函館の観光スポットと飲食店、地元民のオススメはここ!GWの函館旅行に。

この記事を気に入ったらシェアしよう

北海道新幹線が開業してから1年、ますます観光で活気の出てきた函館。

北海道の南端、函館はオシャレな港町で、街全体を風が吹き抜ける爽やかなイメージの街です。
北海道の中では気候も本州に近く、一年を通して過ごしやすく観光もしやすい場所と言えます。

函館には港町ならではの、美味しいものがたくさんあります。また、函館にしかない独創的な飲食店も観光客に人気。

このページでは、函館によく遊びにいく地元民(県外出身者)が、日常的に通いたくなる魅力的な食べ物やスポットをご紹介します。

スポンサーリンク

函館はオシャレな港町。洒落た食べ物も多く観光客にも人気

函館といえば、多くの船が出入りしている港町です。

ベイエリアと呼ばれる湾岸地区には、異国情緒ただよう赤レンガ倉庫が並んでいます。
夏場には、ソフトクリームを舐める観光客が通りを歩いていて、大きなクルーズ遊覧船が函館港を遊覧しています。

また、函館の街並みと函館湾を望む函館山は、ロープウェイが通っていて、街のエリアから数十分の距離で函館の綺麗な街並みや、輝く夜景を楽しむことができます。

歴史的にも有名な五稜郭公園では、季節ごとに桜、新緑、紅葉、雪景色など、さまざまな景観を楽しむことができます。

地元民も行きたい、函館でオススメの観光スポット

金森赤レンガ倉庫


出典:金森赤レンガ倉庫 http://www.hakodate-kanemori.com

金森赤レンガ倉庫は、函館ベイエリア(駅から少し南西にいったあたり)の湾岸にあるショッピングエリアです。
(横浜の赤レンガ倉庫と区別するためか、「金森」をつけて呼ばれているようです)

複数の赤レンガ倉庫に、食べものやお土産、工芸品、雑貨などを扱う、さまざまなお店が入っています。

赤レンガ倉庫エリアには、ラッキーピエロやスターバックスの店舗も集まっていて、観光客から地元の人まで、楽しいひと時を過ごすことができる場所です。

また、隣接する「函館美食倶楽部」には、観光客向けの多くの飲食店が入っています。

オススメのカフェは「ベイサイドレストラン みなとの森」

オススメは、テラスで食事ができるカフェ「ベイサイドレストラン みなとの森」。
イタリアンなお食事やデザートを楽しむことができます。

冬場以外だと開放的な気分で食事やお茶を楽しむことができます。

ランチセットについてきたデザート。セットのわりにちゃんと一人分ある(笑)

ランチのパスタとパンとスープ。
景観は良いのに、赤レンガにばっちり「サツドラ」の看板が・・残念・・・(笑)
(北海道エリアのドラッグストアです)

ベイエリアをフェリーでクルーズ

出典:遊覧船BlueMoon http://www.hakodate-factory.com/bluemoon/

赤レンガ倉庫からは、いくつかの遊覧船が出ています。

なお、冬季はやっていませんのでご注意ください。
(詳細なスケジュールは、各社ホームページをご確認ください。)

函館湾のクルーズ船
名称 コース 時間 料金
遊覧船BlueMoon
HP
函館湾内
デイクルーズ
30分 大人:1800円
小学生:900円
園児:350円
函館・寒川周遊
ナイトクルーズ
60分 大人:2800円
小学生:1400円
園児:580円
金森ベイクルーズ
HP
函館湾内 15分 大人:1500円
小学生以下:500円

オススメは、一番大きな遊覧船「ブルームーン」です。

船の中には広いホールがあり、ゆっくりと座席に座って景色を楽しむことができます。

昔は飲食に利用されていたのでしょうか・・船の中には、バーカウンターもありました。
(クルーズでは、残念ながら飲食は提供されていません。)

函館山(ロープウェイ)

函館山からは、函館の街並みを見下ろすことができます。

オススメされているのは、輝く夜景。
訪れる人は、夜景をお目当てに夜になって函館山ロープウェイに乗ります。

このため、夕方からは徐々に混雑していき、ピーク時にはロープウェイ待ちに並ぶことも、少なくありません。

オススメなのは、日中日があるうちに登ってしまうことです。

こうすると、ロープウェイに並ぶこともありませんし、上に上がってからも景色を見るための「場所取り」になることもありません。
先に登って日のある風景を見て、そこから徐々に夜景の灯りがついていくのを眺めるのも、楽しいものです。

五稜郭

出典:五稜郭タワー http://www.goryokaku-tower.co.jp/index.html

函館の観光名所として有名な、五稜郭公園。
春は桜色、夏は緑、秋は紅葉、冬は雪に染まっている星型の敷地を、隣接している五稜郭タワーから眺めることができます。

五稜郭タワーには、ちょっとした飲食できるスペースもあります。

ただ、五稜郭付近は函館の街中なので、飲食には困らないでしょう。
有名なラーメン店も近くにあり、いつも賑わっています。

シエスタ函館

2017年4月にオープンした、函館中心街(市電・五稜郭駅前)にある無印良品を中心とした商業ビルです。

詳細は、こちらの記事に記載しています。

シエスタ函館(無印良品シエスタハコダテ)に行ってきた。全国でも有数の無印店舗です。
新装開店したばかりのシエスタ函館に行ってきました。1〜3Fと、3フロアが無印良品になっていて、北海道初のCafe&Meal MUJI...



