F1日本グランプリのチケット(座席)のおすすめは?景観や売店を比較【F1日本グランプリ観戦ガイド】

スポンサーリンク

F1の日本グランプリのチケットって、いくらかかるの?どこが良いの?そんな疑問にお答えします。

F1のチケットの値段は、数千円〜6万円以上とピンキリ。

座席ごとの違いを、マップ/景観画像/アクセス/行き方/施設情報(トイレや売店)まとめてご紹介するので、じっくりと検討して選びましょう。

「フェニックスA子が行く!F1日本グランプリ観戦ガイド」第4回目は、チケットと座席の選び方についてです。

F1日本グランプリのチケット(席種)と価格

出典:http://www.suzukacircuit.jp/f1/ticket/map.html

F1日本グランプリ(鈴鹿サーキット)のチケットの席種は、広いサーキット全体に広がっていて実に多種多様。

景観も、そして値段もピンからキリまであります。安ければなんでもいい!という人向けのアウトレットシートなんかもありますよ。

順番にご紹介していきましょう。

*この他の「F1日本グランプリ観戦ガイド」はこちらからどうぞ。

標準的な席(指定席+西エリア)

一番高いのは、サーキット中央、スタートグリッドの目の前のV1(大人64,300円〜)&V2(大人66,400円〜)席。

そして、最も安いのは西エリアを自由に行き来できる自由席チケット(大人9,000円〜)です。

席種 位置 値段(大人) 大型スクリーン
V1(1階)
V2(2階)
スタート付近 V1:64,300円〜
V2:66,400円〜
※レディースシート有
A1 スタート付近 42,700円〜
B1(1階)
B2(2階)
第1コーナー 44,800円〜
59,200円〜
※B2はレディースシート有
C 第1コーナー 29,300円〜 △(右端/左端)
D 第2〜5コーナー 19,100円〜 △(右端)
E 第2〜5コーナー 14,900円〜 △(右端)
I 後半のヘアピン 36,500円〜
Q1(1階)
Q2(2階)
最終コーナー 30,400円〜
49,900円〜
S(ファミリーシート) ゴール手前 41,100円〜
(大人1+子供1)
R ゴール手前 45,800円〜 △(左端)
西エリア
(自由席:G、J、L、M、N、O)
レース後半 9,000円〜 なし

随分と、値段の幅がありますよね。いい席にはそれなりに理由があるのです。

とはいえ、高いチケットをとても価値があると思う人もいれば、別にそんなに高くなくても十分と感じる人もいます。

その辺りは、のちほどご紹介していきましょう。

特別な席(ファミリーシート、Honda応援席、レディースシート、アウトレット)

通常の席の他には、次のようなものが用意されています。

  • ファミリーシート:大人と子供のセット席(位置はS席)
  • Honda応援席:トロロッソホンダを応援するための席(位置はC席)
  • レディースシート:女性専用(位置はV1、V2、B2)
  • アウトレットシート:視界が悪いため安い席。ほとんどの席カテゴリに設定されている。
  • 西エリアチケット:自由席。西エリアを自由に見て回れる。

今年はアウトレットシートが設定されたため話題を呼びました。安くで行きたい人には朗報ですね。

F1観戦チケット(座席シート)の選び方のコツ!

席を選ぶときに、どんな点に注意すればいいでしょう?

健康面でいうと、日陰があるか、救護室があるか。

そしてお子様がいらっしゃる方には、トイレがあるか、ファミリーにお勧めされているか(アクセスなどすべての面を含めて)。

コアなF1ファンには、私がいうまでもないかもしれませんが、駆け引きやテクニカルな面が見やすいポイントがあります。

また、全体を見渡したいか、近くで見たいか、この2つによっても選ぶ席が真逆になってくるようです。

どちらも両方は取れないので、自分がどっちを優先させたいかをまず決めましょう!

F1日本グランプリ、オススメのチケット(座席シート)はどこ?

おすすめの席というのは、見る人によって変わってきます。

公式情報を元に、次の4つに分けてみました。

  • 楽に観戦したい人におすすめ!:V1/V2席(グランド席)
  • 定番の位置から見たい人におすすめ!:A席、B1/B2席、C席(いずれも第一コーナーまわり)
  • 家族におすすめ!:S席(ファミリーシート)、R席(S席の隣)
  • コアなF1ファンにおすすめ!:D席(逆バンク〜ダンロップコーナー)、I席(ヘアピン)、Q1/Q2席(シケイン〜最終コーナー)

見事にバラバラですね。これだけいろんな席があると、何度でも楽しめそうです。

また、カメラマンは全く別のカメラマンエリアがあるので、公式サイトの情報をチェック!

