【F1感想】バーレーンGP:ルクレール大波乱P3&ルノー呪われの同時リタイア

2019年第2戦、バーレーンGPは大きなドラマがたくさんあったレースでした。レースを最後まで牽引した、F1・2年目のルクレール。最後にトラブルがありP3に。優勝はまたも「持ってる男」ハミルトンとなりました。

今回もゆるい感想を書いていきます。

バーレーンGPはルクレールが波乱のドラマ「P3」


2019年F1第二戦、バーレーンGP。誰もが予想しなかった展開で終盤までコマが運び、そして結果もまた、誰もが予想しなかった展開となりました。

優勝と思われたフェラーリのルクレールが、終盤エンジントラブルでP3に。

優勝は棚ぼたのハミルトン、そしてP2は同じく棚ぼたのボッタス。

P3はなんとか生き残ったルクレール、という結果に。

その裏では、いまいち不可解な終盤セーフティカーの出動、

そして最後の最後で、リカルドとヒュルケンベルグのルノー勢が謎の「マシン同時ストップでリタイヤ」。

今回は日付が変わった月曜0時過ぎスタートの深夜レース。夜中まで眠れなかったF1ファンが、たくさんいたことでしょう。

(私もそうでした)

至上稀に見る大どんでん返しの展開で、夜中にリビングで大騒ぎした後、ツイッターで検索しまくってて、興奮して寝れませんでしたw

見逃し放送は1週間くらい(DAZN)

まだ見ていない方がいたら、今週末くらいまでは多分見れるので、DAZNからどうぞ。

無料キャンペーンで1ヶ月ただ、スマホからも行けます。

F1ゾーンでは常にラップタイムが見れるので、ルクレールがいきなり減速した様子がめっちゃわかりますよ・・・

メルセデスとレッドブルファンは、それを見ながら頭の中で残りラップ数と残り時間を一生懸命計算して、落ちてくるトロフィーを待っていたものです。

▷DAZN(1ヶ月無料トライアル)公式サイト


F1イラスト&ゆるいファンコンテンツ
▼F1トップページはこちらのバナーから▼

2019年F1バーレーンGP:予選まで

今回のバーレーンGPの予選は、なんとF1・2年目のルクレールがポールポジションという結果になりました。

<2019年バーレーンGP:予選結果>

  1. ルクレール(フェラーリ)
  2. ベッテル(フェラーリ)
  3. ハミルトン(メルセデス)

フェラーリ2台がワン・ツー。

前回の屈辱を晴らす結果ですが・・・

本戦があんなことになるとは、この時は誰も思っていなかった。

2019年F1バーレーンGP:決勝の感想

ここからは、決勝の感想を時系列でまとめていきます。いつも通り、公式の動画なども拾っていきます。

スタートは経験の差か、ベッテルが前へ

緊張のスタート。1列目はフェラーリワンツー、前に出たのはベテランのベッテルでした。

2年目のルクレールは緊張したのか、出遅れてマシンが右往左往。

ベッテルの後ろに入ってまた戻るという謎の動きを見せ、なんとかP2の位置に。

これが、経験の差というやつか。

また、混雑に巻き込まれたアルボンがものすごい火花を浴びていて、無事か気になりました。

ここで、グロージャンとストロールが接触→ピットイン。

早くも「やらかす」マックスvsサインツ

壊し屋(※他人のマシンを)マックス、今回もわずか5周でさっそくやらかす。

カーブで競り合っていたサインツとタイヤが接触。サインツはダメージを負って最後方に。

サインツ「あいつ信じられねぇ!」

判定の結果、レースインシデントとなりました。

リプレイをみていた限りだと、外を走っていたサインツがINに締めすぎて、マックスのスペースが残らず激突したように見えましたけど。

きっと相手がマックスだとわかっていたら、ハミルトンならもっと内側を開けたんじゃないかな・・・と思いました。突っ込んでくる性格なので。

(そんなフェルスタッペンが正しいとは全く言えませんけど)