スポンサーリンク

函館文化を感じる、函館でオススメの食べ物

函太郎

出典:函太郎 http://www.hk-r.jp/shop/g_kantaro/

函館のグルメ回転すし、函太郎。

普通の回転寿司とは違う、上質なお寿司です。
寿司職人がたくさんいて、直接注文しても握ってくれます。(こちらのほうが、利用する人多いかも。)

テレビでも紹介されている、函館の定番のお寿司屋さんです。

ジンギスカン羊羊亭(めいめいてい)

ラビスタ函館ベイ(ホテル)の横にある、「函館美食倶楽部」に入っているジンギスカンのお店です。

金森赤レンガ倉庫からも歩いていくことができます。(少し距離はありますが、同じエリアです)

ジンギスカン食べ放題、飲み放題をやっています。
なんども行ってしまうお店。

六花亭(カフェ)

北海道のお土産「マルセイバターサンド」で有名な、六花亭。

五稜郭公園沿いには、六花亭のカフェつきの店舗があります。こちらでは、ぶあついホットケーキが食べれます。

めちゃくちゃ美味しいのでオススメ。

カフェはコーヒーが無料で飲めるけど、混んでる時間は少し待つかも。

お食事は、あまりありません。
和定食が1種類あったかな、くらい。

おばあちゃんの好きそうなメニューです(笑)

ラッキーピエロ

出典:ラッキーピエロ http://luckypierrot.jp

ラッキーピエロは、函館の観光で1、2を争う有名な飲食店。

ファーストフードのお店、にみえるのですが、地元民は「レストランだ」といって譲りません。
(私にはファーストフードに見えますが)

違いは、店内で調理するこだわりの洋食。だから、「ファースト」ではないんですね。

オススメは、オムライスとカレー!

観光者向けの雑誌やテレビはひたすら「チャイニーズチキンバーガー」を推してきますが、オムライスとカレーが美味しいです。

オムライスは女性ではまず食べれない量でてくるので、「レディースサイズ」にすると良いです。
(これ、メニューにちいさーく書いてありますが、まず誰も気づきません。)

カレーは、見た目普通のカレーですが、妙に美味しいです。
まあ、普通のカレーなんですけどね(笑)

ハセガワストアの「やきとり弁当」(←豚肉)

函館B級グルメで「ラッキーピエロ」と双璧をなすのが、ハセガワストア(コンビニ)のやきとり弁当です。豚肉です。

コンビニ内で調理していて、豚肉と野菜の串焼きが、ご飯と海苔のうえにどーんと乗っています。

味付けは、塩とタレから選べます。おすすめはタレ。

地元民は、弁当の蓋をあけずにまず「串」を抜いて食べるようです。

大門横丁の黄金塩ラーメン「龍鳳」

函館の有名な塩ラーメン店はいくつもありますが、こちらは大門横丁にあるすごく小さなお店。

掘っ建て小屋みたいなかんじのお店で、中もカウンターが6席しかありません。
待つためのスペースもないので、待ちたい人は外で待ちます(笑)

黄金塩ラーメンは、鶏脂がスープの上で輝いていて、まさに黄金色のスープ。
旨味があって美味しいです。

函館でオススメのお土産

ペイストリースナッフルズの「チーズオムレット」

函館の美味しいお菓子といえば、ペイストリースナッフルズ(函館スナッフルズ)のチーズオムレット。

一口サイズのチーズケーキで、プレーンとチョコレート味があります。
要冷蔵なので、持ち帰りには少し気を使うかも。

駅前の店舗と、金森赤レンガ倉庫にもカフェ店舗が入っていますので、カフェで食べることもできます。

お買い物は駅前エリア(棒二森屋、キラリス函館)

お持ち帰り用にお土産を買う場合は、金森赤レンガ倉庫などで一緒に買ってしまうのも良いですが、荷物になるので帰り際に買いたい、という人も多いでしょう。

函館駅前のエリアには、お土産やさんが集まっています。

中でも、2016年にリニューアルした棒二森屋、同じく2016年に新設されたキラリス函館の2つは、電車の待ち時間にも利用できてオススメです。

函館で北海道のお土産を買うなら函館駅前ビルがオススメ。スイーツをその場で食べれるスペースも。
北海道には美味しいお土産品がたくさんあります。定番の有名メーカーのお菓子、スイーツ、土地の海産物、農作物、瓶詰めジャムや干物などの日持ちする...

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今回は、函館駅から簡単にいけるエリアをご紹介しました。

函館はオシャレな街並みと美味しい食べ物が多く、観光客に人気な街ですが、地元に住んでいる人でも、なんども行きたいと思うお店やスポットが揃っています。

また、美味しいお店などを見つけたら、個別にご紹介したいと思います。

札幌、函館間を移動される方は、こちらの記事もあわせてご覧ください。

札幌〜函館の移動、車とJRどちらが良い?ドライブルートは?スーパー北斗の駅弁情報も。
札幌と函館間を移動する場合の方法を、JRの場合と車の場合3ルート(中山峠ルート、ニセコルート、高速道路ルート)で比較してみました。 札幌か...

函館の観光スポットと飲食店、地元民のオススメはここ!GWの函館旅行に。
この記事を気に入ったら
いいね
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク

この記事を気に入ったらシェアしよう