DAZN(ダゾーン)のスマホアプリ、通信量の節約方法!Wi-Fiと4G回線では何ギガかかる?

DAZN(ダゾーン) をスマホやタブレットのみで見るには、iPhone/Androidアプリを使いますが、「データセーブセーフモード」を使えば通信量をぐっと節約できます。

今回はWi-Fiでの通信量と4G/LTE回線の通信量を節約する方法をご紹介!

「データセーブモード」と「セーブモードじゃない場合」の通信量を、4G回線で実測し、比較してみました。

2019/3/30追記:最新アプリで計り直した結果に変更。さらにデータ通信量が減りました。

▶︎ DAZN(1ヶ月無料トライアル)公式サイト

DAZNをWi-Fiや4G/LTE回線で見るには?「データセーブモード」で通信量(ギガ)を節約!

DAZN(ダゾーン)は、スマホやタブレットのみでも見ることができます。

スマホ・タブレットのみで見る場合、ネットテレビ機器などの専用機器は何もいらないため、最も簡単にダゾーンを見る方法でもあります。

しかし、データ通信量が気になるところです。

2018年7月22日、DAZNのスマホアプリ版に新たに「データセーブモード」という通信量を節約するモードが追加されました。

これを使えば、これまでよりもずっと低い通信量(ギガ)でスポーツ中継を楽しむことができます。

この記事では、実際に4G回線で「データセーブモード」と「データセーブモードなし」の通信量を計測してみました。

*2019/3/30に再度計測しています。

4G回線「データセーブモードあり/なし」の通信量比較結果

DAZNの通信量を、「データセーブモードあり」と「データセーブモードなし」で比較しました。まず結果から。

10分の通信量 サッカー1試合(90分)の通信量
データセーブモードあり(4G回線) 0.15GB
→0.09GB
(2019/3/30再計測)
1.3GB
→0.8GB
(2019/3/30再計測)
データセーブモードなし(4G回線) 0.42GB 3.8GB

「データセーブモードあり」では、「データセーブモードなし」と比べて25%まで通信量が落ちました。

およそ1/4です。

これからはスマホで見る人は「データセーブモード」必須ですね。

【参考】データ通信量・ダゾーン視聴後(10分間:4G回線データセーブモード)

10分でこれだけしか使いませんでした。

DAZNスマホアプリ「データセーブモード」の画質は?

今回はF1レースの中でも、かなり細かい文字が表示される「F1ゾーン」という番組を見てみたのですが、画質は悪くないです。

細かい文字でもなんとか読めます。

ただ、美しさは少し落ちるかもしれませんが、試合やレースを見る分には問題のない画質です。

DAZNスマホアプリ「データセーブモード」の設定方法

DAZNのスマホアプリのセーブモードは、アプリの中の設定画面から設定できます。

(スマホ自体の「設定」ではないので、ご注意ください。

①DAZNアプリの「その他」から、「データセーブ」を選びます。

②「3G/4G/LTEの通信量を節約」をONにしましょう。「Wi-Fiの通信量を節約」も、使いたい人はONに。これだけで設定は終了です。

サッカー/F1の通信量はスマホで見れるレベル?

サッカーの1試合分(試合部分のみ90分)をスマホで見た場合の通信量は、データセーブモードで0.8GBです。実際の試合中継は、試合の前後とハーフタイムも入れて120分程度なので、0.96GBです。

F1決勝レースを見られる方だと、データセーブモードでは、2時間(120分)で0.96GB、レーススタートの40分前から見るなら160分で1.28GBとなります。

ほとんどの会社では1日から3日につき、1〜3GBの通信制限がかかります。

「データセーブモードなし」で見てしまうと、見ている途中にデータ通信制限モードになってしまいますね。

ダゾーンをスマホまたはタブレットで見る場合は、「データセーブモード」を使うか、Wi-Fi環境で見ることを強くオススメします。

最近では、コンビニでチケットを買うだけで2ヶ月見れる(しかも1ヶ月は無料!)なのでおすすめ。買い方はこちらの記事にまとめています。

DAZNチケット(コンビニで買える)で視聴する方法!無料期間1ヶ月はそのまま
DAZNチケット(コンビニで買える)で視聴する方法!無料期間1ヶ月はそのまま
DAZNがコンビニ支払い(DAZNプリペイドカード、またはDAZNチケット、いずれも前払い)に対応しました! 新規登録すると無料期間の...

daznの登録はこちらから。

▷DAZN(1ヶ月無料トライアル)公式サイト