F1日本グランプリの座席の詳細(位置、景観)

V1/V2席:グランドスタンド

F1日本グランプリ・V1席

F1日本グランプリ・V1席

F1日本グランプリ・V2席

スタート地点目の前、V1は1階、V2は2階席。鈴鹿で最も高いカテゴリになります。

V1は見晴らしは悪いですが、目の前にドライバーや車が。ドライバーに少しでも近づきたい!という人は迷わずV1ですね。ただしレースは、ストレートしか見えなくて少しつまらないかも。

V2は見晴らしが良く、場所によっては第1・第2コーナーや最終コーナー、そしてタイヤ交換の様子なども見えるため、多くの人はV2の方をオススメするようです。屋根があるのはV2のみ。

売店や表彰台(右端)が近いこともポイント高いですね。

席の細かい場所からの眺めを確認したい場合、公式サイトの下の方に動画がたくさん貼ってありますよ。

なお、ピットのどの位置がどのチームかは、約1ヶ月前に発表されます。2018年のピット位置はこちら。

F1 2018 日本グランプリ・ピット割

席種 V1/V2席
GPスクエアからの所要時間 すぐそこ(席による)
行き方 GPスクエアの近く。
トイレ 常設トイレあり。(ウォッシュレットつき)
売店 常設売店多数あり。GPエントランス横に大きなフードコートあり。

A1席:メインストレート

 

A1はスタート直後の熱い争いを見渡せる席。ストレートから第一コーナーまでの加速部分でのポジション争いを、横から見逃すことなく見れます。

席種 A席
GPスクエアからの所要時間 約5分。
行き方 GPスクエアの近く。
トイレ スタンド裏にはA1席専用のトイレあり
売店 スタンド裏にはA1席専用の売店・自動販売機あり。
GPエントランス横の大きなフードコートにも比較的近い。

B1/B2席:第1コーナー〜第2コーナー

B1/B2席は、第1コーナーに突っ込んでくる車をじっくりと見れる席。右側のエリアであればメインストレートも視界に入るため、スタートの攻防を楽しめます。

席種 B1/B2席
GPスクエアからの所要時間 約10〜15分。
行き方 GPスクエアからまっすぐ。
外部との行き来には1コーナーゲートを使うため、電車(鈴鹿サーキット稲生駅(伊勢鉄道))や駐車場のアクセスが良い。
トイレ B席裏。近くのC席にも女性用パウダールームあり。
売店 B席裏にあり。

C席:第2コーナー〜S字コーナー

 

C席は、第一コーナー後のS時カーブに入るまでを見渡せる席。Honda応援席があるエリアで、F1ファンに根強い人気を誇っているようです。

席によって見える風景がかなり変わり、大型ビジョンがあるのは両端になります。

GPスクエアからは15分程度かかりますが、ここだけで1日過ごせるように作られているようです。盛り上がるため、公式では家族連れにもおすすめされています。

席種 C席
GPスクエアからの所要時間 約15分。
行き方
  • GPスクエアからBスタンド裏を経由して1、2コーナー側から行く
  • GPスクエアから最終コーナー側のトンネルを利用して逆バンクとS字を経由して行く
トイレ 常設トイレに加え仮設トイレ。パウダールームあり。
売店 スタンドの裏側。

D席:S字コーナー〜逆バンク

 

D席はS時カーブから逆バンク、鈴鹿サーキットのテクニカルな部分が見えるエリアです。F1の細かい部分がみたい、玄人向け。D4は日陰になるエリアもあるようです。

席によって見えるカーブが異なるため、好みの場所を探しましょう。大型スクリーンは右端しか見えないようです。

また、E席横の大きな休憩スペース、オアシスエリアにも近いです。

席種 D席
GPスクエアからの所要時間 約10〜15分。
行き方 GPスクエアから最終コーナー側の逆バンクトンネルを抜ける。
トイレ D3裏に常設
売店 E席横の逆バンクオアシスエリアの売店。グルメ売店多数あり。

E席:ダンロップコーナー

 

E席は逆バンク〜ダンロップコーナーにわたるエリア。席によって見える景色が違います。

E1はサーキットが近く迫力の景観。E2は大型ビジョンが見えるエリアです。

E席横には逆バンクオアシスがあります。

逆バンクオアシス(E席横):多数の仮設トイレ、売店、自動販売機、救護所、授乳室、女性専用パウダールーム、大型テント(休憩や食事、雨宿りに)
決勝レース後は、コースウォークができる入り口にも近いそうです。
席種 E席
GPスクエアからの所要時間 約10〜15分。
行き方 GPスクエアから最終コーナー側の逆バンクトンネルを抜ける。
トイレ 常設トイレ、仮設トイレ多数。パウダールームあり。
売店 横に逆バンクオアシス。グルメ売店多数あり。

