2019第25節コンサドーレ札幌対ヴィッセル神戸感想

2019第25節コンサドーレ札幌対ヴィッセル神戸感想イラスト

2019年8月31日に行われたコンサドーレ札幌対ヴィッセル神戸の試合の概要と感想です。

前節に鳥栖を6-1で破りいよいよチームとしてまとまりを見せ始めていたスター軍団との一戦は、24節東京戦とはうってかわって派手な点の取り合いとなりました。

2019第25節札幌対神戸の結果

試合結果

試合総括

前節に暴れるだけ暴れまわったイニエスタは負傷で欠場。それでも神戸のパスワークは錆びることなく札幌を圧倒しました。イニエスタ依存から脱しつつあるんでしょうね。危険なチームです。

前半の札幌は自陣に引いてポゼッションを捨てる戦略。体力を温存して後半に勝負を仕掛ける方針でした。

前半は引いた札幌の守備を何度かこじ開けた神戸が終了間際に得点。札幌も直後に攻勢に出て1点を返しそのまま1-1で前半終了。

後半は札幌も攻撃モードになり、ポジションを修正したチャナティップとジェイが神戸の守備を中央からズタボロにし、結果3-2で札幌の勝利。

判定でもめた部分がありました(ジェイ2点目、白井ハンド疑惑)。今後物議を醸しそうです。

ゴール一覧

田中順也(43分)

鈴木武蔵(45分)

ジェイ(52分)

田中順也(64分)

宮澤裕樹(67分)

第25節の印象的な場面と感想

チャナティップが二戦連続で大活躍

前節に続きチャナティップが好調。特にポジションを一列落としてトップ下に入った後半はジェイとの連携から空いた口が塞がらないようなプレーを連発しました。

上に紹介したプレーはどれもチャナファン必見。時間帯をサーチして見てみてください。

チャナのドリブルを止めようと相手が密集した次の瞬間逆サイ白井へ出すプレーはめっちゃ効果的ですね。今日はそれを連発してた。

解説は元日本代表右SB加地亮さん、白井をべた褒め

この日のDAZN解説は元日本代表SBの加地亮さん。解説者になってたのは自分はこの日知りました。

鬼スタミナと献身性で代表の椅子を掴み取った加地さん、この日の白井を終始褒めていました。特に後半に入っても運動量が落ちなかったところは注目されてましたね。

この日の白井は酒井高徳と互角以上のバトルを繰り広げました。この調子を維持したら代表選出も夢じゃないのかも。それぐらいに絶好調です。

宮澤キャプテンの決勝ゴール

宮澤と言えばCKのニアポスト。今季はこの神戸戦のゴールが初だったんですね。意外。

Twitterでは福森とのハグが話題になってました。この二人仲いいんですよね。

ヒーローインタビューも宮澤。ハキハキと喋ってました。(←これ大事)

今日のジェイは最前線の指揮官

この日のジェイはサンペールのマーク。それもあってかPA内で暴れるよりも、チャンスメイクとポストプレーが目立つ試合でした。PAから離れたところでのプレーが実は上手なんですよねJB。四方田さんの時代は大体いつもPA脇でチャンスメイクを楽しんでいたイメージがあります。

トレゼゲよりもイブラヒモビッチみたいなのが好きなのかな?

ジェイチャナ武蔵3人の連携が光ったこの試合。支えたのはジェイ様主催のタイ料理パーティーに間違いない!

西大伍が圧倒的

札幌出身の西大伍。今流行りのガンガンドリブルでぶち抜いてくるタイプのSBではありません。球離れが良く、サイドから小気味よいパスワークで試合を動かしてくるタイプです。

そんな西のクロスが90分間猛威を振るいました。次々と決定機を作られ、失点につながったのも西のクロスから。

マッチアップは菅ちゃんでしたが、全体の印象として最後まで通用しなかった感じですね…

スター軍団の中にいても全く見劣りしない存在感を発揮し続けた西、さすがですねぇ。

山口蛍も圧倒的

あまり印象的なプレーをツイートに残せていないんですが、この日の山口蛍は攻守にわたって札幌の前に立ちはだかりました。

前節鳥栖戦もそうでしたが、山口蛍は守備専のイメージを脱却して攻撃型の選手として影響力発揮してますね。

聞けば元々はトップ下の人だったようで。こっちが本性か。

札幌にごっつぁんゴールの祝福?

この神戸戦でも鈴木武蔵が触るだけのごっつぁんゴールをゲット。

どうも最近札幌にごっつぁんの神が祝福を授けてくれている感があります。

武田また練習見に来てw

まとめ

攻撃型同士の試合は3-2の打ち合い。前半終了直前と後半の札幌の猛攻は見ているだけでもテンションが上がるイケイケっぷりでした。

J1リーグは来週は無し。一週またいで9月14日に厚別にベガルタ仙台を迎えます。

ルヴァンカップは広島との決勝ラウンド。9月4日(厚別)と8日(広島)です。

スポンサーリンク

シェア!