冬の函館観光の服装、靴(ブーツ)はどうすればいい?雪は積もってるの?

この記事を気に入ったらシェアしよう

冬の函館観光・函館旅行で誰もが悩むのが、防寒装備をどこまですればよいか、特に靴・ブーツは何を履けば良いかということだと思います。私も初めて来た時に悩みました。

北海道旅行ならたくさん着込んで行かないと!と思う反面、北海道を知る人に聞いてみると、「冬の函館は大したことない」というのです。

一体どっちなの!?と思うあなたに、冬の函館の服装について、路面の写真とともに紹介していきます。

札幌近郊の写真も、比較用に少し掲載しています。

スポンサーリンク

冬の函館は雪と氷があったりなかったりする。

冬の函館は、北海道全体で見ると最も雪が少ない部類に入る町です。それでも、冬には雪が降り、温度は氷点下に下がっていることも多いので路面は凍ります。

北海道のほとんどのエリアでは、常に雪が降り積もって路面が見えない状態になっているのですが、道南・函館近辺は、路面が見えているときと見えていない時があります。

つまり、雪が降っては溶けて、それが凍って氷ができるという状態を繰り返しているということです。

北海道の雪の量については、こちらを参考にしてください。

北海道ってどのくらい寒いの?雪の量は?
北海道での生活で、誰もが気になる寒さと雪。これは、住む街によってかなり違います。 札幌近辺は内陸寄りなので、雪もそこそこ多く11月から3月...

これは、ある2月中ばの函館駅前の写真です。
この日は時々吹雪いていて風も強く、悪天候の日でした。

ある2月の函館。

ある2月の函館。

道路は、凍った上に雪が薄く積もっている状態です。しかし、真っ白というわけではなくところどころ路面が見え隠れしています。
道路脇には雪山はありません。

歩道はところどころ凍っていて、薄く雪が積もっています。普通の靴では厳しい状態ではありますが、長く歩くわけじゃなければ(歩きで観光をするとか・・・)、少しの移動ならなんとかなる状態です。

函館の本格的な冬は11月〜3月で、2月は最も寒さが厳しい時期です。12〜2月に何度か訪れる寒波や大雪で、雪が溜まっている頃だからです。
この写真は2月なので、路面状況は比較的悪い方だと言えるでしょう。
3月にも雪は残っていますが、雪解け水でぐちゃぐちゃな日の方が多いと思います。

ちなみにこの年の函館は、とても雪が少ないと言われていましたので、年によってはもう少し雪があると思います。それでも、道路脇が雪山だらけという状態は少ないのが、函館の町です。

防寒ブーツ(スノーブーツ)はあるに越したことはないが、天気予報を見て狙っていくならなくても良い。

上の話に、氷というキーワードが何度かでてきました。凍っていると滑って危ないので、対策された靴が必要です。
しかし氷の場合は、靴裏の滑り止めだけでもなんとかなります。

では防寒ブーツやスノーブーツはどのくらいから必要なんでしょう?

防寒ブーツ(スノーブーツ)が必要なのは、主に次のような場合です。

  • 地面が凍っている
  • 雪がくるぶし以上に積もっている
  • 気温が低くて寒い(氷点下)
  • 地面がびちゃびちゃに濡れている

氷、雪だけでなく、濡れている場合もです。
気温がプラスとマイナス(氷点下)を繰り返す函館のような町では、どちらもありえます。雪が溶けて水がべちゃべちゃになって、それがまた氷る、というのを繰り返しています。

防寒ブーツは雪や雪解け水が入らないように防水対策も施されているので、雪・氷だけでなく、ぐちゃぐちゃの路面でも力を発揮します。

スノーブーツもピンきりですが、性能が良いと言われているのはソレル(SOREL)のスノーブーツ。

ソレル(SOREL)のスノーブーツ。滑らない。

ソレル(SOREL)のスノーブーツ。滑らない。

写真のブーツはカリブというシリーズで、他にも1万〜2万円の間でいろいろなシリーズがあります。くるぶしから下の防水対策が完璧で、べちゃべちゃの路面でも水は入って来ません。
深い雪でも、ブーツの高さを超えなければ突っ込んでいけます。
最も良いのは、靴裏が凍った路面でも滑りにくいことです。

