スポンサーリンク

冬の北海道、スノーブーツはSOREL(ソレル)がオススメ!各シリーズを紹介

冬の北海道では、深い雪と凍った路面両方に効果を発揮するスノーブーツを選びましょう。

1番のオススメはSOREL(ソレル)のブーツ。
北海道をはじめとした寒冷地の人の口コミでも、「ソレルなら間違いない」と言われている有名メーカーのスノーブーツです。

それなりに値は張りますが、中を取り外して洗うことができるものが多いため安心して長く使うことができます。
私自身はカリブを買って2年経ちますが、水が染みることも臭くなることもなく、綺麗に使えています。

このページでは、ソレルのスノーブーツの各シリーズを男女別、利用シーンごとにご紹介します。

スポンサーリンク

定番!ソレルのカリブーシリーズ

SORELのスノーブーツ・カリブー(画像クリックで詳細)

SORELのスノーブーツ・カリブー(画像クリックで詳細)

ソレルのカリブーシリーズは、ソレルの中で最も売れている人気のスノーブーツです。

ラバーシェルがつま先部分を覆うデザインで強い雨や深い雪の侵入を防いでくれます。取り外しできるインナーブーツは寒さからしっかりガードするフェルト素材を採用し、足元を冷やしません。しっかりした造りで長く履き続けられて、雨や雪の日でも濡らさず冷やさず安心して履けるデザイン性と機能性を兼ね備えたブーツです。

(SOREL公式サイトより)

防水性能に優れている

カリブーは防水性能にも優れているため、ある程度積もった雪の中でも遠慮せず突っ込むことができます。

また、雪が溶け始めたべちゃべちゃ路面でも効果を発揮します。

ウォータープルーフモデル
防水・雨天対応・全天候対応・悪路対応

※防水とは・・・接地面からおよそ8cm以上水の浸入を防ぐ加工 ※防水範囲に関してはモデルにより異なる場合がございます。
(公式サイトより)

滑らない靴底

靴底は「絶対に滑らない」ことにこだわったギザギザ加工になっていて、アイスバーンでもなかなか滑りません。

もちろん歩き方には注意が必要ですが、それでも他の靴と比べると性能の差は明確です。

地元の人は凍った路面を歩き慣れているため、適当な靴でも歩けているようですが、北海道出身ではない私はなかなかうまく歩くことができません。
旅行者の方もそうだと思いますので、靴底には気を使った方が良いでしょう。

私には小さい子供いて抱っこして歩くシーンが多いのですが、路面が凍っている日はカリブー以外の靴は怖くて履けません。

外側とインナーブーツ(中綿)の二重構造

ブーツは外側の防水構造と、内側のフェルト製のインナーブーツの二重構造になっています。

万が一中に水や雪が入って濡れてしまった時や、ブーツが臭くなってしまった時など、インナーブーツを取り外して洗ったり乾かしたりできます。

カリブーなら、綺麗に長く使えるので安心です。

インナーブーツ(中綿)は取り外して洗える

インナーブーツはフェルトでできています。

取り外して洗濯可能で、ストーブの前などでしっかりと乾かすことができます。
(洗う際や乾かす際は、形が崩れないよう気をつけた方が良いです。)

雪が深すぎて筒口から中に入ってしまったときや、ブーツが臭くなってしまった時も、清潔に使うことができるので安心ですね。

カラーバリエーションが豊富

SORELのスノーブーツ・カリブー(画像クリックで詳細)

カリブーシリーズの人気の理由の一つは、カラーバリエーションが豊富なことです。

ベージュ、ブラック、グレー、グレージュなどの落ち着いた色合いのものが多いですね。
基本的に大人な色合いになっています。

毎年5点ほどのカラーが公式サイトに並んでいますが、その年によって微妙に違うのでお店にやネットショップを見ると公式サイトと違う色があるかもしれません。

スポンサーリンク

男性(サラリーマンなど)にオススメのスノーブーツ

1964 パックT

SORELのスノーブーツ・1964パックT(画像クリックで詳細)

SORELのスノーブーツ・1964パックT(画像クリックで詳細)

