2019第23節コンサドーレ札幌vs清水エスパルス感想

2019第23節コンサドーレ札幌対清水エスパルス感想イラスト

2019年8月17日に行われた札幌vs清水の試合の概要と感想です。

アウェーの地での真夏の一戦はコンサドーレの歴史に残る試合になりました。

2019第23節札幌対清水の結果

試合結果

8-0で札幌の勝利!

試合総括

第22節浦和戦はチャンスをゴールにつなげることができず、厳しい引き分け。その影響で小野の出場も叶いませんでした。

チャンスは多く作れているのにゴールが生まれない。

決定力を課題として臨んだこの試合は狙ったシュートが次々と決まる、まさに課題を克服した一戦となりました。

菅と白井が両サイドを完全に制圧。質の高いクロスをジェイチャナ武蔵へ供給。守備もヘナトドウグラスコンビの危険な中央突破をあと一歩のところでミンテソンユンが跳ね返す。

選手たちがそれぞれの持ち味を存分に発揮する、バラエティ溢れるゴールショーとなりました。

ゴール一覧

チャナティップ(10分)

ジェイ(24分)

進藤亮佑(49分)

鈴木武蔵(57分)

ジェイ(75分)

ジェイ(79分)

福森晃斗(84分)

チャナティップ(90分)

印象的だったプレー、選手、エピソード

試合中に書き残しておいた自分のツイートから個人的に面白いなと思ったシーンを振り返ります。

ジェイがハットトリックの大暴れ

3ゴールのハットトリック。必殺のヘッド、そして得意の左足でテクニカルな2発。

最近は決定力に恵まれず微妙な試合もありましたが、この23節清水戦はいよいよ本来のジェイが見れました。

ジェイはヘディングゴールも豪快で良いんですが、狙いすましたような技巧溢れるシュートが自分は好きですね。

攻撃の組み立てではロングボールをきっちりと収めて周囲のチャナティップや武蔵を活かす動き。マークに手こずる場面もありましたが、一試合通して見ればほぼポストプレーを成功させました。

前半16分にジェイの腕が相手に当たってイエロー。どうもこの時に清水サポからブーイングを食らったようで…

この通り。点を決めた直後に清水ゴル裏へ向かって両耳に手をかざして「ブーイングはー?」的な煽りパフォーマンス。

これには清水サポもお怒りで、Twitterでは翌日になっても「あれは無いんじゃないの?」と物議を醸しています。

清水ゴル裏が目に入って、元磐田の血が騒いだんでしょうかねぇ。 ほら、清水と磐田ってめっちゃ仲悪いですし。

菅が左サイドで躍動

この日、菅の対面となった相手右アウトサイドは立田悠悟。菅と同じくコパ・アメリカの日本代表組。同世代代表対戦でした。

2-0となったジェイのこの日1点目。アシストは菅ちゃんからのクロスでした。マーカーとの距離を一瞬作り、次の瞬間に突然の高速クロス!てっきり抜きにいくのかと思ったら、誰もがびっくりするタイミングでのクロスでした。ファンタジスタ感のあるプレーです。

この日はとにかくプレー選択が秀逸。次々とクロスを成功させていきます。変にドリブル突破にこだわるのではなく、かと言ってバックパスを続けるのでもなく。クロスという目的から逆算したかのような効率的なプレー選択をつづけました。

かと思いきや果敢なドリブル突破も。相手を完全に翻弄していました。

76分に中野と交代しお役御免。素晴らしい出来でした。

入ってきた中野も試合前は予想メンバーに選ぶメディアがいたほどの好調。ここに来てコンサドーレのサイドスタメン争いが激化してきましたね。

守備を頑張った宮澤キャプテン

この日の宮澤キャプテンは守備に奔走していました。解説の人も言ってましたが、この日札幌が徹底的に攻撃全振りな展開に持ち込めたのは、守備が整っていたからなんでしょうね。

危険な局面を早い段階で宮澤が摘むってシーンが何度かありましたよ。

これ。この日の宮澤のハイライト。白井とのコンビネーションでロングカウンターを発動させたんですが、最後は宮澤のシュートがわずかにそれちゃいました。

外したのは仕方ないですが、ここまで走り込んだのが凄い!キャプテン、ピッチ中央で守備を締めつつも、こうやって何度も突然相手ゴール前に顔を出すんですよね。「北の爆撃機」の異名が一番しっくりくるのは、FW時代より今なのかも。

清水のDF吉本一謙の存在感

最近加入した吉本が清水のここまでの連続クリーンシートに貢献しているとのこと。

特に前半、吉本は札幌の攻撃を次々とシャットアウト。前評判通り、能力の高いDFですね。

しかしそれでも札幌の攻撃は止まらず…

もう、こんな恥ずかしい試合をしてはいけない。3点目を決められてから攻撃に行かなければいけなくなったので、そこからバランスを崩して点を取りに行ったこともあるが、それにしてもこれだけ崩れてはいけない。自分はそこでチームをまとめなければいけなかったので、反省している。今日、スタジアムに来てくれた方々に申し訳ないと思っているし、もうこんなゲームを見せてはいけないと思っている。今日の負けは取り返せないが、次は絶対に勝って勝ち点3を取らなければいけない。修正するところは修正して、切り替えるところは切り替えて、みんなでバラバラにならずに一つになって、また一歩ずつ進んでいきたい。

引用元:清水エスパルス公式

試合終了後、清水公式を通して吉本が発したコメントは、彼の責任感の高さを感じさせるものでした。

エアバトルに強い清水FWドウグラス

この日はドウグラスが点を取る雰囲気満々でした。サイドからのクロスでとにかくドウグラスが競り勝つんですね。いつ点が入ってもおかしくない感じでした。

何度か危険なシーンがありましたが、そこは札幌の韓国コンビがシャットアウト。

1つ目のツイート内容ではミンテが止めたと書きましたが、その後動画を見てみると、ソンユンですね。ソンユンほんと無敵。スペシャル。

パブリックビューイングが楽しそう

この日はサッポロファクトリーでパブリックビューイングが行われていました。

我が家も行こうと思ったんですが、夜18:00スタートの試合だと子供が暴れちゃいそうだったので断念。

どんな様子なのかなぁと思っていたら、Twitterのフォロワーさんが画像を送ってくれました。

これを見た自分も嫁も「面白そう!」ってなったので、次にパブリックビューイングがあった時はぜひ行ってみようと思ってます。

8月17日(土)清水戦サッポロファクトリーでパブリックビューイングを開催! | コンサドーレ札幌 オフィシャルサイト
北海道コンサドーレ札幌のオフィシャルサイト。ニュース、試合情報、チケット、スケジュール、チームデータ、クラブ情報、グッズ、スポンサー。

まとめ

8-0ってのはさすがにビックリですね。

試合後コメントでミシャが大勝の後はメンタル的に危険だという旨のコメントを出していたので、あまり浮かれずに次の試合に望めるといいなぁと。

チャンスをゴールにつなげるという点が課題と言われていたので、この試合は課題を克服できた試合だったと言えるでしょう。

スポンサーリンク

シェア!