スポンサーリンク

主婦ブログのメリットとは?開設から1ヶ月、リビングから世界へ繋がろう

この記事を気に入ったらシェアしよう

2017年2月3日にブログ「北海道に移住した転勤主婦の生活」をはじめて、1ヶ月が経ちました。
「お茶の間から世界へ」みたいな英会話の宣伝ありましたけど、本当にリビングから世界に繋がってる感じがします。
ブログを書くと同時に、色々な方のブログを見るようになり、ブログという「誰かの人生の一部」を通して世界にはいろんな人がいて、いろんな人生があると感じています。
また、ブログを書き始めて夫との付き合い方、子供との付き合い方、夕飯のメニューまでも(笑)が、豊かなものに変わったと感じています。

このページでは、主婦がブログをはじめたきっかけと、初めて良かったこと、生活がどう変わったかについて書きたいと思います。

長いので、興味のある章だけでもご覧ください(笑)

私の持っているブログ

前提として、私が持っているブログは以下の2つです。

タイトル システム 説明
北海道に移住した
転勤主婦の生活
WordPress このブログ。北海道生活情報、日常、食べ物、育児、おすすめネタ。文章メイン。
プクプクプーちゃん
育児絵にっき
はてなブログ 別館。育児の記録としてのマンガと文章。マンガメイン。

ブログをはじめたきっかけ

中国駐在中の友人の発言「中国駐在妻のブログをいつも見ていた」

ブログを始めようと思ったきっかけは、夫の転勤で中国に駐在している友人の発言、「中国駐在妻のブログだけが心の支えだった(意訳)」でした。

その人は、慣れない中国にきて友達も少なく、日々の暮らしの困ったことの解決法や共感できる何かを求めて、人のブログを見ては頷いていたそうです。
たとえば、ゴキブリが多いとか下水が臭いとか、そんな時みんなはどうしてるのとか。
(中国大変ですね・・・)

それまで私は、ブログというものに対して、日常や共感といったものを求めたことがありませんでした。

ブログを見る機会といえば、Googleで何かを調べる時くらいだったので。
私がGoogle検索をするときは、何か分からないことがある場合が多く、ある記事に行き当たって問題が解決すればそれで終わりでした。

ブログの一つのあり方としての、「同じような境遇、同じような悩みを抱えた人が作った、情報(記事)の集合体」というものは、自分にとっては新しい世界でした。

「転勤妻」という一つの属性

ブログランキグというものを見ていて、「転勤妻」という言葉を見つけました。カテゴリにあったのです。

思えば、結婚して北海道に移住してきた自分自身も、「中国駐在妻」と同じような境遇にあるなーと気づきました。
北海道という知らない場所にきて、知り合いも全然おらず、土地の文化や暮らし方も何もわからず、ネットで一生懸命調べていた時期がありました。(今もありますが)

転勤妻と呼ばれる人のつぶやきやブログを見ていたら、みんな似たような悩みを抱えているんだなーと。
まだ子供も生まれてない頃だったので、町に子供つながりの知り合い(ママ友とか)もいないし、かと言って所属する団体もないので知り合いも増えないし。
いずれまた転勤するから、そこまで頑張って知り合いつくらなくても、どうでもいいか〜と思ってもいました。

不特定多数の誰かに向けて、ブログを書くということ

ただ、誰とも会う機会がないという環境には、疑問を覚えることもあります。

悩みというほどのことでなくても、日常の雑談なんかをする相手が夫くらいしかいないんですよね。ツイッタラーなんでツイッターにはいますけど(笑)

考えて見たら、日常で話す人がいないので、雑多なことをブログに書くっていうのも有りなんですよね。世の中にたくさんある子育てブログとか、おそらく転勤妻というカテゴリも、そういう人が少なからずいるのかなと思えました。

どうせブログやるなら、自分が北海道に移住というか転勤してきてから調べたこととか、困ったこと、助かったことを記録していこうかなと思いつきまして。
最初に話した「中国駐在妻ブログ」みたいなのが、同じような誰かの目に留まるといいなと思いながら、このブログを始めました。