サラリーマンをはじめとした男性にオススメなのが、ロングセラーの1964パックTシリーズです。

防水加工を施されたレザーの風合いのブーツです。

ベストセラーの「1964」シリーズ。なめらかで美しい光沢を持ち、高い防水性を誇るフルグレインレザーのアッパーを使用。シックな色味でまとめた存在感のある一足です。インナーから覗くボアやソレルらしいラバーシェルなど、アウトドアブーツらしいテイストを生かしながら、タウンで活躍する歩行性もキープ。フェルトのインナーブーツは取り外し、洗える仕様です。

(SOREL公式サイトより)

こちらのシリーズも、カリブーと同じくインナーブーツを取り外して洗うことができます。

男性は特にブーツの臭いが気になるので、取り外して洗えるのは嬉しいですね。

カリブーリフレクティブウール

SORELのスノーブーツ・カリブーリフレクティブウール(画像クリックで詳細)

カリブーリフレクティブウールは、カリブーシリーズの中でもブラックで統一された上質なスノーブーツです。

ワイルドなシルエットに多様な機能を備えたスノーブーツ。着脱可能なウール混9mm厚サーモプラスフェルトインナーブーツを採用し、寒冷な土地でも使用可能です。接地面にはラバーを使用しており、滑りにくさを追求した設計となっており、快適な歩行を実現しました。アッパーには防水のナイロンを使用しており、雪、雨の侵入を防ぎます。シューレースはリフレクティブ仕様で夜間の視認性も確保しました。

(SOREL公式サイトより)

カリブーは筒口が白い綿でモコモコとした北国感がありますが、リフレクティブウールは黒で統一されています。

ビジネスシーンでも使いやすく、また私服でもかっこよさが出るシルエットです。

こちらも、取り外して洗うことができます。

雪が深い地域にはロング丈のベアーXT

SORELのスノーブーツ・ベアーXT(画像クリックで詳細)

雪が深く積もっている地域では、カリブーなどの通常の丈のスノーブーツでは雪が入ってしまうことがあります。

その場合、ロング丈で筒口を絞ることができるタイプのスノーブーツがオススメです。

このようなブーツはいくつもシリーズがあるのですが、その中でもデザイン製も備えたベアーXTをご紹介します。

防風・防雪機能を備えたテキスタイルをアッパーに使用したブーツ。ロング丈によって、深雪エリアに対応。スノーハイクをはじめ、幅広いシチュエーションで重宝する1足。優れた保温機能を発揮するオムニヒートをインナーブーツに備えることで、過酷な寒さの中でも暖かな履き心地を実現します。アウトソールは、雪が詰まりにくい形状になっています。

(SOREL公式サイトより)

アウトドアで活発に遊びたい方や、旅行先が豪雪地域の方にはこういった装備のスノーブーツを購入することをオススメします。

デザインにもこだわりたい女性にオススメのスノーブーツ

シルエットが綺麗な「ティボリIIIハイ」

SORELのスノーブーツ・ティボリIIIハイ(画像クリックで詳細)

SORELのスノーブーツ・ティボリIIIハイ(画像クリックで詳細)

SORELのスノーブーツ・ティボリIIIハイ(画像クリックで詳細)

女性はスノーブーツといえどデザインにもこだわりたい人が多いでしょう。
ソレルのティボリIIIハイシリーズは、スノーブーツでありながら綺麗なシルエットのデザインが人気のウィメンズスノーブーツです。

しっかり防水や浸水を防止するスウェードスキンの人気スノーブーツ「ティポリ」がリニューアル。SORELオリジナルのラバーシェルでどんな道でも濡れず、滑らず快適に歩けます。編み上げデザインとファーやフリースでファッショナブルでスタイリッシュにすっきり履ける機能的なブーツ。高機能中綿を使用することによってかじかむほど寒い雪道でもしっかり保温してくれます。

(SOREL公式サイトより)

カラーもブラック、グレー、ベージュと基本の3色が揃っています。
これなら普段使いでも使えますね。

ブラックはボア部分も黒で統一されているので、黒いコートを着る方にはオススメです。

こちらのシリーズもインナーブーツを外して洗うことができますので、清潔に使えます。

ショートブーツなら「ティボリIII」

SORELのスノーブーツ・ティボリIII(画像クリックで詳細)

SORELのスノーブーツ・ティボリIII(画像クリックで詳細)

