【F1】2019年レッドブル・ホンダ爆誕!今年のイカしたドライバーを紹介するよ!

F1トップチーム「レッドブル・レーシング」が、2019年から日本のホンダエンジンと契約!嬉しいのでファンイラストともにドライバーを紹介します!

私の独断のドライバー紹介とあわせてご覧ください。

2019年は「レッドブル・ホンダ」に!日本のホンダがレッドブルへエンジン提供を契約、

こんにちは、F1ブロガーのフェニックスA子(@lipton_milk999)です。

レッドブル・レーシング&マックス・フェルスタッペン推しです(笑)

日本のF1ファンがかねてから期待していたホンダのエンジンが、ついにトップチームの一員としてレースに参加することになります!

ホンダは2018年もすでに「トロロッソ・レッドブル・ホンダ」として、レッドブル・レーシングの姉妹チームにエンジンを提供していますが、来年度からは合計2チームへ供給することとなります。

詳しいニュースは、こちらにも掲載されています。

レッドブル・レーシングは現在のF1でトップ3に入る実力チーム!

日本のF1ファンは、1980年代からのホンダを知っている歴代のF1ファンばかりと聞きます。

私自身はまだF1ファンは浅いですが、職場の上司に昔のF1はなぁ〜!と語られたものです。

そんな、かつてのF1ファンがかねてから待ち望んでいた「ホンダのF1復活」。

それが、「レッドブル・ホンダ」として2019年から復活します。

(2015年からマクラーレン・ホンダとして復活はしていたのですが・・w、改めて。)

マクラーレン・ホンダでの苦難を乗り越え「レッドブル・ホンダ」へ

2015年にホンダが再びF1へ参戦してから3年、マクラーレン・ホンダとしてマクラーレンにエンジンを供給するものの、思うような結果を出せず苦しい時期を送ってきました。

そして今年は「トロロッソ・レッドブル・ホンダ」として新たにエンジン供給先の契約をし、上り調子になっていたところにこのニュースです。

レッドブル・レーシングは、現在のF1でメルセデスAMG、スクーデリア・フェラーリと肩を並べるトップ3チーム。

そこに、ホンダのエンジンが使われるということは、日本のF1ファンにとってもかなーり衝撃的で喜ばしいニュースです。

現在のレッドブル・レーシングのドライバー二人をご紹介!

ここで、最近はF1から離れていたよ!というF1ファンのために、現在のレッドブル・レーシングのドライバー二人をご紹介します!

写真を勝手に使うのがはばかられるので、私のイラストで代わりにします。

紹介文は主に私の感想です。

ダニエル・リカルド(Daniel Joseph Ricciardo)

ダニエル・リカルド

言わずと知れたレッドブルの名物ドライバー、ダニエル・リカルド。オーストラリア出身。28歳。(ダニエル・リチャルドなどとも表記されます)

スクーデリア・トロロッソを経て、2014年より現在のレッドブル・レーシングに所属。

実力はあるものの、チーム側のミスやさまざまな不運にみまわれ、いつも惜しくも表彰台を逃しているイメージ。

陽気な性格とチャーミングな笑顔が特徴で、SNSなどではいつも、同僚や敵ドライバーのおもしろ写真をあげたりしている。(盗撮が多い)

特技は表彰台で見せるパフォーマンス「シューイ」。

数時間にも及ぶレースを終えた後のホットな靴を脱ぎ、そこにシャンパンをいれてそのまま飲む。

たまに周りのドライバーにも飲ませようとするからたまらない。

この行為に不快感を示す者もおり、ルイス・ハミルトンは「シューイは気色悪い、絶対にやらない」と宣言している。(Wikiより)

表彰台だけでなく、常に盛り上げ役で、顔も性格も濃い男である。

イラストはちょっとイケメンに描きすぎた。w

マックス・フェルスタッペン(Max Emilian Verstappen)

マックス・フェルスタッペン

一昨年の2016年スペインGPにて、わずか18歳、F1最年少の優勝を果たした超大型ルーキー。ベルギー出身。父親は元F1ドライバーのヨス・フェルスタッペン。

わずか4歳でカートレースの世界にはいり、公式自動車免許を得ないまま、17歳でF1レーサーに。

あまりに早すぎるデビューに、F1公式はその後「F1レーサーは最年少18歳、自動車免許を保持していること」と条件に追加したほど。

性格はレッドブルらしく猪突猛進で、若さと勢いにまかせた果敢すぎるオーバーテイクが特徴。

そのスタイルはF1デビュー当初から3年経った現在も変わっていない。

2018年に入ってからというもの、度重なるクラッシュ(ひどい時は同僚のリカルドを巻き込んでの)を繰り返しており、方々で議論を巻き起こしている。

先日のF1速報では「フェルスタッペンは悪童か?!」という特集記事を組まれたほど。

本人は「うるさい黙れ」という姿勢を貫いている。

彼が日本人注目のドライバーになるとすれば、批判は免れないかも知れない・・。

私は好きです。レースを面白くしてくれるから。w

まとめ

そんなレッドブル・レーシングと熱きドライバー二人が、(2019年も契約が続くならば)レッドブル・ホンダとしてレースをする日も近いということですね。

端的に言って、めっちゃ楽しみです。

鈴鹿サーキットの日本GPへ行くのが、俄然楽しみになりました。w

スポンサーリンク
【F1】2019年レッドブル・ホンダ爆誕!今年のイカしたドライバーを紹介するよ!
「F1観ようぜ!」のFacebookページをフォローして最新情報をチェックしよう!

シェア!

スポンサーリンク
北海道の空き地を収入に変えるサービス
アメリカのサプリを安く通販
フェニックスA子

フリーランス主婦(38)。元SE で現在はクラウドソーシングでのお仕事。家族構成は夫と娘。 檜山郡江差町〜函館⇨2018から東京。札幌にも出没。趣味は旅行とF1とサッカー。現在は主にF1ページでイラストや観戦ガイドを作成しています。