スポンサーリンク

コンサドーレ試合感想:川崎フロンターレ 笛鳴りまくりで惜しくも同点。勝ち点1はなんとかゲット!

この記事を気に入ったらシェアしよう

J1第7節、川崎フロンターレ戦。

間のルヴァンカップでも勝利を納めた札幌。この勢いで、Jリーグホーム二連戦も勝点3を取りたいところです。

川崎は、2016年Jリーグ最優秀選手賞・中村憲剛選手がいるので侮れません。

結果は、惜しくも1vs1、同点のまま試合終了。
色々とギリギリで面白い試合でした。

今回は、リアルタイムで観ながら感想を書いています。

ホーム・札幌ドームには多くの川崎のサポーター

今回の札幌ドーム、動員数はどのくらいになったでしょうか?

1日前に都倉選手が「もっともっと!(観客きて!)」というツイートをしていたのですが、その時点では12757名でした。

今日は、18000人ちょいだったようです。

川崎アウェイ側も、かなりの人数が埋め尽くしています。
川崎はお庭に羽田空港があるから、サクッと来れちゃうのかな。

札幌のスタメンは、今回は内村選手が出ています。最初から出るのは、滅多に無いので期待。

ジュリーニョは別調整で下がって居るとのことでしたが・・・
ケガ続きの札幌、ジュリーニョも前回の東京の試合で途中退場していたし、不安が残ります。

今日は、怪我人がでないといいのですが。

前半戦

川崎との試合が開幕すると早速、札幌が積極的に攻める時間がきます。
今回も、荒野さんの景気のいいシュートで開幕。

最近の札幌は本当に積極的に前へ前へ持っていけてますね〜。

川崎の素早い上がりと中村憲剛選手の脅威

一方で川崎は、攻める札幌の合間をぬって、素早い上がりであっという間に札幌ゴール前まで攻め込んで来ます。

なにせ、中村憲剛選手が怖い。

ゴール前中央でクサビになって、とんでもないところにパスを出して来ます。
守りの穴がよく見えてますよね・・・。

ボール持たせると怖いので、守る札幌もついつい力が入ってしまうところ。
川崎の猛攻を止めようとした福森選手が、ファールもらってしまいました。

福森さんにとって川崎は古巣のチーム。気合も入りますね。

審判がひどい

今回の審判はよくわからない判断が多いですね・・・。
ただ立ってるだけの兵藤選手に相手とボールが突っ込んで来て、兵藤さんのファールですか。

兵藤選手、怒りのリアクション(笑)

この他にも、おかしな判断やファールらしき行為の見逃し(見落とし)がいくつかあったようで、なんだかホームの雰囲気も選手も荒れ気味です。

前半は結局、0vs0のまま終了。

四方田監督のインタビューでは、よくやれてるけど速攻かけられすぎ、とのこと。
確かに裏とられること多かったですね。


スポンサーリンク

後半戦

まさかの内村さん交代

今日はスタメンで出ていたうっちー。

後半にきて太ももの筋肉の違和感で、さがってしまいました・・・。
前半から、川崎のDF二人くらいにぴったり追い回されていて、かなり当たられていたので、消耗しちゃったんでしょうか。

内村OUT、菅IN。

せっかく、長くうっちーが観れると思ったのに;;
それに、これ以上前のメンバーが減ると、もう元気なの都倉さんしかいなくなってしまう〜。
(都倉さんは元気すぎる・・・鍛え方が違うのか)

入れ替わりで入った菅くん、積極的に走り回って頑張ってます。

前回の東京戦でも、最後は1TOP張っていたので、期待したいところ。

川崎のディフェンスが破れない

後半も、積極的に前にボールを出していく札幌。

でも、都倉さんと相手ディフェンス陣が積極的に当たりあってる割には、こちらのペースに持ち込みにくいですね。

しっかりコースを潰されてるというか・・・
体で振り切る展開も、あまり効いていない様子。

テレビカメラに写っていないところでも、激しくガツンガツンやってるのかもしれませんね。内村さんも早くに下がってしまったし。

23分、川崎のカウンター。
攻撃二枚使ってシュートを流してくるも、ク・ソンユンの落ち着いたセーブに助けられます。
DF全員抜かれてもソンユンだけはコース上に居る。今日も冴えてますね。

そしてフロンターレPKからの先制点

裏へ裏へくる川崎の脅威をなんとかしようと、札幌の気持ちが焦ってしまったのか。
当たりが激しくなってしまい、ついにPKとられちゃいました・・・。

福森選手。古巣相手に、今日は守ろうと必死な感じが伝わってきます。。

そして、ク・ソンユンの頑張りも虚しく、先制点を取られてしまいました。
方向は合っていたのに、悔しがるソンユン。どんまい。しょうがない。

カメラに映る福森さんしょぼん・・・。

小野さん登場、からの都倉さんゴール!!

札幌のピンチに、ついに小野さんが登場。

田中OUT、小野IN。

ここから、攻撃の起点が作れるといいのですが。

その後、札幌のボール回しが突然よくなってきます。これが小野さん効果!?

そして後半37分、ついに都倉さんのヘッドが決まる!!

素晴らしいコースに叩きつけるヘディングシュート。
バウンドでギリギリ入ってますよ。相手のキーパーも止められてないすみっこコース。

最初はキーパーがミスったラッキーゴールかと思ったけど、リプレイみたら都倉さんのコースが素晴らしかった。さすがです。

しかしやっぱり、小野さんが入ると、こんなにも違うんですね〜。

菅くんファールとるの上手くなったな・・

ゴールサイドでボールのせり合いをしていた菅くん、よろめいてからのファールゲット。
川崎選手猛抗議。

よくわかんない審判判断ですが、前半の不満を少しは返せたかな(笑)

そこからの札幌セットプレーでもう一点、という場面でしたが、笛がなってまたもやファールに阻止されてしまいました。
今日は流れが悪いですね〜。
札幌も川崎も、両者とも混乱させられている気がします。

最後は、お互い押し合うも互角な展開

札幌も川崎も、どちらも今日の実力は同等。
絶妙なバランスで、押し合いをしています。

45分間際の川崎のカウンターを、残っていたキム・ミンテが一人でカウンターを止めてくれました。やるなあ。

その後もナイスセーブで最終ラインをしっかり守るキム・ミンテ。
(変な笛吹かれなくてよかったね・・)

まとめ

今日の試合は、1v1で終了。

押し合いは互角だったとはいえ、川崎の一点はPKですからね・・・。
札幌が悔しいのもわかります。

(最後、都倉さんが地面叩いてたのが印象的でした)

本当は、勝てる試合だったのかもしれません。
個人的には、札幌もかなりギリギリな守り方をしていたので、キツイファールを取られなくてよかったんじゃないかなと思いますが(笑)

今回の川崎相手の勝ち点1は、とても貴重だと思います。

来週は4月22日、vs浦和レッズ戦。
BS1での放送もあるようです。

アウェイでしかも相手が浦和、かなり厳しい戦いになりそう。

それまでに、一人でも多くのメンバーが戻ってこれるといいですね・・・
(ウッチー大丈夫かな)

スポンサーリンク
コンサドーレ試合感想:川崎フロンターレ 笛鳴りまくりで惜しくも同点。勝ち点1はなんとかゲット!
この記事を気に入ったら
いいね
最新情報をお届けします。

この記事を気に入ったらシェアしよう