2019第26節コンサドーレ札幌対ベガルタ仙台感想

9月14日に厚別競技場で行われた第26節仙台戦。過去ほとんど負けていなかった厚別仙台戦ですが、この日は札幌のコンディション不良と仙台の準備の良さがそのまま出た試合になってしまいました…

2019第26節札幌対仙台の結果

試合結果

残念ながら1−3で札幌敗戦でした。

試合総括

仙台のシステムは4-4-2。札幌は進藤が負傷で出場を回避し代役を早坂が担当。

試合開始直後から札幌のミスが目立ちました。一つ一つのパスがつながらず、攻撃の連続性もいまいち。今まで打開できていたところで止まってしまう感じでした。

対する仙台は4-4-2ゾーンディフェンスがきっちりと機能。4-4-2ゾーンの攻めどころである中央バイタルとサイドからのクロスを共に封じられました。

空中戦を制してきた札幌が久々に制空権を取られた試合。仙台のゴールはCKからのものが2ゴール。

ACLが遠のく1-3の痛恨の敗戦。荒野拓馬のJ1初ゴールが飛び出したのが明るい話題ですね。

ゴール一覧

松下佳貴(仙台)32分

荒野拓馬(札幌)50分

シマオ・マテ(仙台)53分

ハモンロペス(仙台)85分

第26節の印象的な場面と感想

荒野拓馬がJ1初ゴール!!

待ちに待ちに待ちに待った荒野のJ1初ゴールが飛び出しました!

4-4-2ゾーンの泣き所である中央バイタルに白井とチャナティップがスペースを作り、走りこんできた荒野にプレゼントパス。

それを豪快に荒野が蹴りこむとボールはゴールに突き刺さりました!

よ〜〜く見ると蹴った直後に相手DFにあたって結構軌道が変わってますね。当たらなかったらGK正面っぽい軌道に見えます笑

それでもゴールはゴール。誰よりも走り審判へ抗議しチームを鼓舞し時にはキャプテンも務めた荒野。嬉しすぎる初ゴールでした。

翌日のニュースもかなり手厚く書いてくれてます。荒野はたしかに悪い日もあったんですが、本人もいろいろ悩むことはあったと思います。それでも辛抱強く使ってくれたミシャへの感謝の抱きつき。感動的です。

ゴール以外でもこの日の荒野は大車輪の活躍。いよいよ風格出てきましたね。

宮澤裕樹が絶不調

宮澤は前半に失点ものの致命的なミスを2つ。とにかくキープが弱く(と言っても普段が強すぎるんですが)、狩られてはいけない場所でボールを奪われている印象でした。

一対一に強い選手なのですが、完全に抜かれていましたね。

特に体調不良などの情報はなさそうなので、調子を落としているか、戦術レベルで妨害されたり何か負担がかかっていたのでしょうか。

この辺はちょっと詳しい人達の解説が出てきたら読んでみたいと思ってます。気になる。

チャナティップも重い

この日のチャナティップは相手を引きずるような強引な突破が見られませんでした。

普段とは程遠い姿です。パスコースが消されていたのかもしれませんが、この人の場合自分でパスコース作れますからね。

4-4-2攻略はFWとセントラルMFの間、そしてセントラルとCBの間それぞれのスペースを突いた中央突破が一つの攻略ルート。

そこを突くことで東京や清水の4-4-2を大混乱に陥れたチャナティップですが、この日は荒野の一点を生んだプレー以外は中央バイタルでの強引な仕掛けをしていた印象がありません。

チャナや武蔵のコンディション不良についてはニュースが出ていました。

代表に選手が呼ばれるってことはこういう事態に出会うってことなんですね。

記事の中で宮澤が言ってますが、コンサドーレもいよいよそのレベルのチームになったってことです。

仙台の守備が機能した

教科書通りの4-4-2。FWの守備は鹿島よりもFC東京的な動きです。

自陣まで深く戻ってくるというより、カウンターに備えて敵陣に位置してる感じ。ちなみに鹿島は2トップも自陣まで戻ってFWとMF間の第2バイタルを消してきます。

仙台のプレスの良かった点は、SHが思い切りの良いプレスをかけていたこと。白井やルーカスにボールが入った瞬間を狙って鬼のような勢いでボール奪取に来ていました。

もしそこで抜かれてもすぐ近くに味方がいるから思いっきりプレスする。コンパクトなゾーンならではのアグレッシブな守備です。

後半途中はさすがにSHのプレスも遅れ始めていましたが、その頃には試合が決まっちゃってましたね…

シマオ・マテが強い…

ゾーンで密集を作られるのなら逆サイドに展開してクロスに持ち込めば…

後方の福森からのクロス、相手のファーストプレッシャーを交わした白井が持ち込んでのクロスなど、良質なクロスが何本かありましたが、

そこはシマオ・マテ。

モザンビークの怪物にことごとくクリアされました。

シマオ・マテは攻撃でもCKから武蔵を振り切って1ゴール。そういえば仙台でのアウェーでもシマオ・マテにやられていた記憶があります。

これ、今年の冬の目玉商品ですよきっと。良いDFはどのチームも欲しいので。強烈な争奪戦になりそう。仙台はプロテクトできるのかな?

島尾さん札幌おいでw

ジェイと鈴木武蔵が累積4枚目!鹿島戦出場停止!

この試合でジェイと鈴木武蔵がイエローを一枚ずつもらいました。2人とも累積4枚目。次節の鹿島戦は出られません。

代役はアンロペ、そしてもう1人は若手選手になるのでしょうか?

それとも早坂がベテランの意地で譲らずシャドーの位置を確保するのか?

若手組がミシャの求めるレベルに達しているのかどうか、それを見られる注目の一戦になりそうです。

若手といい早坂といい、札幌の前線はこんな状況でも期待しかなくて幸せなもんです。

まとめ

痛恨の敗戦。過密日程はビッグクラブの宿命ですから、札幌がこの状況を味わうってのはキャプテンの言葉通りある意味素晴らしいことなんだと思います。

次節は鹿島。個人的にはJリーグで一番好きなサッカーをするチームです。鹿島戦はあまりいい思い出はありませんが、組織論を無かったことにしてしまう劇薬アンロペちゃんが奇跡を起こしてくれる気も。楽しみです。

スポンサーリンク

シェア!