DAZN F1 2018第2戦【バーレーンGP】新画面のF1ゾーンとは?

スポンサーリンク

DAZNは2018年から「F1ゾーン」という新画面で、4画面同時の白熱のレースを視聴できます。4月6日(金)から始まるバーレーンGPでは前回惜しくも2台ともリタイアとなったハースの実力が発揮できるか、また連続チャンピオンのハミルトンのポールポジション争いも見どころです。

▶︎ DAZN(1ヶ月無料トライアル)公式サイト

バーレーンGPは2018/4/6〜8に開催

バーレーンGPは2018/4/6(金)にフリー走行、4/7(土)にフリー走行と予選、4/8(日)に決勝が開催されます。

日本でのライブ放送時間(DAZN放送)は次の通りです。

番組名称 放送日時
バーレーンGP:フリー走行1回目 4/6(金)
20:00〜
バーレーンGP:フリー走行2回目 4/7(土)
00:00〜
バーレーンGP:フリー走行3回目 4/7(土)
21:00〜
バーレーンGP:予選 4/8(日)
00:00〜
バーレーンGP:決勝 4/9(日)
00:10〜
バーレーンGP:決勝 F1ゾーン 4/9(日)
00:10〜

DAZNの視聴についての詳しい説明は、こちらの記事に記載しています。

DAZN(ダゾーン)のF1放送がすごい!【2018】フジテレビNEXTと料金や番組を比較してみた
DAZN(ダゾーン)のF1放送がすごい!【2018】フジテレビNEXTと料金や番組を比較してみた
DAZN(ダゾーン)のF1放送では、独自の新画面「F1ゾーン」で情報いっぱいのF1レースを楽しむことができます。 DAZNでは見逃し配...

現在のドライバーズポイントは?

前回のGP終了時点でのドライバーズポイントは次の通りです。

トップはベッテル、次点が前年度チャンピオンのハミルトン。以下、フェラーリのライコネン、レッドブルのリカルドと続き、5位には今年度からホンダからルノー製へと変わったマクラーレンのアロンソがつけています。

上位チームはドライバー同士のポイント争いも含めて、非常に見どころですね。

順位
ドライバー
得点 勝利数 表彰台
1
S. ベッテルフェラーリ
25 1 1
2
L. ハミルトンメルセデス
18 0 1
3
K. ライコネンフェラーリ
15 0 1
4
D. リチャルドレッドブル
12 0 0
5
F. アロンソマクラーレン
10 0 0
6
M. フェルスタッペンレッドブル
8 0 0
7
N. ヒュルケンベルグルノー
6 0 0
8
V. ボッタスメルセデス
4 0 0
9
S. バンドーンマクラーレン
2 0 0
10
C. サインツ Jr.ルノー
1 0 0
11
S. ペレスフォース・インディア
0 0 0
12
E. オコンフォース・インディア
0 0 0
13
C. ルクレールザウバー
0 0 0
14
L. ストロールウィリアムズ
0 0 0
15
B. Hartleyトロロッソ
0 0 0
16
R. グロージャンハース
0 0 0
17
K. マグヌッセンハース
0 0 0
18
P. ガスリートロロッソ
0 0 0
19
M. エリクソンザウバー
0 0 0
20
S. シロトキンウィリアムズ
0 0 0

▶︎ DAZN(1ヶ月無料トライアル)公式サイト

バーレーンGPの見どころ

バーレーンGPの見どころを、個人的な視点も含めて紹介していきます。

ハミルトンのポイント争い

バーレーンGPの見どころといえば、なんといっても前回フェラーリのベッテルに惜しくも1位を取られた形となったハミルトンでしょう。今回、巻き返しを期待できるでしょうか。

メルセデスの車速は今年も全チーム中最高レベルを保持しており、スペック勝負だと優勝できるだけの実力を持っているからです。

前回のオーストラリアGPでは決勝のポールポジションを守っておきながら、ピット入りのタイミングなどのチーム戦略の点で優勝を逃したといっても過言ではありません。

今回のレースでは、そんなハミルトンが再びポールポジションを取れるか、そしてベッテルとのポイント争いが見どころです。

レッドブルの二人のチーム内攻防

また、レッドブルのリカルドとフェスルタッペンのチーム内戦略とポイント攻防戦についても気になるところです。オーストラリアGPでは、いまいちタイムが振るわなかったフェルスタッペンですが、今年度も彼の若さと無謀さを生かしたレース展開には期待できます。

毎年その実力の割に不遇な目に遭い続けているリカルドも、今年こそは上位争いに加われるか、チーム内のフェルスタッペントの優先順位争いにも力が入るところでしょう。

今年度のダークホース・ハースの本気は?

今年度からエンジンをフェラーリ製の「フェラーリ 063 1.6リッターV型6気筒ハイブリッドターボ」に載せ替えたハースチーム。初戦となるオーストラリアGPでは、決勝の滑り出しはとても順調で、二台とも10位以内をキープしていた時期もありました。

二台ともチームエンジニアのピット作業ミスにより、惜しくもリタイアとなってしまったせいで、その本当の実力は発揮できないままとなってしまいました。

今回のバーレーンGPでは、改めてハースの本気が見れるかどうか、十分に期待できます。

新たな画面「F1ゾーン」で白熱のレース展開を視聴!

F1のDAZN放送で今年から加わった「F1ゾーン」という新画面。メインの番組と、今ホットなドライバーのオンボードカメラを並べて視聴することができる画面です。

また、同時に順位表やラップタイムが表示される情報画面「スタッツ」、その時々にタイムリーな情報を発信してくれる情報画面と、合計4画面を並べて視聴できる、まさにファン待望の視聴形態となってます。

昨年までは、メイン番組とドライバーズカメラが別々のチャンネルになっていて、見比べるのがなかなか難しかったですからね。

F1の視聴はDAZN契約がおすすめです。1ヶ月無料で視聴できるので、お試しで見てみるのも良いでしょう。

▷DAZN(1ヶ月無料トライアル)公式サイト


スポンサーリンク

この記事を気に入ったらシェアしよう

スポンサーリンク
北海道の空き地を収入に変えるサービス
アメリカのサプリを安く通販
フェニックスA子

フリーランス主婦(38)。家族構成は夫と娘。 檜山郡江差町〜函館⇨2018から東京。札幌にも出没。趣味は旅行とF1とサッカー。