スポンサーリンク

【ブログ分析】記事のアクセス変化を見逃さない方法!Googleアナリティクスのアプリ・インサイト通知

この記事を気に入ったらシェアしよう

Googleアナリティクスのスマホアプリには、誰でも簡単に利用できるレポート機能(インサイト)がついています。

アプリの右上にある丸いアイコンを押すと、どの記事(ページ)にアクセス数の動きがあったか、その主な原因は何かを、日次、週次、月次で報告してくれます。

このページでは、Googleアナリティクスの中でもとりわけ使いやすい、スマホ向けアプリについてインサイトレポートの見方を説明します。

Googleアナリティクスのインサイト通知でブログ運営が捗る

Googleアナリティクスのアプリでは、インサイト通知というものがあります。

これは、ブログの中で特にアクセスに動きのある記事や、その原因となった主な項目を日々、あるいは週次、月次で報告してくれるものです。

どの記事にアクセスの変化があったかを理解することで、検索順位の上がり下がりや、他のサイトからの紹介でアクセスに変化のあったページなどを、すばやく見つけることができます。

Googleアナリティクスは、スマホアプリが使いやすい

Googleアナリティクスには、解析しているサイトのアクセスを分析する、様々な機能がついています。

その中には、自分のサイトの個々のページについて、いろいろな条件でアクセスの変化をレポートしてくれるインサイト機能があります。

ただ、パソコン(普通のブラウザ)から解析機能を使おうとすると、自分で条件を設定したりレポートを見るためのカスタムビューを作ったりと、少し面倒なことも多いです。

Googleアナリティクスのスマホアプリでは、自分で細かな設定をしなくても、誰でも簡単にページごとのアクセス数の変化をおしらせしてくれる機能がついています。

レポート自体は英語で表記されていますが、何パターンかの表示しかないので、英語があまりわからなくても情報を拾いやすくなっています。

Googleアナリティクスのスマホアプリ

Googleアナリティクスのアプリは、こちらからダウンロードできます。


↑クリックするとAppStoreに飛びます。

Google Play(Android)はこちらから。
Google Play で手に入れよう

スポンサーリンク

アプリ右上のインサイトアイコンの新着通知を見よう

Googleアナリティクスのアプリを起動すると、右上にインサイトの新着アイコンが表示されます。

Googleアナリティクスのインサイトレポートでわかること

インサイトの新着におしらせされる情報は、次のようなことです。

  • (日次)アクセス数に動きのあるページの報告
  • (日次)アクセス数に動きのあるランディングページ(入り口となったページ)の報告
  • (日次)その他、変化のあった項目をレポート
  • (週次)前週と比較して今週特に変化のあった項目(新規ユーザ数や滞在時間など)
  • (月次)前月と比較して今月特に変化のあった項目(新規ユーザ数や滞在時間など)

英語で表示されていますが、数字だけ見れば大体わかります。

特に、以下のようなグラフが表示されている週次レポートと月次レポートは、数字を見るよりも見やすいですね。

(月次)先月と比較して今月変化のあった項目のレポート

こちらは、月次レポートの例です。

前の月と比べて、その月に特に変化のあった項目についてレポートされます。

(レポート内容は、その月の分析結果によって変わります)

先月と比較した、今月の新規ユーザ数の推移が表示されています。

グラフの下の方には、主な原因としていくつかの項目がリストアップされています。

このレポートでは、

  • オーガニック検索(モバイル)の新規ユーザ数が86%増加した
  • オーガニック検索(デスクトップ)の新規ユーザ数がが91%増加した
  • オーガニック検索(タブレット)の新規ユーザ数がが90%増加した
  • ソーシャルからのの新規ユーザ数が85%減少した

ことがわかります。

全体のユーザ数が増えた原因として特に注目すべき内容を教えてくれます。

これらの情報は、普通にブラウザからGoogleアナリティクスを細かく見ればわかることなのですが、アプリのインサイト通知からなら、とても簡単に見れます。

(週次)前週と比較して今週変化のあった項目のレポート

こちらは、月次レポートの例です。

前の月と比べて、その月に特に変化のあった項目についてレポートされます。

(レポート内容は、その月の分析結果によって変わります)

こちらは、前週と比較した今週の平均セッション時間の推移です。

先週と比べて、平均セッション時間が短くなっていることがわかります。

その主な原因として、「オーガニック検索の平均セッション時間」であり、「67%減っている」ことがレポートの下の方で報告されています。

セッション時間が減った主な原因がわかれば、対策も打ちやすいです。

英語で書いてあるレポートのタイトル

レポートにはいろいろなことが記載されていますが、日次レポートでよく登場するタイトルはこんなかんじ。

Some pages(またはOne page) had >XX% rise in page views on n月 n日
アクセスが増えた(または減った)ページがある(n月 n日)
Some landing pages(またはOne landing page) had a XX% rise in page views on n月 n日
アクセスが増えた(または減った)ランディングページがある(n月 n日)

「ランディングページ」に特に注目すると良いです。

入り口として変化のあったページなので、理由としては、例えば次のようなことが考えられます。

  • オーガニック検索の表示順位が変更された(極端に上がったり下がったりした)可能性
  • どこか他の場所で宣伝されて、アクセスが急に増えた可能性

どちらも、ブログ運営としては注目すべき点です。

こういった情報が、簡単に手に入るのはありがたいですね。

まとめ

Googleアナリティクスのアプリのインサイト通知に目を通すと、ブログの中で特にアクセスに動きのある記事や、その原因として主なものを簡単に理解することができます。

また、他のサイトからの紹介でアクセスに変化のあったページなどを、すばやく見つけることができるようになります。

ブログ運営として強力なツールとなりますので、ぜひチェックしてみてください。

【ブログ分析】記事のアクセス変化を見逃さない方法!Googleアナリティクスのアプリ・インサイト通知
この記事を気に入ったら
いいね
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク

この記事を気に入ったらシェアしよう