スポンサーリンク

F1のDAZN(ダゾーン)放送がすごい!フジテレビNEXTと料金や番組を比較してみた

この記事を気に入ったらシェアしよう

2017年からはじまったF1のDAZN(ダゾーン)での放送は、オンボードカメラやピットレーンカメラなどの専用チャンネルが同時放送されていて、白熱したレース展開をいろんなデータから楽しむことができます。

これまでフジテレビNEXT(スカパーなど)で見ていた人も、一見の価値あり!
これまではフジ一択だった私ですが、DAZNがAppleTVアプリ、そしてPS4(PS3)アプリに対応したことによって、大きなテレビでレースを見ることができるようになりました。

見てみたところ、かなり面白い点もあるので、フジテレビNEXTとDAZNを比較しながらご紹介します。

(2017/8/25追記:決勝のチャンネルからドライバートラッカーが消え、決勝本編、オンボードカメラ、ピットレーンの3種類の番組になりました。)

F1放送はフジテレビNEXT(スカパー)とDAZNの2種類

F1の放送を見る方法は、2017年現在では、フジテレビNEXT(スカパーなどで視聴可能)を契約する方法と、DAZN(ダゾーン)を契約する方法の二つがあります。

F1放送を見る方法(2017時点)
チャンネル 放送形態 月額料金 見るためのデバイス
フジテレビNEXT スカパー、CATVなど ¥1717
(スカパー基本料金¥421+チャンネル料金¥1296)
テレビ
PC、スマホ、タブレットなど(スカパーオンデマンド)
DAZN(ダゾーン) ネット放映 ¥1750 PC、アプリ対応しているデバイス
(PS4、PS3、AppleTV、Amazon Fire TV、他スマートテレビなど)

それぞれ、放送番組の内容やスケジュールに違いがあります。

これまではずっとフジテレビ系列が放送していたので、そのままスカパー契約で見ている人も多くいると思います。

F1チャンネルの種類と番組構成の比較

フジテレビNEXTは番組1本のみ

フジテレビNEXTでは、F1チャンネルは1つのみです。
というのも、フジテレビNEXT(チャンネル名)枠でF1を放送しているので、当然といえば当然ですね。

フリー走行、予選、決勝の全てを1本のチャンネルで放送しています。リアルタイム放送と、再放送が数回あります。

番組構成としては、レース展開やピットの様子などを写した映像とともに解説が流れる、まあ普通の番組です。

DAZNはオンボードカメラやピットレーンなどの専用チャンネルも

DAZN(ダゾーン)のF1チャンネル・フリー走行ピットレーンカメラ

DAZNの放送では、F1配信に複数のチャンネルがあります。

正確には、DAZNはネットTVの形態なので、複数のF1チャンネルがあるというよりは、DAZN内で複数の番組を同時に流しているという感じです。

以下のような番組があります。

  • レースの映像に解説を合わせたメイン番組
  • オンボードカメラ(車載カメラ)のみ(解説なし)
  • ドライバートラッカーのみ(解説なし)(2017/8/27修正)
  • ピットレーンカメラ
  • 特集番組、GPコンフィデンシャル

決勝と予選時は、メイン番組、オンボードカメラ、ピットレーンカメラ、ドライバートラッカーをやっています。フリー走行では、ピットレーンカメラの専用チャンネルがオープンしています。

上記の画像がピットレーンカメラのチャンネルですが、ファステストラップなどのデータのほか、右上にはピットレーンカメラの映像リプレイ、右下には公式ツイッターのツイートなどが表示されています。

マニアには嬉しい画面ですね。

また、GPコンフィデンシャルは英語放送ですが、各チームのマシンを詳しく解説していたり、マシンの詳細仕様の3D動画やデータがたくさんでていたりと、好きな人は大変好きな贅沢な内容だと思います。

スポンサーリンク

見逃し放送の比較

フジテレビNEXTはなんと見逃し配信なし・・

フジテレビNEXTでの見逃し配信対応は、年度によって違いがあるのですが、2017年度は見逃し配信なしとなってしまいました。

これは、録画機器もってない人にはイタイ・・・。

再放送は何度かあるので、カナダなどの深夜レースはそれを狙うことになりますね。
(私は再放送も見逃してしまいました・・・)