I席:ヘアピン

 

I席はヘアピンを見渡すための席。ブレーキングによる加減速の様子の一部始終を見ることができ、コアなF1ファンには好まれるエリアです。

ヘアピンの向こう側なので遠いですが、大型ビジョンもあります。レース後のコースウォークにもアクセス良し。

GPスクエアから約30分とかなり遠いため、1日ここで過ごすのが良さそう。逆バンクオアシスまでは5〜10分。救護所あり。

席種 I席
GPスクエアからの所要時間 約30分
行き方 GPスクエアから最終コーナー方面へ行き、130Rオアシスを経由。
周辺駐車場をご利用の場合は、西ストレートゲートを利用。
トイレ 常設トイレ
売店 I席裏に常設の売店エリアあり。昼食などを購入できる。
逆バンクオアシスまでは5〜10分。救護所あり。

Q1/Q2席:日立オートモティブシステムズシケイン

Q1/Q2席は、最終コーナー手前のシケインにある席。場所によってはすこしコースが遠いかも?

上段のQ2席は、シケインと最終コーナー、奥側のダンロップコーナー〜デグナーカーブ(1つ目)まで見渡せる席。場所によっては1、2コーナーを走るマシンも見えるそうです。

場所によってかなり見え方が違うようなので、公式サイトの動画を確認してみてください。

Q2席(公式サイト)

隣のR席裏にはシケインオアシスあり。

席種 Q1/Q2席
GPスクエアからの所要時間 約10分〜15分
行き方 GPスクエアから最終コーナー方面へ。
トイレ Q2専用常設トイレ
売店 Q2-3席から130Rへ繋がる道に売店(昼食購入可)。隣のシケインオアシスに、食事の売店や自動販売機など豊富。

R席:最終コーナー

 

R席は最終コーナーを一望する席。シケインを抜けて最終コーナーを突っ切る様子を横から見ることができます。

下部の席はフェンスが邪魔で少し見づらいかも。

「2017年より「ファミリー観戦おすすめエリア」となり、A1席と共に子ども料金がお求めやすい価格に改定されているので、ファミリーでの観戦を検討されている方にはおすすめ」と公式にはあります。

シケインオアシス(R席横):多数の仮設トイレ、売店、自動販売機、救護所、授乳室、女性専用パウダールーム、大型テント(休憩や食事、雨宿りに)

席種 R席
GPスクエアからの所要時間 約10分
行き方 GPスクエアからまっすぐ。
最終コーナーエントランスを利用すればモートピア側へのアクセスも簡単にできる。
トイレ スタンド裏がシケインオアシス。多数あり。
売店 スタンド裏がシケインオアシス。多数あり。

S席:ファミリーシート

S席は最終コーナーからストレートへ向かう様子を見渡せる席。全席ファミリーシートとなっています。

またS席裏は売店・トイレなどの設備も充実しており、GPスクエアにも近いため、子供連れでも安心して観戦できますね。

近くに大きな観覧車「サーキットホイール」があり、子供が喜びそうです。

席種 S席
GPスクエアからの所要時間 約5分
行き方 GPスクエアからまっすぐ。
最終コーナーエントランスを利用すればモートピア(遊園地)側へのアクセスも簡単にでき、遊園地で遊びたい子供にぴったり。
今年オープンした「DUEL GP」、「レーシングシアター」にも2~3分。
トイレ R席のスタンド裏がシケインオアシス。多数あり。
売店 R席のスタンド裏がシケインオアシス。多数あり。

また、決勝後にファミリー限定でメインストレートを解放するそうですよ!

他にもファミリー向けの特典がまとめられているので、公式サイトをご覧ください。

まとめ

F1日本グランプリのチケット(座席)は、値段、見える景色、楽しめるポイント、本当にバラバラです。

チケットを選ぶときは、自分や家族が何を優先するかを考え、じっくりと選びましょう!

*この他の「F1日本グランプリ観戦ガイド」はこちらからどうぞ。

スポンサーリンク
F1日本グランプリのチケット(座席)のおすすめは?景観や売店を比較【F1日本グランプリ観戦ガイド】
「F1観ようぜ!」のFacebookページをフォローして最新情報をチェックしよう!

シェア!

スポンサーリンク
北海道の空き地を収入に変えるサービス
アメリカのサプリを安く通販
フェニックスA子

フリーランス主婦(38)。元SE で現在はクラウドソーシングでのお仕事。家族構成は夫と娘。 檜山郡江差町〜函館⇨2018から東京。札幌にも出没。趣味は旅行とF1とサッカー。現在は主にF1ページでイラストや観戦ガイドを作成しています。