スポンサーリンク

原因不明の体調不良には、日水清心丸という秘伝の漢方が効くかもしれない。

この記事を気に入ったらシェアしよう

夫が原因不明の体調不良で3週間近く熱が下がらず、義実家の母が「最後の手段に使う秘伝の漢方」と持ってきてくれたのが、日水清心丸です。金箔に包まれた、すごく高価な漢方薬でした。
水戸黄門が印籠の中に入れていたという、秘伝の薬らしい。
EXILEも飲んでるということで、少し前に話題になったこともあるようです。
果たして、効くのか。

夫とともに、ただの風邪っぽい私も飲んでみました。

このページでは、「よく分からないけど体調が悪い」時に漢方がどう役に立つかについて紹介します。
実際に漢方医の触診を受けた時の私自身の経験談と、今回夫が飲んで見た日水清心丸についてご紹介します。

日水清心丸の結果は、夫の場合「少量ずつ数日飲んで見たら、ちょっとずつ良くなってる」というものなので、がっかりされないよう先にネタバラシをしておきます。
ただの風邪とストレスっぽい私が飲んだ場合は、元気になりました(笑)

(2017/4/8追記)
1/4ずつ1週間、全部で2丸ちょっと飲んだところ、一ヶ月近く毎日続いていた夫の熱が下りました!!
解熱剤なしでも、発熱は徐々に下がってきて、今ではすっかり普通になりました。
効果あると思います。嬉しいです。

日水清心丸(ニッスイセイシンガン)という薬

初めてみた、なんか凄そうな小さい薬。

開けてみると、まん丸い白いプラスチックに金の印が押されています。
なんだか高そうな・・・と思ったら、なんと1つ3000円もするそう。

しかも、用法用量は1日2丸

1日6000円?!

ほんとにそんな飲まないかんの?!てか、効くの!?

この薬が何者なのかを説明する前に、まずは体調不良と漢方について、お話ししたいと思います。

日水清心丸って、どんな時に飲むの?(経験談)

この薬は、義母が持ってきてくれたものなのですが、「どうにも体調が悪いけど西洋の薬が効かない」というような時に、大事に飲む薬として使っていたようです。

例えば義父の場合だと、病気になってしまったとき、医者でいろいろな薬を処方されたけど、体に合わず、薬疹だらけになってしまった時など。

どうにも調子が悪い、でもよくある手を尽くしたけどどうにもならない。

医者に行っても、原因不明、あるいは虚弱体質などで片付けられてしまうような場合に良いんだとか。

ネットで情報を調べてみると、同じようなことが書いてありました。
例えば、熱中症で倒れて急いでなんとかしたい時に、口に含ませたら回復した、など。

なんだか曖昧な情報ではありますが、漢方とはもともとそういう性質のものだと聞いたことがあります。

ここではまず、体調不良と漢方について、私の経験談を少しご紹介します。

スポンサーリンク

原因不明の体調不良、助けてくれた東洋医学の医者

一見するとうつ病みたいな症状だった

私自身、仕事が忙しくて、どうにも慢性的に体調が悪かった時期がありました。

その時はこういう状態でした。

  • 朝起きれない
  • 頭が重い
  • 目の焦点が定まらず、視界が狭い感じがする
  • とにかく体がだるくて具合が悪い
  • 熱は微熱があったりなかったりする
  • 梅雨時期など、気圧が下がると特に症状がひどい

まあ、普通に言えば「鬱なんじゃないの」とかで片付けられてしまいそうな性質のもんです。

漢方医による問診と触診

会社の健康診断のとき、たまたま担当にあたった医者が、東洋医学系のお医者さんだったのです。
上記のような症状を話すと、健康診断ついでに、東洋医学的な視点で体を見てくれました。
(東洋医学の独特な触診)

呼吸、舌の様子、腹部のチェック、脈拍、首のあたりのチェックなど、普通のお医者さんにいったときとは一風違う方法であちこち押されたりして、私の体の「何か」をチェックしていました。

そもそも、漢方とはどんな時に使うもの?東洋医学の考え方

私を診てくれた医者が言うには、次のようなことでした。

もともと「西洋医学にはひっかからないけど、東洋的には体調が最悪に悪い」という状態、または体質の人がいる。

こういう人は、西洋医学のどんな検査をしても原因がわからず、病名がつかない。

でも本人は相当つらい。

病院にいっても、西洋医学的に無駄に強い薬を処方されたり、しかもそれが効かなかったりする。

漢方では「気」「水」「血」の回りで体の調子を診て、その人の体質と症状にあった薬を処方する。これは人によって違う。

一度専門の漢方医にみてもらって、あなたにあった薬を処方してもらうと良い。

(会社の健康診断でたまたま担当になった、漢方医の言葉より)