まだ北海道に引っ越してきてから1年ちょいですが(準備期間を含めたら2年間)、その間に悩んだり調べたりしてきたことを、まさに今から調べようとしている人、あるいは同じような転勤妻の人、子育て中の人、あるいはその旦那さんなんかの、役に立てたらいいなと考えています。

あと、私の暇つぶしです。

スポンサーリンク

家で赤ちゃんと過ごす日常を「ブログ」が変える

一日中家にいると忙しいのに暇

これは専業主婦によくあることだと思いますが。

1日家にいても、0歳児の赤ちゃんの世話をしつつ、家事をして夕飯を準備するのはなかなか忙しいです。忙しいというか、やること自体は大してないんですけど、なかなか赤ちゃんから手が離せないので、一向に進まないという。

赤ちゃんが寝てからの時間は、少しでも家事の消化に使いたいと思います。

でも、そういう日常のことを繰り返していると、なぜか「何もできてない」感があるんですよね。
生産的なことを何もできてない・・というか、やるべきことしかやってない感覚というか。

なんでもいいから生産的なことをしたい

以前はクリエイター的な趣味が多くて(オタクなんで)、絵を書いたり漫画かいたり、ホームページ作ったり色々してました。
でも、今はそこまでやる時間と余裕はないのです。

ブログであれば、手の空いた時に打てるし、途中で中断もしやすいし。
日常のことも記録できるし。
子育てしながらでも、何か「今日はこれを作ったぞ」という趣味になっていいですね。

結局、他の人の育児マンガやエッセイを見ていたら、自分もやりたくなったので、別館で育児マンガブログも立ち上げてしまいましたが(笑)

ブログで世界と繋がるということ

リビングから世界へ。

「主婦ブログ」とは、本当に主婦だけのものか

ブログを始めて気づいたのは、世の中にはいろんな生活の人がいて、いろんな人がブログを書いているということです。

以前は、「主婦ブログ」という言葉にもっと偏ったイメージを持っていました。
子供の写真をあげて、スイーツの画像をあげて終わり、みたいな印象です。
(単純ですいません。それもいいと思いますが、そういうものばかりかと思っていたのです。)
そんな偏った印象は間違いであることに、すぐ気づきました。

自分のように、子育て中の人や主婦はやっぱり多いけれど、書いてるものは本当に多彩です。子育て、レシピ、病気について、節約術、投資、FX・・・アフィリエイトブログならもっと広いかもしれません。
見る人はもちろん主婦がターゲットである場合が多いですが、ノウハウの蓄積という意味では、主婦だけのものを超えています。

時間が自由に使える(自分で時間をマネジメントできる)主婦だからこそ、色々書けるのかもしれません。
私は主婦ブログのあり方を見直しました(反省)。

世の中いろんなブロガーがいる

主婦だけでなく、アフィリエイターや起業家、お店の店主や学生さんもいます。みんなブロガーという言葉でひとくくりにされているけど、ブログってのは書いてるその人の人生の一部なんですね。

日常ブログにしろ、趣味ブログにしろ。ビジネスブログにしろそうです。
自分のことを書いているわけでなくとも、一旗あげたいとか、ブログ飯で生きたいとか、何か熱意を持って書いているものは、その人の一部だと思います。

そういった人の人生の一部を、外から見ることができるというのは、結構楽しいものです。
家から世界と繋がってる感じが、すごいします。

人の食べてる昼ごはん一つでも面白いものですが、(こういうものはツイッターでも見れる)
ブログの記事となると、その人の生活から、背景から、考え方までまとめて見ることができるので、そんな点が気に入っています。

自分の生活についても、影響されて真似したりしてしまいます(笑)

次のページでは、生活はどう変わったかを記載しています。↓

スポンサーリンク
主婦ブログのメリットとは?開設から1ヶ月、リビングから世界へ繋がろう
この記事を気に入ったら
いいね
最新情報をお届けします。

この記事を気に入ったらシェアしよう