ショート丈のブーツが好きな方には、一つ前に紹介したティボリIIIシリーズのショート丈があります。

スノーブーツとしての性能はしっかり残したまま丈だけを短くしたものです。

雪がそんなに積もっておらず、靴底だけを気にしたい場合(函館なんかがそうですね)に活躍します。

カラーは年によって違うので、ネットショップを見ると色々なカラーを見つけることができます。
(公式で案内されているのは1つだけのようです)

同じ系列のシリーズでスウェード生地の「ティボリIIIプルオン」というものもあり、それと合わせるとカラーバリエーションは豊富です。

個人的に白っぽいベージュが綺麗だなと思います。
(汚れるかもしれませんが・・)

柔らかいデザインのミドルブーツ「ライリイ」

SORELのスノーブーツ・ライリイ(画像クリックで詳細)

ゆるふわデザインが好きな女子には、柔らかいデザインのライリイがオススメ。丈はミドル丈です。

スラッとしたスタイルで脚長効果のある洗練されたフォルムのミドル丈ブーツ。アッパーには高い防水性を誇るスエードレザーを採用し、インソールはフリースライニングになっているので保温性も抜群です。足首を絞める調節ベルト付きで脱ぎ履きしやすい仕様になっています。ダイヤモンドステッチが施された布帛とスエードレザーを巧みに融合。SORELのロゴが入っておりデザインはシンプルなので様々なシチュエーションで活躍できる一足です。

(SOREL公式サイトより)

スノーブーツといえばどちらかというとゴツイデザインや、ナイロン地でスポーティーなイメージのものが多い中、ライリイは丸っこいシルエットと柔らかい色合いが可愛いブーツです。

バックの部分に白ベース生地を使い、2種類の生地を組み合わせているところが可愛いですね。

Aラインのコートやワンピース、厚手のカラータイツにも合いそうなデザインです。

軽いブーツが好きな方、ウィンタースポーツには「ウィットニーミッド」

SORELのスノーブーツ・ウィットニーミッド(画像クリックで詳細)

SORELのスノーブーツ・ウィットニーミッド(画像クリックで詳細)

軽いブーツが好きな方や、ウィンタースポーツを楽しみたい方には、「ウィットニーミッド」がオススメです。

すっきりとしたスタイリッシュなデザインのウィンターブーツ。足に負担をかけない軽さがポイントです。防水性にも優れ、長時間のウインタースポーツでも足を温かく守ってくれます。厚みのあるインソールなので、地面からの底冷えを防ぎつつ脚長効果も期待できる優れもの。普段使いでもおしゃれに決まるおすすめの一足です。

(SOREL公式サイトより)

カラーバリエーションの中に白が入っているのも嬉しいポイントですね。
スノーブーツで白ってなかなかないので。

白は汚れがきになるので、汚れ対策には毎日こまめに防水スプレーをすると良いです。

ブーツの汚れ防止には防水スプレーを

スノーブーツはもともと防水加工を施されていますが、白ベースのものは特に汚れが気になります。

ブーツの汚れ防止には防水スプレーを毎日かけることをオススメします。

防水スプレーにはスエード専用のものや、革専用のものなど色々な種類がありますが、一つのスプレーで「布、革、スエード」全てに対応できるものもあります。

LOCTITE(ロックタイト) の超強力防水スプレーは布と革どちらでも使用できる防水スプレーです。

まとめ

SOREL(ソレル)のスノーブーツは、防水・防寒装備がしっかりとしている寒冷地では定番のスノーブーツです。

人気の定番シリーズはカリブーシリーズ。これを買っておけば大抵の場所では問題ないでしょう。

デザインが気になる方には、男性向けには「1964パックTシリーズ」、女性向けには「ティボリIIIシリーズ」をはじめとした、多種多様なシリーズが展開されています。

多くのものがインナーブーツを外して洗うことができ、長く使えるスノーブーツです。

スポンサーリンク
冬の北海道、スノーブーツはSOREL(ソレル)がオススメ!各シリーズを紹介
この記事を気に入ったら
いいね
最新情報をお届けします。

この記事を気に入ったらシェアしよう

楽天ウィジェット


フェニックスA子

北海道に住む主婦37歳。高齢出産にめげずに娘ちゃん育成中です。抱っことか正直つらい。
田舎在住のため、デバイスの力を借りて世界と繋がるライフスタイルを追求します。
趣味は旅行(海外)、サッカー、F1など。