2019第24節コンサドーレ札幌対FC東京感想

2019第24節コンサドーレ札幌対FC東京試合感想イラスト

2019年8月24日に行われた札幌対FC東京東京の試合の概要と感想です。

首位東京を札幌ドームに迎えての一戦はジェイや長谷川健太らバトルサッカー勢が大絶賛するガチンコの闘争になりました。

2019第24節札幌対FC東京の結果

試合結果


1位FC東京との試合は1対1の引き分け。

試合総括

試合前から最強の矛対盾と煽られていた一戦。FC東京は4-4-2のゾーンディフェンスと永井オリヴェイラによる速攻をポリシーとする効率的で屈強なチームです。

試合はそんなFC東京がセットプレーから1点を先行。東京優位な展開になりそうでしたが後半にジェイが1点を返し同点に。

その後はお互いにリスクをとって攻撃の応酬をする激しい試合を終了まで繰り広げました。

引き分けは残念ですが、見どころの多い緊張感溢れる名勝負だったと思います。

ゴール一覧

渡辺 剛(38分)

ジェイ(47分)


第24節の印象的な場面と感想

ジェイの武田修宏的ゴール

武蔵のシュートがジェイの足に当たって軌道が変わりゴールへ吸い込まれていった同点弾。これ印象的でした。

というのも、この試合があった日の少し前、武田修宏がコンサの練習場を訪れていたんですよ。

これはもう武田の魂がジェイの足に宿ったとしか思えない展開ですね。実際武田ってこの手のゴール連発していましたし。

チャリティーマッチでは尻に当たってゴールなんてのもあったなぁ。

そんなジェイはこの日の試合展開にご満悦。故郷英国プレミアリーグの雰囲気を感じられた肉弾戦と情熱に溢れる一戦だったのでしょう。自分もそういうサッカー大好きです。

永井と90分戦ったミンテ


FC東京に移籍後、水を得た魚のように他チームの悩みのタネになっている永井謙佑。この試合では主にミンテがマークを担当しました。

規格外のスピードで突進してくる永井と90分やり合いつつ、ディエゴ・オリヴェイラにも対応し結果1失点に抑えたのは素晴らしかった。

試合中何度かあったハッスルプレーでは東京ゴル裏からブーイングを食らう場面も。後々状況を整理してみると、どうやら上のツイートは結構間違っていて、ミンテが東京ゴル裏を煽っちゃったみたいなんですね。

ミンテはここ何試合か、試合の要所要所で周囲を鼓舞するジェスチャーをする場面があったので、ひょっとするとそれを自サポ相手サポの方向を間違えてやっちゃったんでしょうかねぇ。

試合後のFC東京サポ系ハッシュタグを見ると、結構炎上してました。

吠えるジャエウ

後半途中から東京が投入したジャエウ。いい感じにヒートアップしてました。

ジェイとマイボールの件で喧嘩した他、しばらく周囲に向かって吠えまくってました。元からそういう選手なのか、この試合が生んだ独特の熱気がそうさせたのかはわかりません。

個人的には嫌いじゃないですこういう選手。ジェイもたぶん楽しかったんじゃないでしょうか。

途中投入の深井


宮澤との交代で72分に入ってきた深井。自慢のハードタックルですぐに荒れ気味の試合に適応し、次々と守備に参加していきました。

マッチアップの相手をぶっ飛ばすのが2度続いてしまい、審判の印象を悪くしてしまったのかイエロー。


イエローもらった後も守備の積極性はなくならず、こんな感じで最後まで守備を締めました。
この試合は中央を崩される展開が多かったこともあって、深井投入は効果出てたんじゃないかと思います。

ただ、深井としてはやっぱスタメンで出たいですよねぇ。控えが続いてるのでその辺は気になります。

チャナティップ絶好調


上に時系列で並べたチャナティップの注目シーン。ぜひ見てみてほしいです。Jリーグ最強の守備力を誇るFC東京の守備網を最後まで悩ませました。

FC東京はボールに人を密集させるゾーンディフェンスを使うので、一度密集地帯で相手選手を追い込めば本来そこから打開されることは少ないです。

ですがそこでチャナティップ。絶対にボール奪取できるはずの状況でなぜかボールが取れない。サイドチェンジが出せるはずのない状況で出せてしまう。このような状況はゾーンディフェンスにとって最悪なケースです。

ボール周辺に人を密集させたのなら当然逆サイドは空く。そこへのサイドチェンジを徹底的に封じているはずが出されてしまったら…そこに待つのはドフリーの白井。そんな場面が何度かありました。この試合はもう少しチャナ→白井のラインを活かせなかったかなぁと思います。

兎にも角にもチャナティップ、スーパーな選手ですよね。

蝗活が猛威を振るう


FC東京サポの人達がアウェー遠征のときに相手チームの街のグルメを食べ尽くす「蝗活(いなかつ)」。この試合の数日前から北海道の各地でFC東京サポさんの出没が確認されました。

Twitterの#蝗活タグにはFC東京サポさん達の食べたよ報告が飛び交い、それに紛れて北海道民達の「ここ美味しいよ」「こっち来て!」的な宣伝も混じっていました。

サッカーの経済効果って馬鹿にできないですよ。サッカーの試合がある日は遠くから大量のサポーターが駆けつけて食事をしていってくれる。この事実を地元の財界に知ってもらうって大切なんじゃないかと思います。

なのでアウェーの遠征先で食事をする時は、ユニかアクセサリか何かサッカー関係者だとわかるアイテムを身につけるというのが流行ってほしいなぁと思うんです。その街の人達にサッカーが人を呼んだと認識してもらうために。

アンロペちゃんの近況


実況の藤井さんが試合終了後に語ったことです。アンロペちゃんはどうやら股関節痛とのことで。何かメンタル的に深刻な事態になったんじゃないか、移籍話でも来てるんじゃないかとか色々心配していました。

サッカーフリークの藤井さんが言うのなら間違いないんじゃないでしょうか。ひとまず安心。

まとめ

FC東京や鹿島アントラーズなど、4-4-2ゾーンの使い手との一戦は大体ハードなぶつかり合いになる印象です。この試合もまた暇な時に何度か見直したいなぁと思える内容でした。

次は神戸戦。チームの連携がいよいよ整ってめっちゃ強くなってるっぽいので色々と不安です。

スポンサーリンク

シェア!