ルクレールvsベッテル

フェラーリのマシンは、どうやら本当に調子が良い様子。

P1のベッテルに対して、P2のルクレールが「僕の方が速いから前に行かせろ」と言います。

そして、自力で抜いたルクレールがP1に。

今後のフェラーリ内の覇権争いが楽しみですね!w

フェラーリのボスは渋〜〜〜〜い顔をしてましたけどw

ライコネン面白ラジオ

アルファロメオに移ったライコネン。歯に衣着せぬラジオは健在です。

アルファロメオ「フロントフィングはどうだ?」

ライコネン「わかるわけねーだろ!お前が教えろ」

相変わらず面白いですね、ライコネン。

ミディアムが速い!?残してたやつが勝利パターン

どうやら、ソフトよりミディアムの方がタイムが速そうとわかってきました。

なんと、同じハミルトンでミディアム1:33.528、ソフト1:34.644という差に。

ソフトは柔い、速い、その分寿命が短いというタイヤのはずが、ミディアムのほうが速いとは。

そうなると、ミディアムを残していたチームが有利になります。

ミディアムを2セット使えたのは、 ルクレール、フェルスタッペン 、ペレス、ストロール、ラッセル。そして中古だけどクビサ。

ルクレールとフェルスタッペンがいい調子だったのは、タイヤのせいもありましたね。

クビアト(魚雷)自爆

前回はガスリーとのライバル対決が話題になったクビアト。

前回のガスリーが乗り移ったかのように、今回は自分が「チーム戦略のせいで予選落ち」の結果に。

決勝では、ジョビナッツィに勝手に突っ込んで自爆となりました。(動画は以下のリンクから見れます)

その後、クビアトは最後まで走りきりましたが、ジョビナッツィは途中でリタイア・・・。

まさに魚雷。

ソフトで粘るリカルド

リカルドは戦略によりソフトタイヤでねばって、1STOP作戦。

他の人たちはみんな2STOPなので、タイヤ交換一回分(23秒くらい)だけタイムを稼ごうという作戦です。

一時的にP1になって、ルノーの皆様は大変喜んでいたようで・・。
(一時的に、ルノーの公式ツイッターがTOP画像を変えていたという噂も。2台リタイアとともに元に戻したそうですが)

25周目でリカルドがタイヤ交換をした頃には、1位のルクレールとはすでに1分以上の差がついていました。

これが今のF1か。

ベッテルvsハミルトン(前半戦)

今回はP1を独走するルクレールをよそに、チャンピオンたちの争いはP2 vs P3で行われてました。

24周目、ベッテルがハミルトンを抜いてHAMブチギレ。

争いは、その後も続くのです。

ノリス vs ライコネン

前回から大健闘の、新人ノリス。マクラーレンのマシンが調子が良く、なんと予選でもP10をキープ。

今回はライコネンとバトルを繰り広げ、勝利していました。

DRSゾーンの直前、DRS検知ゾーンの直後でライコネンを抜いたノリス。

DRSゾーンに入った頃には「後ろにいるライコネンがDRSを使えず、前にいるノリスはDRSを使える」というすごい構図に。

F1のルールどうなってんねん。

しばし退屈な中盤戦がつづき・・・・

フェルスタッペン 、不調

今回のレッドブル・ホンダは予選から苦戦していました。

どうやらメインで使われるソフトタイヤ(C2?)での調整がうまくいかないらしく、頑張ってもメルセデス、フェラーリにおいつけず。

決勝33周目では、なんと周回遅れのストロール(ミディアム7周)に抜かれる屈辱的なシーンも。

しかも、ピットでのタイヤ交換で作業ミスがあり、タイムロス。ちょっと不運ですね。

ベッテルvsハミルトン(後半戦)「俺たちのベッテル」

38周目、相変わらず争う元チャンプ勢。

カーブで2台がもみあい、突然ベッテルがスピンー!!!!