DAZNは見逃し配信あり

DAZNは期間限定の見逃し配信があります。
見逃し配信している期間は1週間くらいだと思いますが、レースのない週であれば次の土曜日でも見れました。

対応デバイスの比較

フジテレビNEXTはテレビ+オンデマンド放送

フジテレビNEXTは、基本的にはケーブルテレビでの配信であるため、テレビ環境での閲覧になります。加えて、オンデマンド放送もやっているので、PCやモバイルからでも視聴可能です。

ただ、オンデマンド放送はあまり使い勝手はよくないですね・・チャンネルまでたどり着くインタフェースがわかりにくいです。

DAZNはネットベースのマルチデバイス対応

DAZNはネットテレビなので、ネット環境を使った閲覧を前提にしています。

PCやモバイル(タブレットやスマホ)を使ってブラウザから閲覧することを想定しているので、画面がとてもわかりやすいです。

こちらは、iPhoneアプリの画面。

DAZNのiPhoneアプリ、F1番組一覧

DAZNのiPhoneアプリ、トップ画面

こちらはDAZNのトップ画面。

さまざまなスポーツを扱っています。モータースポーツは、F2やAMAスーパークロス、ポルシェスーパーカップなども放送しています。

サッカーのJリーグ放送が今年からDAZN独占なので、そちらで見ている人も多いかもしれませんね。

我が家はAppleTVのDAZNアプリを入れてみています。

AppleTVについての記事はこちら。

AppleTVでできることとは?家族で映画やサッカー、F1を見よう!
Jリーグもネット配信の時代になって、ますます注目を集めているネットTV。PCでも見れますけど、やっぱりテレビはリビングのテレビ画面で見たいで...

F1番組としてはどう?

一番の違いは解説者

ずっとフジテレビNEXTでF1を見ていた人には、解説者の違いが一番気になるところかと思います。

フジテレビNEXTの解説者は、おなじみの川井一仁さんの他、森脇基恭さん、今宮純さんなどが担当しています。(レースによって変化あり)

DAZNの解説者は、元F1ドライバーの方などが担当するようです。(毎回同じ人かは不明)

好みがありますが、フジでやっている川井ちゃんの独特のトークが聞けないのは、ちょっとさみしいですね・・・
DAZNの解説は、なんというか・・・普通です。テンションが。

チームラジオが流れる時の、

川井「あ、聞いてませんでした」

みたいなやりとりが無いのが寂しいですね(笑)

うるさいのが嫌いな人は、DAZNが良いかもしれません。

番組の中身としては、DAZNの方がマニアックです。

レース中にせり合いをしているドライバー間では、車間距離の比較データもリアルタイムで流れていました。

GPコンフィデンシャルの番組のほうも、いろいろなチームのマシンデータや3D動画がバンバン流れていますしね。

ツイッターしながらリアル観戦ならスカパー

私は番組をリアルタイムで見ているときは、ツイッターの#f1jpタグを一緒に見ていることが多いです。

そちらでは主にフジテレビNEXT側の解説や番組進行のことが話題になるので、番組としてはフジが捨てがたいです。

どちらで見るか迷いますね・・・。

まとめ

DAZNの良い点ばかりを紹介する形になってしまいましたが、いかがだったでしょうか。

これまでノーマークだった人は、ぜひ一度DAZNを見てみることをおすすめします。

しかしその上でも、フジテレビNEXTから離れられない・・という層も、F1ファンにはそこそこいるんじゃないかなという印象です。

あとは通信速度が耐えられるか・・という問題だけだと思うので、ここらへんは個人差もあるところなので、試してみるしかないかなと思います。

うちでは、見逃し放送では少し待てば高画質で見ることができました。

個人的には、F1を観るならスカパーよりDAZNのほうがコンテンツとして情報が多く、楽しめると感じました。

スポンサーリンク
F1のDAZN(ダゾーン)放送がすごい!フジテレビNEXTと料金や番組を比較してみた
この記事を気に入ったら
いいね
最新情報をお届けします。

この記事を気に入ったらシェアしよう