新型フリードのシートアレンジ例。ベビーカーとチャイルドシートの置き場問題

新型フリードは色々なシートアレンジが楽しめるミニバンです。
子育て世代にとっての一番の悩みは、最強に邪魔な二大アイテム「ベビーカー」と「チャイルドシート」をどこに積むか、どう配置するか、です。

子連れの帰省のために、我が家のフリードで色々試した結果、これがベスト!という配置を考えてみたので、写真付きでご紹介します。
(※アイキャッチ画像は三列目設置例。狭そうですが、二列目を前に出したり、背もたれを前に寄せることもできます。)

スポンサーリンク

長距離ドライブでは、二列目をくつろぎ空間に。

子供をずっとチャイルドシート張り付けはきつい

長距離ドライブでは、子供をどう休ませるかが課題になります。

北海道に住んでいるので、車での移動距離と時間が半端ないんです。私は函館なので、札幌までおよそ6時間強・・(休憩含む)

子供をその間ずっとチャイルドシートに縛り付けるのは、かなり無理がありますよね。
もちろん、運転中に子供をチャイルドシートから下ろすのは危険!というのはありますので、そこらへんは自己判断でバランスを取っていただくということで。

今回は、二列目に子供を寝転がすことができる!ということを大前提として、シートアレンジを考えてみます。

足元をスペースクッションで埋めて、長座布団を敷く

ホームセンターで売っている、足元に詰めるタイプのビニールクッション(スペースクッションというらしい)を買いました。
その上にさらに、厚みのある長座布団(120cm×65cm)を敷きました。

新型フリード・二列目シートアレンジ

二列目シートアレンジ

画像が暗くて分かりにくいけど、足元にはスペースクッションを敷いて埋めています。

二列目は、最大限に下げています。助手席および運転席は、男性が運転できる程度には下がっています。
(よほどの足長さんじゃなければね)

これで、赤ちゃんや子供が寝転ぶことができます。赤ちゃんが寝返りしても大丈夫。

ちなみに、長座布団は本当はもっと長くて、幅がある方がいいです。これだと、少し余っていますので。
ただ、ホームセンターにこれしかなくて・・。

使ったスペースクッションはこれ。

シートの背を倒して足も伸ばせて、ママも楽々。

新型フリード・シートバックテーブル

新型フリード・シートバックテーブル

シートバックテーブルを配置しています。
足元をスペースクッションで埋めて、背もたれをくつろげる程度に倒しています。

この写真は、倒した背もたれに腰掛けちゃってますが、足長くないので、このくらい伸ばせます(笑)

シートバックテーブルは、小さなお弁当なら乗る。
赤ちゃんの飲み物とか乗せたいので、ちょうど良いです。

チャイルドシートをどこに置くか問題

二列目を空けるためには、ベビーシート(チャイルドシート)を三列目か助手席に配置しなければなりません。

うちは三列目に押し込めたので、その画像を紹介します。

三列目に押し込む

どうでしょうか。子供入らないでしょこれ。
と思いますよね。

足が出ない身長(たぶん80cmくらいかな)なら、これでいけますし、二列目の背を前に倒せば足も入ります。
子供がここに乗っている時は、二列目はママなので片方の背(一人用の狭い方ね)を前に倒すくらいなら許容できるんです。

うちは、まだ0歳児なのでこれでいけます。

ちなみに、後ろ向きのベビーシート設置は、二列目をもっと前に出す必要があります。
(写真は二列目シートを最も後ろにしている)

そうなると、足元のクッションは片方は取り外すことになりますね。

助手席に設置する

助手席にベビーシートを設置すれば、二列目も三列目もフリーです。

ただ、安全性やお世話の都合で、助手席にはあまり置きたくないかな・・と思います。

また、助手席はベビーカーや荷物が入るかもしれないので。開けて置きたいというのもあります。

ベビーカーを無理やり押し込んでみた(A型軽量タイプ)

ベビーカーはどこに置くの?という問題。

うちのベビーカーは、メチャカルハンディです。軽量A型タイプと呼ばれているもので、大きさはB型レベルだと思います。

そのサイズで、無理やり押し込んでいる感じ。
車輪をうまいこと角度を整えて、多少ドアでプッシュしていますが、壊れるレベルではありません。

ただ、三列目の背もたれは、片方(車輪が押す方)はリクライニングする余裕はありませんでした。
つまり90度です。座りにくいです(笑)

B型ベビーカーやストローラーなら、もうちょい楽に入るんじゃないでしょうか。

三列目をリクライニングした状態での荷台は、かなり薄い状態です。
でも、軽量A型が押し込めるなら合格かな、という感じです。

子供と楽しいロングドライブを。

ファミリー向けでミニバンを買うと、遠くまで出かけたくなりますよね。

色々なシートアレンジが楽しめるので、ぜひ快適な子連れドライブを楽しみましょう。

もっといい方法があったら、私にも教えてくださいな。
(コメントやページ最下部のお問い合わせからお待ちしています。)

関連する記事では、フリードのホンダセンシングのレビューや、社内のシートアレンジを掲載しています。

スポンサーリンク

フォローする