新型フリードは子育て世代に最適なミニバン。ベビーカー縦置き、オムツ替えも。

1ページ目では、一列目の写真を紹介しました。

また、ベビーカーとチャイルドシートの置き場所については、こちらの記事で説明しています。

新型フリードのシートアレンジ例。ベビーカーとチャイルドシートの置き場問題
新型フリードのシートアレンジ例。ベビーカーとチャイルドシートの置き場問題
新型フリードは色々なシートアレンジが楽しめるミニバンです。 子育て世代にとっての一番の悩みは、最強に邪魔な二大アイテム「ベビーカー」と「チ...

2列目にシートバックテーブルを設置して、カフェテリア並みのくつろぎ空間に。

赤ちゃんがいるとドライブスルーをよく利用するので、車内で食べれるように、シートバックテーブル(オプション)をつけています。

新型フリード2列目シートバックテーブル

新型フリード2列目シートバックテーブル

以前の車では、座席につけるテーブルは市販品を使っていました。でもシートの頭のところから接続するタイプが多くて、どうしてもグラグラするんですよね。 やっぱり純正品がいいです。背面の接続コネクタから直接生えています。(取り付けはディーラーさんがしてくれたので、自分でしていないから詳細は分かりませんが・・)

スポンサーリンク

シートアレンジの一例。運転席や助手席をベンチにすれば赤ちゃんが落ちない。

フリード(プラスではない方)は、1列目と2列目を接続してそれなりにフラットにできます。運転席、または助手席のヘッドレストを外して、背もたれを倒すとこんなかんじ。

新型フリード運転席シートアレンジ1

新型フリード運転席シートアレンジ1

休憩中に赤ちゃんを2列目に寝かせて、様子を見ることができます。

新型フリード運転席シートアレンジ2

新型フリード運転席シートアレンジ2

背もたれに座ったらこんな感じ。 座ることが推奨されているわけじゃないと思いますけど、そんなに重くない人なら壊れない程度には丈夫です。 赤ちゃんは横になって足をばたつかせてご機嫌。 (身長は70cmくらいあります)

新型フリード運転席シートアレンジ3

新型フリード運転席シートアレンジ3

様子を見ながらお昼ご飯を食べれます。

オムツ替えはどこでするの?

子供が生まれてから、まず困ったのはオムツ替え。
病院に行ったりするのに車を使うのですが、2列目には存在感のあるベビーシートが・・。 これさえなければオムツを替えられるのですが。

冬の北海道では、ドアを開けて大人が外にでたままのオムツ替えはまず無理です。 5人乗りの車では、それがメジャーな替え方なんでしょうけど。
2列目にベビーシート積んで、赤ちゃんを寝かせたら、大人が入る場所がないですよね。

新型フリードでオムツ替えをしたいという場合、以下の3パターンが可能だと思います。

  • 2列目に赤ちゃんを寝かせる(1列目を前にスライド)

運転席か助手席を最大限前にスライドし、2列目の足元に大人が入って赤ちゃんのお世話をします。

  • 2列目に赤ちゃんを寝かせる(1列目を後ろに倒す)

上記の写真のように、運転席か助手席をベンチにして、赤ちゃんのお世話をします。(ヘッドレスト外すのが面倒だけど、こっちの方がお世話は楽そうです。)

  • 3列目に赤ちゃんを寝かせる

シートアレンジは2列目を最大限前にスライドするか、あるいは2列目の片側を跳ね上げます。大人が3列目の足元に座ってお世話ができます。 赤ちゃんや大人が小さければ、3列目のみでも、一緒に座っていけると思います。

大柄な男の人でも、2番目ならいけそうですね。

関連する記事では、ホンダの売りである「ホンダセンシング」機能や、ハンドルまわりのステアリングスイッチやナビゲーション、Apple CarPlayについて掲載しています。

また、新型N-boxの記事はこちら。

新型N-boxのシートアレンジをチャイルドシート付きで紹介!ベビーカーもそのまま積めます
新型N-boxのシートアレンジをチャイルドシート付きで紹介!ベビーカーもそのまま積めます
2017年9月1日に新型にモデルチェンジしたN-boxを、シートアレンジを中心にファミリー&子育て世代の視点からレビューします。 チャ...
スポンサーリンク

シェア!