【F1感想】ハンガリーGP、怒涛のピットイン&順位争いに(優勝は安定のハミルトン)

スポンサーリンク

F1、2018年ハンガリーGP、暑い中溶けて壊れていく感じのレースでしたね。優勝はまたまたハミルトン、それ以下はタイヤ戦略とオーバーテイク&クラッシュ合戦を繰り広げて、生き残ったのはベッテルとライコネン。ついで表彰台県外にはリカルド。

今回もゆるい感想記事です。

路面温度は50度以上、とろけるハンガリーGP

夏休み前最後のレースは、8月目前のハンガリー、日中のレースでした。

予選までは雨がちらほらふっていて、タイヤ戦略が予選順位を大きく左右していたのですが、決勝では綺麗に晴れ。

路面温度は60度近くに。

ウルトラソフトのタイヤで走る車がほとんどの中、タイヤをどれだけ持たせるかが重要になったレースでした・・・

1〜5位の順位争い、6位争いが白熱

ハミルトン優勝おめでとう。

そして、なんとか食らいついた2位のベッテル、そしてトラブルで水が飲めなかった3位のライコネン。

後方から追い上げて4位のリカルド、最後まで壁をしつづけて崩れてしまった5位のボッタス。

そして6位以下には、大貢献のガスリー。

7位は、これも速かったマグヌッセン、8位はしぶとい(とDAZN解説陣に言われていた)アロンソ。

めちゃくちゃ面白いレースでした。

残念な方々

開始早々パワーを失って止まってしまったフェルスタッペン。今回のレースでは、予選が雨で期待されていたところを、結果がふるわず予選5位に。

決勝レースこそ!というところでいきなりのリタイヤ。推しとしては悲しい・・・

ずっと車の調子が悪かったバンドーン、今回はアロンソと並んで入賞圏内に入り込んでいたのですが、こちらも突然ギアボックスの不調でリタイア。

彼は、ずっとまともに走れていませんね。さすがに同情が集まります。

夏休みでなんとか調整して、次こそまともに走れて欲しい・・・。アロンソ(の車)は走れているのになあ。

ルクレールは、開始早々さらっと止まっていました。話題にも対して上がってなかったという。

終盤の争いが大混乱、ボッタスが人柱に

今回一番印象に残ったのは、やっぱりメルセデスのボッタス壁戦略と、フェラーリのピットイン失敗でした。

中盤のピットインラッシュで、フェラーリが戦略ミス&作業ミスを連発し、タイトル争いをしているベッテルがまさかのボッタスの後ろにIN。

ボッタスはそのまま壁役(?)としてフェラーリの二人を押さえ続けました。

開くハミルトンとボッタスのインターバルタイム。

ボッタスがどれだけわざと遅く走っていたかは謎ですが・・・

試合終了後、メルセデスのボス、トト氏の発言で「ボッタスはサポート役」と言われたことに、傷ついたとの記事が上がっていました。

リンク先の記事では、メルセデス陣営のボッタスの扱い方は、彼にとって何の得もなかったし、ハミルトンのgreat wingman(素晴らしいサポート役)と言われて悲しかったと書かれています。

ボッタスはいつも文句ひとつ言わずチームの指示に従っているので泣ける。いいやつ。

フェラーリ痛恨のピット作業ミス、タイヤ交換4秒

今回のレースを面白く(?)したのは、フェラーリの戦略ミスとピット作業ミスだと思います。

途中まではベッテルが首位を走っていたのですが、ピットインのタイミングがいまいちで、しかもタイヤ交換に4秒もかかるという痛恨のミスを犯してしまったせいで、結局はボッタスの後ろに。

ベッテル、ライコネンともボッタスのレースコントロールに巻き込まれるという悲しい結果になりました。

リカルド怒涛の追い上げ

リカルドは、予選でタイムを計測できず、ドン底からのスタート。

そこから最終的に4位まで追い上げるという快挙でした。

リカルドの美しいオーバーテイクシーン。

そして、リカルドの追い上げに沸くオレンジ軍団。

序盤でリタイアしたフェルスタッペン応援団は、ずっとリカルドを応援してましたね。

私もそうでしたがw

ボッタスクラッシュ祭り

そして終盤、ベッテルとボッタスのクラッシュ、そしてボッタスと後から追い上げてきたリカルドのクラッシュと続いて、ボッタス自身は表彰台圏外に。

1回目のベッテルとのクラッシュでどこか壊れたボッタス、今度はカーブを曲がりきれず(?)リカルドに突っ込む。

いろいろと可哀想すぎるけど、リカルドはもっと可哀想。w

その他のハイライト

他にもいろいろあったけど、ハイライトはこんなかんじ。

  • ライコネン、ピットクルーが水セットし忘れてドリンク飲めない
  • フェルスタッペンたったの5周でリタイア、怒り心頭ピー連発でチームラジオ聞こえない
  • 水が飲めないライコネン、怒りのファステストラップ連発
  • タイヤマネジメント絶好調のガスリー、P6を取ってチーム大騒ぎ
  • ソフトで粘ったハミルトンが何事もなく優勝

今回は、中盤退屈だったけど最終的には面白いレースでしたね。

フェラーリファンはめちゃくちゃ怒ってましたが。

次回のレースは、夏休み明けの8月26日〜ベルギーGPです。

夏休みの間に、日本GPの情報まとめたいと思います。

▷DAZN(1ヶ月無料トライアル)公式サイト


F1イラスト&ゆるいファンコンテンツ
▼F1トップページはこちらのバナーから▼
スポンサーリンク
【F1感想】ハンガリーGP、怒涛のピットイン&順位争いに(優勝は安定のハミルトン)
「F1観ようぜ!」のFacebookページをフォローして最新情報をチェックしよう!

シェア!

スポンサーリンク
北海道の空き地を収入に変えるサービス
アメリカのサプリを安く通販
フェニックスA子

フリーランス主婦(38)。元SE で現在はクラウドソーシングでのお仕事。家族構成は夫と娘。 檜山郡江差町〜函館⇨2018から東京。札幌にも出没。趣味は旅行とF1とサッカー。現在は主にF1ページでイラストや観戦ガイドを作成しています。