソとマクラーレンが間に合うと良いのですが・・・。

F1 2017 中国GP感想:マックス怒涛の15人抜き!結果は3位・・優勝は安定のハミルトン
この記事を気に入ったら
いいね
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク

この記事を気に入ったらシェアしよう