自動車保険の一括見積もりを試して見たら、継続より約17000円も安かった話

この記事を気に入ったらシェアしよう

自動車保険の一括見積もりをいくつか試して見たら、同じ保証内容でも、見積もりサイトによって価格が違うことに気づきました。

普通に契約したソニー損保を継続する価格よりも、一括見積もりサイト経由で見積もりとった保険会社のほうが、同じ保証内容で約17000円も安くなったのです。
しかも、同一の保険会社の同じプランでも、見積もりサイトによって価格が違うものもあります。

その理由を調べてみましたので、ご報告します。

スポンサーリンク

ネットから契約した通販型自動車保険の切り替え時期だった

A子
そろそろ自動車保険切れるな、マジで金がないので安いの探そう・・・

我が家の自動車保険は、ネットから契約した、通販型の自動車保険でした。

ソニー〜〜〜損保〜♪ です。
通販型なので、決してバカ高いわけではありません。
(というか、安い方だと思ってました)

でも、もっと安くしたかったので調べて見ることにしました。

A子
そもそも自動車保険と自動車税の時期がかぶってるのが辛い

どのご家庭にも、今はとにかく安くしたいという時期がありますよね・・・。

うちは、今がその時です。

2つの一括見積もりサイトを試して見た

引っ越しの見積もりをしたときの経験から、「一括見積もりで出すと、業者が競合しあって勝手に安くしてくる」ということは知っていました。

でも、自動車保険の一括見積もりを試すのは初めてでした。

どこでもよかったので、適当に「価格.com」の自動車保険一括見積もりと、あともう一社「インズウェブ」の自動車保険一括見積もりを試してみました。





スポンサーリンク

価格がこんなに違う

私の場合、自動車保険の見積もり条件はこんなかんじ。

  • ゴールド割引
  • 新車割引
  • 走行距離年間8000km〜10000km
  • 家族のみ運転(夫婦のみ)年齢は34歳
  • 車両保険はなし
  • ノンフリート等級6F(前年度)
  • 事故歴なし

この条件で、見積もりをとってみた結果が以下です。

自動車保険の継続と、一括見積もりを比較
現在の保険を継続 一括見積もりサイトA
(価格.com)
一括見積もりサイトB
(インズウェブ)
ソニー損保 41,050 円
(継続割引あり)
SBI損保 24,060 円 23,920 円
チューリッヒ 28,600 円 28,600 円
三井ダイレクト損保 37,960 円 37,960 円
アクサダイレクト 35,520 円
損保ジャパン 48,300 円
イーデザイン損保 29,990 円

A子
 今までの安いと思ってたのにめっちゃ高い・・ 

まとめてみると、

  • 継続割引あるのに、現在の保険を継続すると全体的に見ても高い
  • 価格帯にかなり差があり、SBI損保が最安値
  • 一括見積もりサイトによって価格が違う保険会社がある

特に、SBI損保はインズウェブ経由の方が安いのが気になります。

A子
 なんでや 

見積もりサイトによっては安くなる理由

ひとまず、一番安かったSBI損保のページに行って見ました。

マイページを開いてみると、衝撃の画面が。

一括見積もりサイト別に作られた見積もりが保存されていました。

申し込み経路「価格com」「インズウェブ」とはっきり書いてあります。

A子
 見積もり経路によって待遇違うってこと?これは露骨・・・

申し込み経路別にプランが分かれていて、価格も違う

さらに、価格を開いて見ると基本的な価格がまず違いました。

価格com経由だと24,060円なのに、インズウェブ経由だと23,920円と。
一括見積もりサイトから出した条件は同じです。

※注:価格com一括見積もりサイトでは「夫婦限定」で見積もり申し込みしたのですが、SBI損保の最初の見積もりでは「家族限定」の条件になっていました(28000超えていて、高かった)。
ここを「夫婦限定」に再設定することで、安い価格となりました。
一括見積もりで申請した条件と、異なる箇所がある場合があるので、注意が必要です。

どうやらインズウェブの運営会社がSBI系列らしい

検索して見たところ、どうやらインズウェブの運営会社は、SBIホールディングス株式会社のようです。

なるほど、自社経由に一括見積もりの窓口を作っておいて、そこを使ってもらえれば特別に安くすると・・。

A子
それならまあいいや

ただ、最安値で保険が最低最悪の対応されても困るので、口コミを少し調べて見ました。

どうやらコスパは最高クラスで、ロードサービスはAランク、事故対応評価はBランクらしいです。

北海道在住だし、ロードサービスの評価が悪くないなら、あとは価格で妥協することにしました。

結局これだけ価格が下がった

最初に考えていた、今の保険を継続した場合(継続割引を含む)と比べて、これだけ安くなりました。

見直し前 見直し後 差額
ソニー損保 SBI損保
41,050円 23,920円 -17130円

17130円の差。
車両保険がないので元々の価格が安めなのもありますが、約4割引にもなりました。

A子
 浮いたお金で自動車税(新車価格)払える!

結局、ここから弁護士特約などをつけることにしたので、約27000円の保険料(年額)に。

満足です。

あと、引越しの一括見積もりみたいな変な電話ラッシュがなかったのも、良かった点です。

使って見た一括見積もりサイト

私が使って見たインズウェブの一括見積もりはこちら。

(当サイトからの紹介リンクになっているので、リンク経由で申し込みいただけると嬉しいです。)



他の一括見積もりでも、特定の会社が安いってのが、あるのかもしれませんね。
とりあえず、うちはこれで満足しました。

自動車保険の一括見積もりを試して見たら、継続より約17000円も安かった話
この記事を気に入ったら
いいね
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク

この記事を気に入ったらシェアしよう