スポンサーリンク

札幌ドームに赤ちゃん連れでサッカー(コンサドーレ)見に行くときのポイントと体験談。

この記事を気に入ったらシェアしよう

この記事は、赤ちゃん連れサッカー観戦の失敗談と、それを基にして、赤ちゃん連れのサッカー観戦のポイントを説明する記事です。

2017J1リーグ第4節、コンサドーレ札幌vsサンフレッチェ広島を赤ちゃん連れで見に行きました。
試合自体は、札幌初の勝利!!これを、現地で共感できたことは非常に喜びを感じています。
しかし、赤ちゃん連れはなかなかの修羅場でした。反省点とともに、次回に活かせるポイントを綴りたいと思います。

札幌ドームが赤ちゃん連れ向け・ファミリー向けな理由(前提)

全天候型で気温も一定

札幌ドームは、ドームというからには当然なのですが、全天候型で気温も一定です。
雨でも風でも雪でも、子供づれで快適な時間を過ごすことができます。

キッズスペース・授乳スペースも完備

札幌ドーム内にはキッズスペース・および乳児用のベビースペースと授乳スペースがあり、お子様づれが快適に過ごせるように配慮されています。

キッズスペースは、大型の遊具があって、監視員もついており、子供たちがみんなで楽しく遊ぶことができます。
ベビースペースはマットレスが敷いてある小部屋で、0〜2歳くらいの小さなお子さんと、親御さんが靴を脱いで遊ぶことができるスペースです。

ベビーカー駐車スペース、中継を観れるテレビとベンチ

台数は少ないですが、ベビーカーを駐車できる、鍵付きのスペースがあります。
また、ドーム周囲の通路スペース脇には、試合中継が観れるテレビ(サイズは小さいけれど・・)とベンチも用意されています。

特にキッズスペース脇のベンチは、通路幅も確保されているため、ベビーカーを寄せて座ることができます。

試合時は、多くのお子様づれがこの近辺に集まっています。

ファミリーシートもある(※サッカーと野球は違うので注意)

J1リーグでは、ファミリーシートが販売されています。
これは、ファミリー向けに固まった席が安くとれるというチケットで、席自体は通常の座席です。

ファイターズの試合(野球)の時は、専用のBOXシート型のファミリーシートが用意されていて、キッズスペースの近くのゆったりとしたベンチ席で、試合を観戦することができます。

これが、サッカーの時も用意されていたらよかったのですが・・・残念ながら、野球の試合の時だけの席のようです。

駐車場は札幌ドーム専用駐車場(要・チケット事前購入)がオススメ

小さいお子さんのいるご家族には、ドームの入り口からすぐの、札幌ドーム専用駐車場がオススメです。

距離を歩かずに、すみやかにドームに入ることができます。

サッカーチケットを購入する際に、同時に駐車場チケットを購入することになります。(もちろん、駐車場チケット単体でも購入できます。)
ローソンチケット、セブンチケットなどのチケット購入システムを利用します。(詳細と最新情報は、コンサドーレのチケットページなどを確認してください。)

ただ、料金は2500円と高いですが・・・。
気温が低かったり、ベビーカーづれだったりする場合、この便利さには変えられない場合もあるでしょう。


スポンサーリンク

赤ちゃん連れ(生後半年)を連れて行ったレポ

以上、「赤ちゃん連れでもいける!!」という理由から先に述べました(笑)

2017年3月18日、初めて赤ちゃん連れで、J1の試合(北海道コンサドーレ札幌vsサンフレッチェ広島)を見に行きました。

まず、我々のスペック(席種、装備など)

  • チケットはオープンスペースシート(新設)
  • 席はコーナー寄り、ほぼ最前列通路側
  • ベビーカー持参
  • 赤ちゃんはほぼ6ヶ月(首すわりOK、膝抱っこOK、サッカーのチャント大好き(ただしテレビ中継))
  • じいちゃん、ばあちゃん同行(+パパ、ママで完璧な子守体制)

余裕を持って開始1時間前に行った(これが失敗だった)

赤ちゃん連れのため、余裕を持って1時間前に行きました。
食べ物を買ったり、席を確保したりするのに時間がかかると思ったからです。

入場時は、ご機嫌の赤ちゃん。
ベビーカーでゆらゆらしてるうちに、寝てしまいました。

早めにいったので、たこ焼きも少し並んだら買えました。
タオルマフラーも買って、事前準備は完璧。

席につくまでの階段が大変だった

席が前列だったため、そこに至るまでの階段が、結構大変。
ベビーカーや赤ちゃん連れ向けには、高低差の少ない「優しーと」や「ファミリーシート」がオススメです。

席に着いてからは、適度にざわついたドーム内をキョロキョロしつつ、ご機嫌にじいちゃん、ばあちゃんのお膝に座っています。

ぼちぼち流れ始める、ゴール裏のチャント。
うちの赤ちゃんは、この応援の声と太鼓(ドンドン、という音)が好きです。足をパタパタしています。

これならいける!