そして、関東イチ有名だという漢方医を紹介されました。

同じ薬が、同じ症状のすべての人に効くわけではない

その有名な漢方医を尋ねて、実際に処方されたのは、「当帰芍薬散」という漢方でした。

これは、婦人科でよく処方される、かなりありふれた薬です。
ただ、質は良いものを処方されました。

これが結果的に最初にあげたような症状に効いたのです。

「有名なとこにいったのに、ありふれたものを処方された」

これは、一見がっかりするポイントですが・・・

「この症状にはこれ」という西洋的な考え方で薬を飲むのではなく、「自分にあった漢方で体を整えた結果、具体的な症状が治った」というアプローチになるのだと思います。

私の場合は、血が滞っているらしい

私の様子をみた漢方医が言うに、「瘀血(オケツ)」という状態で、血の巡りが悪く一部の臓器で停滞してる、というようなことを言っていました。

これを流してあげれば良いそうなんですけど、例えば私の場合に処方された「当帰芍薬散」は、色白で体が細く虚弱体質な人に効く漢方だそうです。

同じような症状で苦しんでいても、血色がよく太り気味のような方にはあまり効かず、また別の漢方があるそうで。

これが、実際に診てもらわないとわからない、という理由ですね。

日水清心丸の成分、用法用量

話がようやく、謎の金の玉、日水清心丸に戻ります。

まずは、添付書に書いてある概要を紹介します。

成分

ゴオウ 497.4 mg トウキ 371.4 mg
センキュウ 371.4 mg  カンゾウ 619.2 mg
シャクヤク 619.2 mg  ニンジン 619.2 mg
ケイヒ 497.2 mg  ボウフウ 371.4 mg
レイヨウカク 557.6 mg アキョウ 433.2 mg
ブクリョウ 204.2 mg サンヤク 304.4 mg

添加物:トウモロコシデンプン、リュウノウ、ハチミツ、キンパク

用法、用量

添付書に記載されている用法、用量は次の通りです。

成人(15才以上) 1日2丸 1回1丸、1日2回
8才以上15才未満 1日1丸 1回1/2丸、1日2回
8才未満 服用しないこと

牛黄を中心とした漢方がたくさん入ってる

高い理由は、貴重な「牛黄」をふんだんに使っているかららしいです。

このほか、「トウキ」「センキュウ」「ブクリョウ」「シャクヤク」は、私が処方された当帰芍薬散と成分が一致しています。

薬局なんかで良く売っている、一般的な漢方のブレンドと比べて、入っている薬の種類が多いのも特徴ですね。

用法、用量は体調をみながら調整すればよい

漢方医に言われたことですが、体の調子を見ながら量とペースを整えていけば良いようです。

このめちゃくちゃ貴重な漢方薬、用法用量通りに飲んでたらすごいペースでお金がとんでいってしまうので、1日1/4丸からまずは継続して飲んでみる、など、様子をみながら調整すると良いと思います。

日水清心丸を飲んでみる

この薬に限っては、大事そうに作られているパッケージが面白いので、そちらもご紹介します。

白いプラスチック玉の中に、金箔に包まれた薬が。

箱の中には、白いプラスチックの玉が入っています。

くるみ割りの感覚で押すと、パカっと割れます。

中には、セロハンで包まれた薬が。
金箔に包まれた、だんごです。

(※セロハンは食べたらいけません)

これを、細かく切り分けて飲むらしい。

中身は、千と千尋で川の神様がくれただんごに似ています。

ねっとりしている。
1/4から飲んでみると良いそう。

舌下にいれてとかしながら飲む(まずい)

飲み方としては、よく体に浸透するのは、舌下に入れて溶かしながら飲む(水なし)やり方らしいです。

水なし。

絶対まずいでしょ・・・

と思いながら恐る恐る舐めて見たら、まあ、まずいですね。

温泉なんかでたまにある、薬湯の味がしました。

でも、気絶するほどではないです。飲んだ後もこみ上げてくる正露丸よりマシです。

私自身は、前に処方されたことのある「当帰芍薬散」と被っているので、なんかおぼえのある味でしたが。
そのときも、薬草を煎じたら、臭いテロで近所に通報されるんじゃないかって言う勢いで臭かったです。はい。

なお、漢方は、体が求めている成分なら、数日たてば味や匂いに慣れてくるそうです。
一方で、体調に合わないと、いつまでたってもまずいらしいので、覚えておくと良いかも。

結果、やんわりと効いてるが、即全快というわけではない。

結果については、まだやんわり効いているような状態で、いきなり全開にはならない(長期戦になりそう)ということをお伝えしておきます。
(以前の私もそうだったので・・)

日水清心丸を飲んだ当人である夫の場合、

  • 原因不明な熱(37〜38℃)と頭痛が3週間目
  • 後から来る風邪の症状(単に風邪を後発した疑いもあり)
  • 精密検査(血液検査、尿検査、頭部腹部X線、MRI)を受けても原因不明

という症状がありました。

1/4という少量を数日飲んで見たところ、毎日続いていた熱が下がっている時間が増えてきたという状態です。

やんわり善処しているかな〜というかんじ。
手元に3丸ほどあって、まだ薬は残っているので、様子見ですね。

一気飲みするより継続する方が効くのではないかと思います。

また、参考までに、育児疲れでストレスと風邪の症状があった私が1/4飲んで見たところ、体調は良くなりました。
これは、軽傷だったせいがあると思います。

口コミではかなり評判が良いので、信頼できる薬であるとは思います。

ただ、漢方の項でも触れたとおり、漢方は体質により相性があるものなので、この薬が夫にどれだけ合うかはちょっと不安が残りますね・・。

(成分のかぶる当帰芍薬散は虚弱、色白、細いという条件でしたが、夫は控えめに言ってもかなり太い)

また、進展があればご報告したいと思います。

(2017/4/8 追記)
1/4ずつ1週間、全部で2丸ちょっと飲んだところ、一ヶ月近く毎日続いていた夫の熱が下りました!!
解熱剤なしでも、発熱は徐々に下がってきて、今ではすっかり普通になりました。
効果あると思います。嬉しいです。

スポンサーリンク
原因不明の体調不良には、日水清心丸という秘伝の漢方が効くかもしれない。
この記事を気に入ったら
いいね
最新情報をお届けします。

この記事を気に入ったらシェアしよう