スポンサーリンク

サッポロビール園、赤ちゃん連れにはライラック館がおすすめ。いろんな味の味付けジンギスカンが絶品。

この記事を気に入ったらシェアしよう

赤ちゃん連れでサッポロビール園に行ってきました。サッポロビール園は事前予約が必要で、全部で5つの館(ホール)がある、大型のジンギスカンレストランです。
その中でも、赤ちゃん連れにオススメなのはライラック館です。全面禁煙で、かつ収容人数も約80名と少ないため、通常のレストランのような落ち着いた雰囲気で食事ができます。
味付けジンギスカンは味が豊富で肉質もよいです。また、ジンギスカンがあまり好みでない人向けのメニュー(アラカルト)も用意されています。

予約の仕方から、ライラック館のオススメメニューまでをご紹介します。

サッポロビール園には5つのホールがある

サッポロビール園には、収容人数やメニューが違う5つのホールがあります。それぞれが独立したメニュー体系で、別のレストランと思っていただいて良いです。

  • ケッセルホール:ドイツのオクトーバーフェスト風大型ビアホール。
  • トロンメルホール:ジンギスカン+寿司、カニが食べれるテーブルビュッフェ。
  • ポプラ館:ケッセルよりはレストラン風の大型ビアホール。
  • ライラック館:通常のレストラン規模の小さなテーブルジンギスカン。アラカルトあり。
  • ガーデングリル:上質な肉と上質な席。落ち着いて食事したい人向け。

ドイツの大型ビアホールをイメージした館から、上質なレストランまで。

ケッセルホール(550席)、トロンメルホール(208席)、およびポプラ館(1000席)は、大収容人数の大型ビアホールです。
それぞれ雰囲気が異なっていて、好みのホールを選べるようになっています。

中でも、大型ビール窯があるケッセルホールは、サッポロビール園のシンボルだそうです。

ただ、小さいお子さんづれの場合は禁煙であるかどうか、ベビーカーが寄せられるかどうか、といった細かな点が気になりますよね。

大型ビアホールを選べるのは、お子さんがある程度成長してから(子供椅子で食事ができる程度)かな、と思います。

全面禁煙はトロンメルホール、ライラック、ガーデングリル

5つの館の中で、全面禁煙なのはトロンメルホール、ライラック、ガーデングリルの3つ。

この中で、子供連れで行きやすいのは、ライラック館です。
トロンメルホールは広めなので、ざわついた感じが気にならない方なら大丈夫だと思います。

ガーデングリルは上客向けなため、騒がしくしてしまう恐れのある小さい子連れの場合、周りが気になってしまうかも。

今回私たちは、赤ちゃん連れ(ベビーカー持参)でライラック館に行きましたので、後ほどそのご紹介をします。

サッポロビール園の予約の仕方

予約は、インターネットの予約フォームから、予約の3日前までに行います。

予約時には希望日時、希望の館(ホール)、希望があればメニューを申し込みます。もちろん、席だけの予約も可能です。

予約フォームから申し込むと、仮予約として扱われ、正式に予約が取れたかどうかは返事待ちとなります。
無事、予約が取れたと言うメールが届くと(電話が良い場合は電話でも可)、あとは当日に行くだけです。

なお、当日はまず各レストランに行く前に「総合受付」に寄る必要があるので、ご注意ください。

スポンサーリンク

ライラック館の席

赤ちゃん連れで、ライラック館に行ってきました。

あらかじめ、予約フォームから「ベビーカーを寄せられますか?」と問い合わせたところ、配慮してくれるとのこと。

大人4人+幼児1人という申し込み方をしていたら、子供用の椅子、お皿、スプーンとフォークなどを用意していてくれました。

あいにく、まだ生後半年で使えなかったため、片付けてもらいましたが・・・
子供づれにも、親切なレストランです。

テーブルの横にベビーカーを寄せて、おじいちゃんに遊んでもらいながら、ご機嫌で過ごしている赤ちゃん。

テーブルの中央にプレートがあるのですが、プレートがテーブルにめり込んでいる形になっているので、赤ちゃんまで油が跳ねてくることはありませんでした。

煙がでないよう配慮してあるようで、赤ちゃんが煙たくて辛いということもありませんでした。

ただ、洋服や持ち物はジンギスカン臭くなるので覚悟してください(笑)

洋服やバッグなどの持ち物をビニール袋に包むように、ビニールをくれるのですが、まあ、気休め程度ですね・・。

基本は食べ放題

ライラック館・ランチタイムのメニュー(2017年3月時点)

ライラック館・ランチタイムのメニュー(2017年3月時点)

基本的には、食べ放題または食べ飲み放題が中心です。
写真は、ランチタイムのメニュー。ディナー時は別になるのでご注意ください。

このほかにも、単品料理も頼めるようになっています。
(ただ、ポテトや唐揚げなどの多くの単品メニューは、食べ飲み放題に含まれているため、あまり頼む機会もないかもしれません。)

味付けジンギスカンは個性的な味がたくさん

一般的な味付けジンギスカンというと、いわゆる「タレ味」でしょう。

ライラック館の味付けジンギスカンは種類が豊富で、どれもとても美味しいです。

  • 醤油/塩/漬込み/ハーブ/ニンニク塩/辛味噌/

個人的には、ハーブが一番美味しいと思いました。それから、ニンニク塩も美味しかったです。

それから、トラディショナルジンギスカン(マトンロール肉)も人気。

ロール肉は、北海道の大学生には人気らしいですね。

焼き野菜も分厚い玉ねぎ、カボチャなど豊富に揃っています。

野菜を載せすぎて混雑しているプレート(笑)
細かいことは気にしないのが北海道流らしい、です。

アラカルトもいろいろなものがあるのですが、もったいない気がしてお肉中心で食べてました(笑)

最後の締めはアイスクリーム

バニラ、メロン、チョコレート、あと何かあった気がしますが忘れてしまいました・・・

写真は、バニラと、ベルギーチョコレート。
バニラは定番の美味しさで、ベルギーチョコレートはビターな味がして濃厚でした。

美味しいので3つくらい食べれそうです。

ライラック館、いろいろな味があるため飽きが来ず、大満足でした。
また来たいと思えるレストランです。

スポンサーリンク
サッポロビール園、赤ちゃん連れにはライラック館がおすすめ。いろんな味の味付けジンギスカンが絶品。
この記事を気に入ったら
いいね
最新情報をお届けします。

この記事を気に入ったらシェアしよう