そう思ってました・・この時は・・・。

ご機嫌な時間も、長くは続かないのが赤ちゃん。
試合時間1時間半を考慮すると、この最初の1時間で、機嫌のいい時間帯を使い切ってしまったのが敗因でした・・・。

選手入場の音楽の大音量にびっくりする(ドームならではの音響効果)

試合開始30分前くらいから始まる、ドームの放送と音楽、そしてチアガールたちの踊り。

私は初めて体験しました。ドームの音声を。
(これまで、屋外型の競技場でしか、試合を見たことがなかった)

響き渡る音声にびっくりして、ぐずぐず言い始める赤ちゃん。

席が前のほうだったせいもあるのでしょう。
その音響効果は、思った以上でした。

札幌の先取点GOOOOL!!!!!→赤ちゃん泣く

ここで分かったことがあります。問題は音声です。

試合は盛り上がってきて、ついに札幌側に先取点が!
しかも都倉さんのシュート!これはきた!!

放送「GOOOOOOOL!!!!!」(ドドォオオオオオオオオオオ)

赤「ウェェエエエエエエエエエエエエエエエエ

盛り上がるドーム内とびっくりして泣き出す赤ちゃん。

これは想定外。

一点入って嬉しいはずの観戦が、まさかの大泣きにパパママあわあわ。

(プロなら想定できたのかもしれないけど、初心者でして・・・申し訳ない・・)

席は、しっかりと指定席を購入していたのですが、周りの迷惑を考慮して、試合開始後、周りの人がいないところに少し移動しておりました。

なので、泣き声が迷惑になることはなかったのですが、赤ちゃんが泣くのはかわいそうなので、早々に席を離れることに。

赤ちゃん向けのオアシスはここ!

さて、どうやら現地席はまずかったようです。

音響効果を考慮すると、どうみてもコーナー寄りの前列は音のキツイ場所でした。

作戦を変更して、ベビーカーでドーム内を回ることにしました。

キッズスペース周辺で観戦

オープンスペース指定席とは真逆の最上段あたりに、キッズスペースがあります。そこへ向かうことにしました。

キッズスペース周辺は、ゆったりとした通路と、観戦できるテレビとベンチつき。
同じようなベビーカー連れの親御さんが、行き来しています。

近くには、アイスクリーム屋さんも。
ここで、アイスを食べながらテレビ中継を見ることにしました。

結果的に、ここが正解。
もう少し言うと、グズりだしてからはここが正解。

音響効果は、だいぶ和らいでいて、赤ちゃんはウトウトしはじめました。
たまに試合が盛り上がると音声で起きていましたが、大人しくしてくれていました。

テレビに流れる試合中継は1秒くらいタイムラグがあるので、シュートが入ったかどうか、現地音声で一瞬先にわかってしまうのが少し悲しいですけど(笑)

札幌ドームサッカー観戦、赤ちゃん連れまとめ

さて、なかなか修羅場な初めての赤ちゃん連れ観戦でした。
赤ちゃん連れ観戦のポイントとして、体験から学んだことをまとめます。

  • 赤ちゃんづれは多いので、白い目で見られることはない
  • 月齢は、首が座ってご機嫌よく膝におすわりできる頃から
  • 機嫌が良ければ、膝抱っこで観戦可能。ただし音がうるさくないか、すぐに脱出できる席を確保する
  • 席種はキッズスペース側か、すぐにドーム外に出れる出入り口から高低差のない列(優しーとがオススメ)
  • ベビーカーは駐車スペースに停めると良い(席の脇はスペースがない)
  • キックオフぎりぎりに着席(最重要)
  • 脱出時は、キッズスペース周りがおすすめ。子供連れが多くて安心
  • ドーム周囲の移動通路に、大型スクリーン+観戦できる円形劇場型のある広場があるので、そこもオススメ
  • コツをつかんで、楽しく赤ちゃん連れ観戦しよう

こんなところでしょうか。

今回は不慣れだったため、試合の感想を記事にする余裕は、残念ながら全くありませんでした・・(笑)

DAZNの見逃し中継で、ゆっくり見たいと思います。

次は、もう少し月齢のいった赤ちゃんと、ゆったりと観戦したいと思います。
リベンジに乞うご期待。

札幌ドームに赤ちゃん連れでサッカー(コンサドーレ)見に行くときのポイントと体験談。
この記事を気に入ったら
いいね
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク

この記事を気に入ったらシェアしよう




コメント

  1. Y より:

    赤ちゃん→幼児期の耳を大音量から保護してくれるアイテムがあります。
    Banz(バンズ) ベビー・キッズ用 防音 イヤーマフ ベビー ブルー EM-BB https://www.amazon.co.jp/dp/B007BEHSDU/ref=cm_sw_r_cp_tai_dFMZybAFPNAMK

    ライブ会場やスポーツ観戦で使えます。他にもあると思います。

    • フェニックスA子 より:

      コメントありがとうございます。
      イヤーマフ、こんなものがあるんですね!これなら、耳を手で塞がなくても良さそうです。
      (それをしたら、ますます嫌がって泣いてしまいまして、、。)
      今度試して見ます。

  2. サブロー より:

    お疲れ様です。近くに座られていて、後半姿が見えなかったからどうしたかと思ったら、落ち着ける場所を見つけられたのですね。
    反対側にも子供をあやせるスペースがあるといいですよね。

    • フェニックスA子 より:

      コメントありがとうございます。
      近くにおられた方が・・!>_< 恐縮です なかなか動きづらかったんですが、落ち着ける場所を見つけました。 確かに、逆側にもあると良いのですけどね。また今度散策して見ます。