その後盛大に火花を吹いてハリウッドばりの爆発(?)をし、フロントウィングが吹っ飛びました。


1人で回ったように見えたけど・・・後ほどベッテルが言うに、リアが引っ張られてスピンしたそうです。強風のせいかな?とも言われてましたが。

ルノーの「前兆」

ここら辺で、ヒュルケンベルグとリカルドが同士討ち間際。

リカルドのタイヤがロックし、ヒュルケンベルグにかすったようで。ニコヒュルはちょっと怒ってましたね。

ルクレールの試練

ずっとP1を走っていたルクレール、突然エンジンがおかしくなったとラジオに悲鳴が。

ルクレール「エンジンが変なんだけど?!」

みるみるうちに落ちるタイム。

P2のハミルトンとの差が目に見えて詰まっていき、8秒差が7、6、5・・・

あっという間にハミルトンがP1へ。持ってるなーこの人。

ルクレールにできることは、エンジンを壊さないようセーブして走ることに。とにかく完走を目指すこと。

迫るP3のボッタス、P4フェルスタッペン 。

フェルスタッペン「このペースならいけるの?!」

いけるよ!!!フェルスタッペン &ホンダファン誰もがそう思いました。

タッペンのラジオはいつもキッズ目線が抜けてなくてかわいいなw

ルノー、キルスイッチ(比喩)

そして事件は起きました。ボッタスがP2に上がって、あと残り数周でフェルスタッペン が抜けるかどうか、というタイミングで。

ルノーのヒュルケンベルグとリカルドが、奇跡的な2台同時ストップでリタイア。

そして振られるイエローフラッグ、出動するセーフティーカー。

イエローフラッグが出ている間は、ドライバーは誰も抜くことができず順位が固定になります。もちろん、セーフティーカーが出ている間も。

「早く!早く再開しろおおおおおおお」とフェルスタッペン&ホンダファンは思い、

「最後まで再開すんな!!!!!」とルクレール&フェラーリファンは思ったことでしょう。

そしてそのまま、レースは幕を閉じたのです・・・。

2019年F1バーレーンGP:結果

結果はご覧の通りに。

ハミルトンはマシンを降りると真っ先にルクレールに駆け寄り、肩を強く叩いて激励しました。「君にはまだこの先長いキャリアがある。今が一番キツイのは知っている」とルクレール本人に伝えたようです。

ルクレールはインタビューに対して「モータースポーツはこういうこともある。これも人生、次は強くなる」と神のようなコメントをし、その器の大きさを見せつけてくれました。

フェルスタッペンは、「棚ぼたな勝利ならいらない。今日の僕らにP3の速さはなかった」とコメント。

事態は、とりあえずいいところに収まったかなと言う感じです。

それにしても、ハミルトンいっつも得してない?!?!w

ファステストラップ&ドライバーオブザデイ:ルクレール

今回のファステストラップ、そしてドライバーオブザデイは、両方ともルクレール。

誰も文句を言わない結果でしょう。本当に速かったし、コメントも大人で素晴らしかった。

今回のマックス・フェルスタッペン

オーストラリアよりもキツく、限界まで運転した。とマックス。ほんとはもっと悪い結果を予想していたようです。(何人か消えていったしね・・)

今回のピエール・ガスリー

「中国までには、強くなるためになんでもやる」とガスリー。

まだ結果に納得していないみたいだけど、今回はP8取れたから頑張ったよね。

次回は中国GP 4月12日〜(決勝は4月14日)

さて、次回は3戦目の中国GPです。

「上」の形の上海サーキット。直線をかっ飛ばすレースで、早いのはフェラーリかそれともホンダか!(メルセデスかもね)

▷DAZN(1ヶ月無料トライアル)公式サイト


F1イラスト&ゆるいファンコンテンツ
▼F1トップページはこちらのバナーから▼
スポンサーリンク

▶︎F1速報が月額380円でネットで読める!
楽天マガジン

【F1感想】バーレーンGP:ルクレール大波乱P3&ルノー呪われの同時リタイア
「F1観ようぜ!」のFacebookページをフォローして最新情報をチェックしよう!

シェア!