スポンサーリンク

新型N-boxのシートアレンジをチャイルドシート付きで紹介!ベビーカーもそのまま積めます

2017年9月1日に新型にモデルチェンジしたN-boxを、シートアレンジを中心にファミリー&子育て世代の視点からレビューします。

チャイルドシートを積んだ場合のサイズ感やアクセス、ベビーカーを積むためのスペースなど、赤ちゃんや小さいお子さんのいるファミリー向けにとって気になる情報を写真付きでご紹介します。

スポンサーリンク

新型N-boxはパワフルで快適な「軽らしくない」軽

2017年9月に新型にモデルチェンジしたN-box。
話題のホンダセンシングターボエンジンを搭載可能で、従来の軽自動車のイメージを覆すパワーと快適さを備えた軽自動車です。

全グレードのホンダセンシングを標準装備

安全に、楽にドライブができるよう様々なアシストをしてくれるホンダセンシング。
新型N-boxにはこのホンダセンシングが標準搭載されています。軽自動車では初です。

速度を一定に保つ機能ブレーキアシスト、車線の中央を走れるよう手助けをしてくれるハンドリングアシストなどがつくことで、長距離ドライブでも疲れず快適に運転することができるようになりました。

ターボエンジンを選択可能

軽自動車といえばどうしても、坂道がきつい、発進時にもたつくといったエンジンパワーの弱さが気になるところです。

N-boxはグレードによりターボエンジンを搭載可能で、軽自動車のエンジンの非力さにイライラしてしまうタイプの人でも快適なドライブができます。

グレードの選び方によっては、「軽自動車らしくない」ラグジュアリーな軽自動車に仕上げることができます。

ファミリーに嬉しい自由自在なシートアレンジ

子育て世代にとって最も気になるのが、車内空間の快適さとシートアレンジです。

子供連れだと座席にチャイルドシートを設置しなければならず、子供の年齢によってはさらにベビーカーも乗せなければならないため、軽自動車だと車内が手狭になってしまいます。

新型N-boxはこういった車内スペースの問題を、様々なシートアレンジのバリエーションで解決してくれます。

以降の章では、写真つきでシートアレンジを紹介します。

スポンサーリンク

助手席のシートアレンジ

助手席はグレードによって自由度が変わる

助手席のシートアレンジは、グレードによって自由度が変わります。

より自由なアレンジを楽しみたい場合は、「スーパースライドシート仕様」のグレードを選ぶことになります。
普通の助手席シートとの価格の差は5万円です。

人によっては高くも安くも感じる値段ですが・・・違いは以下の通りです。

助手席のスライド幅が広い「スーパースライドシート仕様」

スーパースライドシート仕様の場合、助手席のスライド幅が57cm。

これがどれほどのものかと言うと、最大限前にずらすと運転席と後部座席を行き来できます。

最大限後ろにずらすと、助手席と後部座席を行き来できます。

上の画像は、助手席を後ろにずらした状態です。
運転席と助手席の間に、隙間があるのがわかります。

大人が行き来するにはかなり狭くはありますが・・・・一応、可能です。

助手席から後列のチャイルドシートへアクセス可能

スライドシートの使い方として最もありそうなのが、後ろのチャイルドシートに座った子供に手を伸ばすという使い方でしょう。

上記の写真は、助手席に座ったまま座席を後方にスライドして、手を伸ばした状態です。

チャイルドシートに座った子供に触れることができる距離になります。

横から見るとこんな感じです。
助手席が後ろに下がっていて、後部座席のチャイルドシート側は少し前に出ている状態です。

赤ちゃんのお世話ができる

赤ちゃんが小さい頃は、ベビーシートに座ったまま寝てしまって頭がかっくんかっくんと前に倒れてしまって危険、ということがよくありました。

手が届けば頭の位置を修正してあげたり、よだれを拭いたり、飲み物を飲ませてあげることができるようになり、安心して助手席に座ることができます。

後列にチャイルドシートを積んだサイズ感

後部座席にチャイルドシートを積むと、二人乗りの一人分はぴったりと埋まるほどの幅になります。
(このチャイルドシートは、RECAROのStart07です。)

また、車内は高さがあるためチャイルドシートへ子供を出し入れする際に、頭がぶつかるほど狭い・・ということはありませんでした。
不自由なく子供を乗せれる点が良いですね。

後列のシートアレンジ

後列(リアシート)のシートアレンジは、シートの左右別々に動かせるようになっています。

跳ね上げ:ベビーカーを畳まずにそのまま積める

リアシートは、畳んで跳ね上げることができます。
かなりの空間が空くため、ベビーカーを畳まずに入れることができます。

ストローラータイプのB型ベビーカーの場合、畳むのが面倒な種類も多いので、そのまま載せられるのはかなり楽チンですね。

大きな荷物を入れることもできます。

背を倒す:大きい・長い荷物を積める

こちらは、背を前に倒した状態。
荷台とあわせると前後の空間がさらに広くなり、長い荷物を積むことができるようになります。

また、床と違ってシートの背面は綺麗なので、地べたに置きたくない荷物なんかを積む場合はこの形の方が良いですね。

トランク・荷台

荷台の写真です。
左側のシートは最後方まで下がっていて、右側のシートは少し前に出ている状態です。

畳んだベビーカー(A型・B型)が積める

ベビーカーを畳んだ状態で積むことができます。
A型でも大丈夫だそうですが、ものによっては少しリアシートを前に移動する必要がありそうです。

また、リアシートの背がリクライニングして傾斜がついているため、リアシートを最後方にスライドしていても、荷台の足元には空間が空いています。

畳んだ状態で棒状になるストローラーやB型ベビーカーなどは、リアシートが下がったままでも積めるものも多いと思います。

まとめ

新型N-boxの中でも、子育て世代の観点からシートアレンジを中心に紹介しました。

助手席はスーパースライドシート仕様のありなしで自由度が分かれており、後部座席へのアクセスが良いのはスーパースライドシートのついたグレードで、無いものと比べて5万円高くなります。

後部座席に子供が乗る場合は、付ける価値はあるでしょう。

またリアシートは左右別々にスライドでき、跳ね上げや背もたれを倒す形態も取れます。

後部座席の片方を潰すことで、ベビーカーを畳まずに乗せたり、大きな荷物を積むこともできるようになります。

赤ちゃんや小さい子供のいる家庭が、ちょっと困ることを解決してくれるシートアレンジになっています。

次回の記事では、ホンダセンシングとターボエンジンについて、試乗の感想を交えながら報告する予定です。

新型フリードの記事はこちら。

新型フリードは子育て世代に最適なミニバン。ベビーカー縦置き、オムツ替えも。
新型フリードは子育て世代に最適なミニバン。ベビーカー縦置き、オムツ替えも。
ホンダが2016年9月に最新設計で発売したファミリー向けミニバン、新型フリードは、厳しい北海道の冬でも車内で赤ちゃんのお世話(オムツ替え、休...
スポンサーリンク
新型N-boxのシートアレンジをチャイルドシート付きで紹介!ベビーカーもそのまま積めます
この記事を気に入ったら
いいね
最新情報をお届けします。

この記事を気に入ったらシェアしよう

楽天ウィジェット


フェニックスA子

北海道に住む主婦37歳。高齢出産にめげずに娘ちゃん育成中です。抱っことか正直つらい。
田舎在住のため、デバイスの力を借りて世界と繋がるライフスタイルを追求します。
趣味は旅行(海外)、サッカー、F1など。