スポンサーリンク

ゆうばり温泉ユーパロの湯で温泉と猫に癒されてきた

この記事を気に入ったらシェアしよう

2016年に夕張にリニューアルオープンしたレストラン併設型の温泉、ゆうばり温泉ユーパロの湯にいってきました。
熱々の温泉と美味しいごはん、そしてヤギと猫ちゃん(運が良ければ)も楽しめる、ひろびろとした山間の温泉施設です。

札幌からは車で約1時間半で行くことができます。

スポンサーリンク

ゆうばり温泉ユーパロの湯

2016年にリニューアルオープンした老舗温泉施設

ゆうばり温泉ユーパロの湯は、1996年にオープンした温泉施設です。
2016年7月にリニューアルオープンし、綺麗な建物とレストランで人気を集めています。

外見は煉瓦造りの建物で、中は木の温かみが感じられるロッジ風の内装になっています。

こちらはレストランのフロアの様子です。
屋根の梁や照明も温かみがあって落ち着きます。

夕張の山間に伸びる高い煙突

夕張温泉にそびえ立つ高い煙突。

この日はあいにく曇り空でしたが、晴れている日は綺麗な青空に一本の煙突が伸びていて、独特の風景です。

こちらは、ゆうばり温泉ユーパロの湯さんのツイッター(公式)より。


綺麗な景色です。

スポンサーリンク

熱々の温泉

赤茶色の成分を含む強塩泉

温泉は塩気の強い「強塩泉」という泉質なんだそうです。
赤いサビっぽい成分が浮かんでいました。

温泉の写真は撮れないので、かわりにまた公式ツイッターさんのツイートを埋め込んでおきます。

内湯もいくつかあって広々としています。
露天風呂、サウナもありますよ。

「高温」は42〜44℃「低温」は40〜41℃と熱め

内湯には高温と低温の2つの浴槽とジャグジー風呂、薬湯などがありました。

高温は42〜44℃、そして低温でも40〜41℃と熱めの温度設定。

お子様づれの方には少し熱いかもしれませんね。
お風呂上がりもポカポカでした。

赤ちゃん・子供連れにも優しい

赤ちゃんや子供連れだと、温泉の間取りや脱衣所の設備によっては、服を脱がせたりオムツを変えたりする場合にやりにくいと感じる場合があります。

今回は1歳の赤ちゃんと温泉にはいりましたが、こちらの温泉は入りやすいと感じました。

ベビーベッドあり、かつ脱衣所も広い

まず、脱衣所にベビーベッドがあること。

衛生上の理由からか、マットレス部分にはビニールがかかっていました。
タオルを敷いて使えば問題はありません。

また脱衣所自体に広さがあり、混んでいなければ子供を放っても大丈夫なスペースがありました。

そしてなんと、男湯にもベビーベッドがあるそうです。(旦那談)
これって結構時代先取りですよね。

お風呂場は高めの椅子あり

お風呂場に、普通の高さの浴室用腰掛椅子がおいてあります。
子供連れの場合に、使いやすいと感じる方もいるかもしれませんね。

足の不自由な方のための椅子だと思いますが、妊婦さんなんかも使えます。

浴槽に浅いゾーンがある

ジャグジー風呂の周囲と、低温浴槽の半分くらいが浅いゾーンでした。
小さい子供と一緒でも安心して入れます。

これ、意外となかなかない設備なんですよね。

レストラン

レストランは、リニューアルしたユーパロ温泉のウリだと思われます。
とても綺麗でメニュー豊富なレストランです。

豊富なメニュー

2017年10月時点でのメニューはこんなかんじでした。

こちらのレストランのメニューは、季節によってこまめに入れ変えているようなので、参考程度にどうぞ。

豊富な定食メニュー。
ご飯物(丼物)の種類もたくさんあります。

がっつり食べれるものが多いですね。

ラーメンに、居酒屋一品メニュー。
風呂上がりにビールを飲みながらつまめるものも多いです。
(写真にはありませんが、ビールも置いています。)

名物ダムカレー

ゆうばり温泉名物(たぶん)ダムカレー!

カレールーをごはんのダムが堰き止めています。
カレーにつかっているのは蕎麦です。

ごはんのダムを決壊させるとカレーが流れ出てきます(笑)
お味は普通に美味しかったです。

そばが多いのでご飯食べ切れませんでしたが・・・

夕張メロンソフトクリーム

夕張メロンソフト。
シャリシャリ感があってクリーミーなシャーベットという感じ。

美味しいです。赤ちゃんがもっとくれと食いついてきました。

綺麗なフロア

再掲載の写真ですが、こちらはレストランのフロア。
セルフサービスなので、食券を買って自分で持ってくる形式になっています。

こちらは奥にある休憩所。
たたみではありませんがフロアマットが敷いてあるスペースになります。

こちらでも、レストランのお食事をいただけます。
(休憩所側からも料理を出してもらえます)

小さい子がいる場合は、好きにさせておいても安全だったのでとても助かりました。

ここから見えるお庭にはヤギもいますよ。

猫とヤギがたくさんいる

看板猫の茶トラちゃん。
温泉の入り口横に猫の餌場と毛布がありました。

しかし、猫の姿はみえず・・・・

受付の方に聞いてみたところ、事務所にいたのをつれてきてくれました(笑)
気分が乗らなくて嫌がる猫ちゃん。ごめんなさい。

ツイッターには、この猫ちゃんの写真がよく上がっています。
ちなみに、この子の他にも猫が何匹もいるようですよ。

こちらはお庭のヤギさん。ヤギ小屋もあります。
柵の中で飼われていますが、脱走していることもよくあるそうです(笑)

写真には写っていませんが、黒ヤギやミニブタもいるみたいです。
この日は雨だったので、見かけることができませんでしたが。

休憩所は漫画喫茶のようなリクライニングスペース

休憩所は、レストランのところにも掲載した写真の大広間と、それとは別にリクライニングチェアの並んでいる漫画喫茶のようなスペースがあります。

漫画の品揃えが結構よくて、風呂上がりにソフトクリームを食べながら長居してしまいました。

このリクライニングチェア、ヘッドホンとチャンネルがついていて、音楽が聴けるようでした。
(私は使っていないので中身はわかりませんが)

まとめ

リニューアルされたゆうばり温泉ユーパロの湯は、設備も綺麗で食事も美味しく、とてもくつろげる場所でした。

家族づれや子供連れでも、ゆったりとくつろげます。

札幌からは、札幌夕張線(道路のこと)を使って車で1時間半くらいです。

休日にゆっくり来てみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
ゆうばり温泉ユーパロの湯で温泉と猫に癒されてきた
この記事を気に入ったら
いいね
最新情報をお届けします。
ブログの著者

著者:フェニックスA子
 九州の南国・宮崎出身。元IT系技術、設計製造技術を経て、現在は専業主婦。37歳。
 家族構成は夫、娘(2016年生まれ)、猫二匹、私。  趣味はゲーム、サッカー、F1、旅行。

詳しいプロフィール


この記事を気に入ったらシェアしよう