私は最初に北海道にいた時、札幌方面に住んでいたのでこれを買いました。

しかし函館で必要か?といわれると、ここまでは必須ではないと思います。
旅行者の方なら使う回数も少ないし、もう少しリーズナブルなものでも大丈夫でしょう。
(でも、SORELのブーツはいろいろな色があって可愛いしあったかいので気に入っています。)

函館でスノーブーツが必要だと思う機会があるとすれば、豪雪ではなく氷と雪解け水だと思います。
なので、よほどの寒波と当たらない限りは、水に強いブーツ、あるいは氷対策をした靴底でも大丈夫だと思います。

ただ、歩きメインの観光をしたいのならスノーブーツを用意した方が間違いないです。

★特に、雪の時期の五稜郭公園をぐるっと歩きまわりたいという人は、用意した方が気楽に楽しめると思います。

函館山ロープウェイくらいならなくてもいけます。(駐車場だけはキツめですけど・・)

天気が悪化しそうなら、来てから調達すると言うのもありです。


スポンサーリンク

函館の雪は本当に大したことないの?札幌近郊・江別市との比較

函館の雪は確かに少ないです。札幌近郊の江別市に住んでいた頃の写真と比べて見ましょう。

以下は、2月の江別市の写真。

これは江別市(札幌の隣)の冬です。

これは江別市(札幌の隣)の冬です。

毎日除雪車が入って、車道と歩道を空けてくれます。その時に跳ね除けた雪で、どんどん壁ができていきます。
ここはアパートの近くの裏道なのでこの程度ですが、国道沿いになると、跳ね除けた雪が壁となって、道路脇は雪の防壁ができています。

路面は冬の間は全く見えず、スノーブーツがないと歩けません。

これは江別市(札幌の隣)の冬です。

これは江別市(札幌の隣)の冬です。

この写真はかなり雪が少ない方ですね。この年も、雪が少なくて異常だと言われていた年でした。
これが札幌近郊や、函館以外の北海道の雪です。

これと比べると、確かに函館の雪は大したことないようです。

それでも、雪国以外から旅行で来る人にとっては、靴(主に靴底)には注意する必要があるレベルだと思います。

防寒ブーツは暖かいので、あまり雪がなかったとしても、あればそれに越したことはないですね。

コートと服装は?

最後に服装についてです。
女性の場合は特に、スカートが履きたいしコートもおしゃれなのが着たいと思うものです。

冬の北海道全般で言えることは、室内が暖かいので、中は薄着で外は厚いコートという格好が良いです。コートは風を防ぐものが良いです。
足元も、ロングブーツとロングコートで防寒していれば、中は厚手のタイツとワンピースでも構いません。好きにおしゃれしてください。

警戒してむくむくのセーターなどを着込んで来ると、お店で辛くなると思います。

それから、耳が隠れる帽子か耳あては用意することをおすすめします。気温は本州と比べたらかなり低いので。
函館エリアでも1日マイナス気温ということはよくあります。

風や吹雪が厳しい日もあるので、フードがついているコートも良いでしょう。

以上は、よくある函館旅行での町歩き、観光名所巡りをする場合のアドバイスでした。道南への旅行で、好き好んで田舎の山方面に行きたがる人は少ないと思いますので、このような格好で大丈夫だと思います。
(山の方はもっと積もっていますので・・・)

北海道新幹線開通で、今ホットな函館に、ぜひ来てください。

冬の函館観光の服装、靴(ブーツ)はどうすればいい?雪は積もってるの?
この記事を気に入ったら
いいね
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク

この記事を気に入ったらシェアしよう