スポンサーリンク

ライティングデスクはニトリのタンブレロがオススメ。リビングに置いて子供の学習机にも。

この記事を気に入ったらシェアしよう

転勤族の悩みは、気軽に家具を増やせないこと。どうせすぐ引っ越しますから。

でも、最低限のデスクスペースは欲しいですよね。リビングでちょっとした家計簿をつけたり、ブログを打ったりするのにちょうど良いデスクを探していました。

ニトリのタンブレロというライティングデスクは、横幅は80cm、奥行きは30cmと壁際に寄せることができ、とても省スペースです。高さは120cmありますが、棚の柵の高さなので、実際の棚の高さは90cm程度しかなく、広くないリビングでも、景観を圧迫しません。
ご飯待ちの間の、リビングでの子供の学習スペースにもなります。

転勤族におすすめのライティングデスクです。

アイキャッチ画像出典:ニトリ公式HP(https://www.nitori-net.jp/store/ja/ec/6105130?ptr=item)

転勤族の悩み「家具を増やせない」は、床面積コスパで解決!

転勤族は、しょっちゅう引越しをします。

しかも、間取りは引っ越すたびに変わり、事前に予測できません。
このため、引越し費用がかさむ、置き場所がないかもしれない、という状況から、新しい家具を増やせないと言う悩みがあります。

とはいえ、必要最低限の収納は確保しないと、片付かないし、必要なものがどこにいったかわからず、ぐちゃぐちゃに・・・。

特に、書き物をする趣味の人は、作業場兼、物置場が必要。
床面積をとらないデスクはないものか。

ついでに、子供に触られないとなお良し!

(さらに安いとなお良し)

という、わがままな悩みを解決するデスクを探していたところ、いいのを見つけました。

ニトリのライティングデスク「タンブレロ」は、適度な高さと薄い奥行き、丈夫な造り。


ライティングデスク(タンブレロ 80 MBR) ニトリ 【送料有料・玄関先迄納品】 【1年保証】

天板を下ろした(閉じた)状態。

画像で見てわかると思いますが、省スペース、大収納。

ライティングデスク「タンブレロ」の良い点

買うにあたり、ライティングデスクを色々と比較てみました。
私が思う「ニトリのタンブレロの特徴」は、以下の点です。

【良い点】

  • 奥行きが薄い(29cm)
  • 天板の支えがしっかりしている(扉には固定用のマグネットつき)
  • 天板を支える扉は、タイヤつきで出し入れしやすい
  • 天板上部にも棚があり、高すぎずそこそこおシャレ
    (倒れてきそうな、大げさな棚ではない)
  • 天板上部の棚には、ある程度のスペースがあり、小型ならノートパソコンを押し込んで使うことも可能。
    (高さは23cmまでのモバイルノートなら可能)
  • ノーパソを、最上段の棚に置くことも可能
  • 下の戸棚は、棚の高さが変えられる
  • とにかく安い(9200円)
  • 薄さの割に構造がよく、組み立て家具でもぐらつかない
  • 子供が下の扉を開けれない造り
    (天板収納時のみ。机にしている間は開きっぱなしですが・・)

【イマイチな点】

  • 組み立て労力がいる
  • 複合機(スキャン天板のある大きめのプリンタ)が置けない

どうでしょうか。

ポイント、多いですね(笑)
欲張りなんで・・。

複合機を収納できたらよかったんですけど、うちはコンパクトさを優先しました。

天板の奥にノーパソを押し込めると言う点は、ノーパソをディスプレイにして、手前にタブレットペンなどを使う場合があるため、ノーパソの手前側にスペースが欲しかったのです。

スポンサーリンク

実際の写真

実際の写真です。借家の生活感満載ですが・・(笑)

椅子は別売り。

下の棚は、まだ物がはいってません。
何を入れようかな。

閉じるとこんなかんじ。
子供が棚をあけることは、できなくなります。

プリンタは・・・はみ出してしまうので、居場所なさそうに左に積まれています(笑)

横から見た感じ。
足を入れるスペースは余裕であります。
ライティングデスクって、ものによっては、この足をいれるスペースがないものがあるので、注意です。

Macbookが押し込めるサイズ。

上の据え置き型VAIOは、開くと下の棚には入らないです。

デスクライトを置いていますが、このコードを、棚の隙間から奥に落とし込むことができるので、気に入っています。

組み立てはどのくらい大変?

組み立て労力は、公式が言うに「二人で90分」です。

実際は・・・

大枠をくみ上げるまでは二人必要(かなり推奨)で、30分もあれば、一人作業できるとこまで進みます。

私自身は、大きな組み立て家具でも、壁などを支えにして、一人でなんとかしようというタイプでした。

このデスクは・・・

一人でもいけなくもないですね。電動ドライバあれば。
ただし一人だと、組み上げの際に、階段などの段差を使って板を支えねばならないです。この点、二人いると良いです。

両側が一枚板で、その合間に骨組みとして縦横に棚が入っているので、ぐらつきは少ない構造だと思います。

可動式なのは、下の棚の上下を分ける板だけで、残りはすべて固定式なので頑丈です。

転勤族向けの家具、また何かあれば紹介したいと思います。

スポンサーリンク
ライティングデスクはニトリのタンブレロがオススメ。リビングに置いて子供の学習机にも。
この記事を気に入ったら
いいね
最新情報をお届けします。

この記事を気に入ったらシェアしよう